車種別

Sportback → Sedan

2018-07-15

RS3 Sportback → RS3 Sedan に乗り換え組です。

ッということで、これまで装着していたパーツの移植から・・・

MQBシャシ剛性の高さから若干ハードレートのスプリングを採用してもしっかりと脚が動いて、速度レンジが上がっても安定感が定評の“AS Sport 車高調サスペンション”です。

Sportback → Sedan に変更になったことでリアの動きが若干マイルドになったとインプレを頂きました。これから”cpm ロアフォースメント” “034Motorsportマウントインサート” “EUROCODEリアタワーバー”などなどシャシ系アイテムを上手く組み合わせていくことで、さらにトラクションにも余裕が生まれるかと思います。

そして、今春に惜しまれつつ廃盤になってしまった“RECARO TS-G”も移植です。座った瞬間に “やっぱり純正シートよりもコレの方がしっくりくるッ!!” と満足感◎なアイテムです。

そして、“AS Sport ブレーキパッド AS600”も換装させて頂きました。RSモデルをターゲットにワインディングなどをハードに走行する方に人気のタイプです。

また、ジュラルミン素材の“BBS RI-D” & “POTENZA RE71R” の組み合わせも継承されました。

Spotrbackに装着していた時にはかなりパツパツのオフセットでしたが、Sedanに移植するとフェンダー形状が少し違うために 少し大人しめでオールマイティなオフセットになりました。

エンジンのナラシも完了したので、”Moty’s E/Gオイル 5W-40″相当に交換して、次回は電装系アイテムの移植です。

“revo Technik ECUステージ” “EVENTURI カーボンインテーク”というメニューもオススメです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 7月

2018年 8月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

中身も外見もアグレッシブに変身

2018-07-08

当店人気No.1マフラー “MILLTEK ミルテック” ですが、今回は ↑ 8X S1SB ↑ の換装です。センターパイプはサイレンサー有無がチョイスでき、テール形状はオーバルと90mmラウンド、テールカラーはポリッシュとブラックからチョイスすることができます。

もっとも人気のあるサイレンサー有・90mmラウンド・ブラックテール仕様を装着させて頂きました。

吸排気系という言葉があるようにマフラー交換をしたら吸気系にも気を使いたいところです。ッということで、”8X S1″で定番の“EVENTURI カーボンインテーク”を装着です。特に2,500rpm以上での加速感は◎です。また、”revo Technik ターボデリートパイプ” も併せて装着したことで、アクセルレスポンスも良くなりました。

通常だとボンネットを締めてしまうと見えなくなってしまうインテークシステムですが、”EVENTURIカーボンインテーク”はフロントグリル内の導風板がチラッと見えるのも憎い演出です。

そして、チューニングだけでなく、メンテナンスも重要です。エンジンオイルを“Moty’s 5W-30”に交換です。Moty’sのエンジンオイルでも数タイプでデーターを取りましたが、このタイプがこのエンジンにはベストチョイスです。交換の目安は10,000kmですが、ハードに走る方は5,000kmごとの交換がオススメです。

以前装着して頂いた “Reife カーボンフロントスポイラー”に加えて、”RSルックグリル”に換装してイメージチェンジです。

また、フロントスポイラーと同じく “Reife” からリリースされている “ローダウンフェンダートリム”も装着です。

純正ホイールアーチよりもタイヤとのクリアランスが少なくなるのでローダウンしたかのような錯覚になります。もちろん、前30度・後50度ルールにも効果大のデザインになっています。

そして、ルーフアンテナを・・・

“COXヘリカルショートアンテナ”に換装です。ルックスと立体駐車場での利便性もアップです。

中身も外見もアグレッシブに変身して、ボディーカラーも含めてワンリーワンな1台になりました。ありがとうございました。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 7月

2018年 8月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

早10年・・・まだまだ現役です!!

2018-07-05

かれこれ10年前にブリヂストンさんに造って頂いた “prodrive GC-05K” プロトサイズのホイールで、デモカーTTSに装着していた世界に4本しかないホイールです。市販になったサイズよりもセンター部分の湾曲が強いのが特徴です。

ッで、一番最初は ↓グロスブラック↓ で・・・

その次は、ランボルギーニ純正 ↓ ライムグリーン 3コートパール ↓ になって・・・

“8J TTRS”のお客様にお譲りして ↓ グロスレッド ↓ にリペイントして・・・

ガリ傷とペイント剥がれが増えてきたので・・・ 今回、大リフォームを決行です。

まずは全ペイントを徹底的に剥離し、ガリ傷を修正して、磨いてもらいます。

リムのトップ面はブラッシュド、スポークサイド面サイドはミラーポリッシュとメタル感200%の仕上がりです。

作業をいつもお願いしている東海ビレットさんから “この時点でかなり綺麗だけど、この上からペイントしてイイだよね???” という確認が・・・

そして、惜しまれつつ キャンディレッド にペイントして頂き、また”この時点でかなり綺麗だけど、更にペイントしてイイだよね???” という再確認が・・・

そして、そして、マットクリアぺイントをして “サテンキャンディレッド” 完成です。

よーーーく観るとブラッシュドが透けて見える絶妙な仕上がりです。

ッで、やっと”8J TTRS”に装着させて頂きました。これまでのグロスレッドはビビッドでスポーティーな印象でしたが、同じレッド系でもシックな仕上がりにオーナーさんにも喜んで頂きました。ありがとうございました  <(_ _)>

そして、そして、ただいま “HRE S101” もガリ傷修理・リム交換中です。コチラも5年経ったので、これを機にカラーチェンジとなりました。完成してくるのが今から楽しみです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 7月

2018年 8月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

グレード不詳

2018-07-01

S5ブラックグリル & ブラッククロームエンブレム を装着させて頂いていますコチラの希少な限定車 “A5 Coupe コンペティションプラス”です。

今回は本来は”S5″エンブレムが付いているグリルにアウディ純正 “Audi Sport エンブレム” を台座を製作して装着です。

そして、人気アイテムアウディ 純正 “Audi Sport カーテシLEDランプ” も装着させて頂きました。8T A5/8K A4系はポン付けといきませんが、当店では配線加工済でストックしていますので、ぜひぜひいかがでしょうか???

そして、アウディ純正リアスポイラーを外して、“AS Sport カーボンリアガーニーフラップ” を装着です。こうなってくるとフロントにもアクセントが欲しいところですが、今秋に “AS Sport コンペティションプラスバンパー専用 フロントアンダーフリッパー” を造ることになりそうです。

リアセクションにカーボンアイテムを装着しましたので、ドアミラーも “GRD カーボンドアミラーカバー” を装着です。

ちなみに、”MILLTEK キャタバックエキゾースト” & “S5 リアディフューザー”に、エンブレムレス ッで、もうグレード不詳の1台になりました。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 7月

2018年 8月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

RECAROマジック

2018-06-28

前回は “VOSSEN HF-1 21inchホイール”に、”revo Technik ECUステージ1″をインストールして頂きましたコチラの”4G S6″ですが、今回は “RECARO Sportster” を装着です。

装着の前に、カーボン製バックシェルを追加で装着させて頂きました。被せるタイプのアイテムですが、クオリティは◎で後付け感もゼロです。

“RECARO Sportster”のラインナップの中でも4月末で生産終了となったデザインを滑り込みセーフでオーダーさせて頂きました。

ツインサンルーフから光が多く差し込むのでオフホワイトのカラーリングがより映えるデザインです。

専用シートレールでの装着で、ご希望通りの純正ポジションと同じくらいの目線になりました。

ロングドライブが多いオーナーさんですが、

“RECAROを装着した帰り道は体が凄く楽でした”

ッとインプレションを頂きました。コレがRECAROマジックで、当店で”RECARO”をオススメする理由です。乗っているクルマ全てをRECAROにする方も続出です。

そして、カーボン製バックシェルも存在感が◎です。ちなみに、既に “Sportster & Cross Sportster”を装着されている方にもバックシェルは装着可能です。ただ、シートの一部をバラしますので、お預かりでの作業となります。

ちなみに、”RECAROレザーシート”のメンテナンスには”GYEON レザークリーナー&レザーコート”がオススメです。ブルージーンズの汚れも綺麗に落とせて、紫外線などからもレザーのコンディションをキープする効果も大です。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 6月

2018年 7月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031