ブレーキ

6/24-25 “夏の商談会” Racingline

2017-06-21

6/24-25 “夏の商談会”、当日限定のお得な情報 “Racingline”編です。

1997年にイギリスでの VW Racing Motorsport として産声をうげたブランドです。いわば、ヨーロッパでの VW Motorsport の中心的な活動をしてきた訳ですから他のブランドとし一線を画します。そんなブランドが VW以外つまりAudiにも力を入れていくこともあって “Racingline” にブランド名を変更したッということで、今後注目度メチャクチャ高いことは言うまでもありません。

当店でも既に “8J TTRS” では “インテークシステム” が定番アイテムとなっていまして、ノーマルエンジンからECU現車合わせのハイパフォーマンスなTTRSまで御用達です。

現状では “8V S3″”8S TT/TTS” のアイテムがメインとなりますが、どの製品も完成度の高さはピカイチです。

全てのパーツの取付工賃 サービス ( ※ サスペンション・ブレーキ関連パーツを除く)

もちろん、冬のボーナス一括払い 金利ゼロ 対象です。

 

< 作業予約状況 >

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

リフレッシュ

2017-06-03

“8P S3″です。”8J TTS”と共にご入庫が多かった頃もありましたが、この頃はちょっと少なめ・・・。初代 8L S3 の頃はまだまだ”S3″と言えば希少車的な感じがしましたが、”8P S3″で一気に人気グレードになった気がします。

ッということで、コチラの”8P S3″はサスペンションのリフレッシュでご入庫頂きました。

チョイスさせて頂いたのは、多くのアウディにも純正採用されている”SACHS”純正形状ショックアブソーバーとフォクトランド製ローダウンスプリングがセットになった “SACHS Performance PLUS” です。

また、フロントのアッパーマウントブッシュとベアリングも併せて新品と交換です。

純正のマグネティックライドサスペンションを外しての装着でしたが、ストローク量はコチラの方がたっぷりと確保していますし、スプリングレートは同等レベルですからリフレッシュのサスペンションとして◎だと思います。

そして、フロントロアアームブッシュも交換です。

ココは“SuperPro製 ウレタンブッシュ”に交換することでサスペンションの剛性感がグゥーーーンとアップしますので、”8P A3系””8J TT系”では当店定番アイテムです。

併せて、ブレーキパッドも低ダストブレーキパッド “AS Sport AS500”に換装させて頂きました。

元々のショックアブソーバーがオイル漏れをしていたこともあって、換装後は フロント-15mm、リア ±0mm ということになりました。

ありがとうございました。

“8P A3系” “8K A4/8T A5系” は、そろそろサスペンションをリフレッシュしたいッという方も増えてくると思いますので、”SACHS製” or “ST製” ノーマル形状サスペンション & “034Motorsport製 アッパーマウントブッシュ”をセットにしたお得なパッケージでも検討してみよーーーかと思います。

 

< 作業予約状況 >

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

日本車と違って一緒に減るんです・・・。

2017-05-28

今月はなんだかオイル交換を中心に”8K A4″のメンテナンスが多い月です。ありがとうございます。

一方で、まだまだ 8W A4系 のご入庫が少ないですね・・・。

ッで、コチラの”8K A4″は60,000kmオーバーにしてブレーキローター&パッドの交換です。

日本車と違ってパッドと一緒にローターも減って当たり前として材質開発されていますので・・・。日本車も当然減るんですが、ローターの硬さが違って欧州車は柔らかいんです。

それと同じでホイールが汚れるのは仕方がない・・・という考えですから自ずとホイールはこんな感じにブレーキダストで汚れます。

ッということで、GYEONジーオン “Q2M Iron” ホイール専用鉄粉除去クリーナーです。

ブレーキダストで汚れたホイールにスプレーして高圧洗浄機で洗い流してみました。

100%ではありませんが、かなり綺麗になりました。強い刺激臭もなく、汚れは強力に落とすのにホイール表面は痛めないッと優れモノですので、ぜひオススメします。TVショッビングみたいになってしまいましたッ!!!

そして、本題に戻ってブレーキローターはリプレイスメントとして定番の“DIXCEL PDローター”をチョイスです。組み合わせるパッドは低ダストタイプとして定番の“AS Sport AS500”です。パッド・ローターどちらの材質もブレーキダストの原因が大幅に抑えられ、耐摩耗性も純正と比べて大幅に改善されます。

これでブレーキダストもほとんどなくなります。ということは今後はGYEONジーオン “Q2M Iron” ホイール専用鉄粉除去クリーナーの出番はなくなりますね・・・。

そして、ブレーキフルードも交換させて頂きました。

これでブレーキのリフレッシュは完了です。ブレーキホースも消耗品ですので100,000kmを目安に交換をお勧めします。もちろん、ステンメッシュタイプであれば、ペダルフィーリングもカチッとして◎です。

そういえば、“8K A4 / 8T A5  フロント用 STOPTECH 4potキャリパー + 332mm スリットローターSET” が当店に在庫としてあります。通常ですと低ダストブレーキパッドと組み合わせ取付工賃込 税別 ¥442,500 ですが・・・在庫品につき超ーーーSPLプライスでご提供します。17inch/18inch純正ホイールにも対応しています。コレはッという方は info@kreis5.jp までお問い合わせください。

 

< 作業予約状況 >

2017年5月

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

200,000kmオーバー

2017-05-08

“8E RS4″の入庫は普段から多いんですが、流石に走行距離200,000kmオーバーはNo.1です。サスペンションなどは純正で1度交換しているので快調な1台です。

ッということで、今回は ブレーキローター&パッドの交換です。

純正で採用されているドリルド形状ですが、ホールの近くとそうでないところでローター温度に差があるためにどうしてもレコード盤のような減り方をしてしまいます・・・。

RddビッグローターKITに換装するクルマが多いですが、今回は純正同サイズの“DIXCELブレーキローター”に交換です。

フロントは2ピース構造のローター部分だけを交換するタイプで、ドリルド→スリットに変更になります。

リアは純正と同じドリルドです。

組み合わせるブレーキパッドは”RSモデル”をメインターゲットに開発した“AS Sport AS600”です。ローター材質の変更と併せて効きもグゥーーーンと良くなります。

年式的にもメンテナンス中心になってきた”8E RS4″ですが、純正 or 社外パーツを上手くチョイスすることがこれからの楽しみ方の1つかもしれません。

 

< 作業予約状況 >

2017年5月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

50,000kmを目前に・・・

2017-05-07

50,000kmを目前にしたコチラの”8T A5SB”ですが、”Sトロニックオイル”の交換をさせて頂きました。当店では縦置きエンジンのSトロニックの場合、オイルパンを外して作業をします。大半の古いオイルを抜くことができると同時にストレーナーも交換です。

そして、Sトロニックオイルの充填にて専用の圧送機を使用します。デジタルで油量を確認でき、油温も管理できます。

ッというのもSトロニックオイルは適正な量を充填した上で基準温度で熱膨張をさせて最終的な適量にするという特殊な方法だからです。

交換のサイクルは50,000km・100,000kmがオススメです。

また、当店では “Moty’s Sトロニック用オイル” を使用しています。

そして、低ダストブレーキパッド “AS Sport AS500” に交換です。もちろん交換する場合は前後同じ材質にすることが基本です。

効きを犠牲にすることなく、ホイール汚れの原因でもあるブレーキダストを80%ほど軽減することができますからホイールを綺麗に保つことができます。

そして、そして、ヘッドライトのHIDバルブが切れかかっているッということで・・・。

確かにHIDバルブの寿命が近くなると本来の光より赤みを増してくる症状になっています。

ッということで、”ベロフ 6900K HIDバルブ”に交換です。ありがとうございました。

LEDヘッドライト率が高くなっているアウディですが、HIDヘッドライトの蒼白さはまだまだ魅力的です。

次はバッテリー・イグニションコイル・プラグあたりのメンテナンスがオススメです。

< 作業予約状況 >

2017年5月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930