最初の1歩

2017-09-22

前アウディはデモカー並みにカスタマイズさせて頂き、何度も雑誌の紙面も飾らせて頂きました。

今回 “8V S3 Sedan”に乗り換えて、最初のカスタマイズはローダウンから・・・ッということで、“KW Ver.2 車高調サスペンション” をチョイスして頂きました。

当店で装着することも多い “ちょい下げ・乗り心地重視”の “KW ストリートコンフォート” のベースとなっているのは、この”ver.2″ です。ストリートコンフォートよりもローダウン量が大きく、Sモデルでしたら乗り心地も快適と感じて頂けると思います。

フロントと比べるとリアの車高調整幅が少なく、リアの車高にフロントを合わせるというセッティングになります。

減衰力は前後共に伸び側16段調整になりますから乗り心地とピッチングのバランスを減衰力調整で煮詰めることができます。

もちろん、全スピードレンジでさらにセッティングを煮詰めたいッという方は”Ver.3″、たまにはサーキット走行でもッという方には”Clubsport”という選択肢も”KW 車高調サスペンションシリーズ”内でもあります。

また、OPT設定のマグネティックライドショックアブソーバー機能を活かしたいということでしたら”034Motorsport ローダウンスプリング”もオススメです。現在、当店に在庫もあります。

サスペンション換装される方のほとんどが併用しているのが “cpm ロアフォースメント” です。

ボディが適度に補強されることで、路面からの入力に対して初期段階からサスペンションがストロークし始めることで、いなし感のアップ、突き上げ感の軽減に効果があります。また、ステアリングの追従性もアップしますので、全ての要素でプラスに働くアイテムです。

8V A3系には フロント・センター&リア 3箇所 装着が可能です。

併せて、低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″も装着しました。

次回は “034Motorsport リアサブフレームマウントインサート” を装着してフェイスリフトモデルでの変化の度合いを体感する予定です。

30mmほどのローダウンですが、ガッツリとホイールが内側に入ってしまいました・・・。

近いうちにホイールを換装するとしても、それまでカッコ良くないので暫定処置としてホイールスペーサー&ロングボルトでツライチにしてみました。

併せて、低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″も装着させて頂きました。

ッということで、カスタマイズの最初の1歩が完成です。ローダウン + スペーサーだけでもグゥーーーンと印象が変わりました。

ちなみに、リアは車高調整幅 MAX下げた状態です。

これ以上下げたいッという方はKWベースでしたら“ゲッフェフェルト”がオススメです。

まだまだフェイスリフトモデルのS3のご入庫が少ないですので、今後カスタマイズの参考になる1台になりそうな予感です。

そして、そして、”revo technik ソフトウェア”に待望の”8V S3 フェイスリフトモデル専用”がリリースされました。

また、8V S3 Sedan用エキゾーストも揃ってきました。

当店のイチオシは”AWE Tuning”です。リモートスイッチパスで排気バルブON/OFFを任意に設定できますので、ジャントルなサウンドとスポーティなサウンドをリモコンでチョイスすることが可能です。”AWE Tuning”のスポーティーなサウンドには定評がありまして、ついついウィンドを開けてエキゾーストサウンドを楽しみたくなるアイテムです。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

2代目

2017-09-21

本国デビューから少し時間が掛かりましたが、2代目Q5/SQ5 が発表となりました。

一足早く年始にドイツで見た時の印象は、フロントはQ7似で、リアは初代Q5の面影が、全体的に初代Q5よりも筋肉質になったなぁ〜という印象でした。

特にウェストラインのキャラクターラインが、そう見える理由かもしれませんが、アウディのQシリーズの中ではもっともアグレッシブなデサインかもしれません。

インテリアはベースとなっている”8W A4″と共通デザインです。

Q5には初のエアサスペンションがOPT設定されました。また、普段はプロペラシャフト前で駆動が切られたFF状態で、必要に応じて0.2秒で瞬時にquattroに変化する”Ultra quattro”を”8W A4 allroad quatrro”以外で初採用されました。ボディの軽量と併せて走りに期待ができます。

もちろん、モアパワーという方には V6 3.0TFSI を搭載したSQ5もありますし、ワイドボディを纏った”RSQ5″なんかも出たら◎なんですけど・・・。

デザインがアクレッシブになった分、カスタマイズ甲斐もあるんじゃないかなぁ〜と思いますので、どうぞ宜しくお願いします <(_ _)>

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

車検と共にサスペンション系リフレッシュ

2017-09-20

車検でお預かりした “8J TT” です。コンディションも良いのでタイヤ溝の残量以外は何も問題なくパスしました。

昨年”KW ストリートコンフォート車高調サスペンション”装着時にフロントアッパーマウント&ベアリングは交換済でしたので、今回はお預かりしている間にロアアームブッシュの交換をさせて頂きました。

8J TT系・8P A3系は ↑ ↑ ↑ のフロントロアアームの前後にあるブッシュで支えられています。当店ではオープン以来ずーーーと 純正ブッシュよりも硬度の高く耐久性も高い“SuperProウレタンブッシュ” で交換です。

リアは多くのブッシュが使われていますが、もっとも重要なのは前後方向を支えているトレーディングアームのボディ側のブッシュです。ココが劣化してくるとリアの落ち着きがなくなり、特にブレーキ時にリアがフラフラ・フワフワする感覚が強くなります。

コチラも “SuperProウレタンブッシュ” で交換です。

レーシングカー”RS3 LMS”などは ↓ココ↓ の部分がブッシュではなくピロボールになっています。確かにリニアな動きになりますが、レーシングカーでも定期交換部品になりますし、ホイールから大きな入力があるとココが担う力が大きいだけに周辺パーツへのダメージもあることも実戦で確認しています。レーシングカーの場合は走行後必ず各部のチェックもしますし、路面状況もいたって良好です。

一方で一般道では路面の凸凹も大きければ、歩道の縁石などもありますし、毎日この部分を点検できる訳ではありませんので、メリット・デメリットのバランスから  純正以上・ビロボール以下の剛性の “SuperProウレタンブッシュ” をオススメしています。

さらにリニアな動きをご要望の方には他のリアブッシュを全て”SuperPro製”に交換すると驚くほどシャープな動きになりますので、走り好きの方はぜひぜひいかがでしょうか???

そして、エンジンオイル・Sトロニックオイル・クーラント交換も併せてご依頼頂きました。車検と同時に交換という方が多い定番メンテナンスです。

そして、唯一 車検に際してNGだったのがタイヤです。フロントタイヤの内側のワイヤーが露出するほど磨耗していましたので、ちょうど車検で発見できたのが幸いでした。

これまでは “MICHELIN パイロットスーパースポーツ (通称PSS)” でしたが、今回は最新モデル “MICHELIN パイロットスポーツ4S (通称PS4S)” です。

PSSのドライ&ウェットグリップの良さはそのままに、いなし感がアップした印象です。19/20inchがメインのラインナップですが多くのアウディにマッチするタイヤです。次のタイヤの候補としていかがでしょうか??? ちなみに、18inch以下は “MICHELIN パイロットスポーツ4 (通称PS4)” という選択肢があります。

ッということで、今回は車検と共にサスペンション系中心のリフレッシュをさせて頂きました。これでまた走りがより楽しめるようになりました。ありがとうございました <(_ _)>

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

在庫一掃セール 第1弾 各1台限定

2017-09-18

今年もあと3ヶ月ちょっとです。10月は “Audi Sport customer racing サポート” で不在の日も多いので、そろそろ決算にむけて在庫一掃セールでも・・・。

第1弾は 車検対応マフラー ですが、せっかくですから “revo tecnik ステージ1” との組み合わせでグゥーーーンとお買い得にッ!!! グゥーーーンとパフォーマンスアップ!!! なんと通常価格の30%OFFです。普段なら絶対にご案内できないプライスです。

もちろん、それぞれ限定1台の早いもの勝ちです。

 

対象車種 : 8V S3 Sportback 2.0TFSI quattro

revo technik ステージ1 & SPS + ラガツォン 車検対応マフラー 左右4本出しオーバルテール

限定1台 通常価格 ¥539,000お買い上げありがとうございました

■フェイスリフト前

STOCK POWER 285ps → revo Stage1 333ps
STOCK TORQUE 380Nm → revo Stage1 455Nm

■フェイスリフト後

STOCK POWER 310ps → revo Stage1 375ps
STOCK TORQUE 400Nm → revo Stage1 488Nm

 

 

対象車種 : 8K A4 2.0TFSI quattro Sedan & Avant / 8T A5 Sportback 2.0TFSI quattro

revo technik ステージ1 & SPS + AS Sport 車検対応マフラー 左右2本出し100mmテール

限定1台 通常価格 ¥394,000お買い上げありがとうございました

STOCK POWER 211ps → revo Stage1 290ps
STOCK TORQUE 350Nm → revo Stage1 472Nm

 

※注 上記価格は現金特価となります。クレジットカード・ローンもご利用可能ですが、価格についてはお問い合わせください。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

内側はなかなか洗えないので・・・。

2017-09-17

車検でお預かりした”8K A4 allroad quattro”です。24ヶ月法定点検も全てクリアしたので追加でオーダー頂いた低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″を装着です。

ブレーキダストが軽減できるだけでなく、ブレーキローターへの攻撃性もグゥーーーンッと軽減できるためにローターも寿命もかなり伸びるので一石二鳥です。

それにしても純正ブレーキパッドの汚れには閉口です・・・。新車から5年・30,000kmのホイールです。これでも普段からホイールも洗っているおクルマでしょうけど、このホイールデザインでは内側はなかなか洗えません・・・。

ッということで、低ダストブレーキパッド装着して頂いた際にはホイールも“GYEON”で綺麗にさせて頂いています。

まずは “GYEON Iron” で鉄粉系の汚れを落としていきます。1度では落ちきれなかった場合は “Iron” ↓2度目↓ です。

ボディーの鉄粉取りにも使用できる”Iron”ですが、洗浄力はしっかりあるので ↑↑ まで綺麗になりました。

その後 “GYEON Bathe+ & Wet coat” で洗うことでブレーキダストの付着も軽減できるようになります。もちろん、ホイールコーティング “GYEON Rim” で本格的にコーティングも承っています。

そして、タイヤにも “GYEON Tire” を塗って完了です。

そして、”GYEON Bathe+ & Wet Coat”で撥水コートシャンプーをさせて頂きました。元々ボディーガラスコーティング施工されているクルマでしたが、コーティングの維持にも役立つ効果がありますので ◎ です。

ホワイトなボディーですが、ツヤと深みがアップしました。洗車中にボンネットに薄っすらと擦り傷を発見しましたので、磨きたい・・・衝動に駆られました。ただいま”GYEON ボディコーティング” メニューについても最終調整中です。詳細が決まりましたら改めてブログでご紹介させて頂きます。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031