ブレーキ

待ちに待った1台ッ!!!

2017-08-13

手前は、100,000kmを目前に “サスペンションO/H + 仕様変更” “ブレーキシステム brembo → STOPTECH トロフィKIT” などなどリフレッシュ作業待ちの”8J TTRS”

奥は、待ちに待って納車となりました”8S TTRS ロードスター”

これまで TTRS/TTS のロードスターは日本国内に未導入でしたが、事前に8S TTRSは国内導入があるッという情報がありましたで、その時点から考えると1年弱も待っての納車です。

今後、当店でよくよく見る光景になるであろう 新旧 “TTRS” ですが、今回は “8S TTRS ロードスター” の方をご紹介です。

まずは、サスペンション換装です。

チョイス頂いたのは、バッチリTTRS対応になっている “KW Ver.3 車高調サスペンション” です。

伸び側・縮み側の減衰力を独立して調整できることから低速〜高速域までフラットライドな乗り心地を実現することができる脚です。

とりあえずはメーカー推奨値でセットしましたが、純正サスペンションよりも突き上げ感が軽減されつつも、確実に路面に掴んでトラクションがしっかりと掛かっている感触です。

オーナーさんからも “しなやかで乗り心地最高です” とインプレを頂きましたが、ショックアブソーバー / スプリング共に慣らしが完了したら、じっくりとセッティングを煮詰めていきたいッと思います。

そして、4pot → 8pot になったフロントキャリパーを外して、カラーチェンジです。

まずは、フェイス面の”RS”ロゴとクリア塗装を研いで落とします。

塗装色の発色がよくなるように、一旦ホワイトに塗装です。

そして、”ライムイエロー”にペイント、ロゴを貼付、クリア塗装・・・という工程です。

ッということで、無骨な印象の純正キャリパーがオシャレに変身です。

明るいカラーなのでホイールの内側でも存在感は◎です。

もろちんリアキャリパーもペイントしましたので、クリーンな状態を維持できるようにブレーキパッドは前後共に低ダストタイプ “AS Sport AS500” に換装しました。

そして、お次はインテリアです。

まずは、“レイヤードサウンド 4ch”を装着させて頂きました。

ロードスターですから室内空間はかなりコンパクトなのに4chとは贅沢ですが、オープンにした時にもフロントピラーとロールバー近くに装着したレイヤードサウンドのドライバーからハッキリとサウンドが聞こえますので、やはりロードスター / カブリオレには”4ch”がオススメですッ!!!

また、今回は “レイヤードサウンド +C ウーファー”も装着させて頂きました。

トランクに装着しても効果が薄いのでちょっと取付する場所に苦労しましたが、コンパクトなユニットなのでドライバーズシートの後ろに装着です。

ドライブレコーダーは “BREX BCC510” を装着です。走行中だけでなく、駐車中もしっかりと監視してくれます。

そして、レーダー探知機は定番 “ユピテル A720” です。

ッとここまでで第1弾の作業が完了です。

8J TTS に装着していた “AS Sport ASF-05″ホイールを仮に装着してみました。

8J系と比べるとサスペンション・ブレーキ・フェンダーの位置関係に余裕ができましたので、若干ですが奥行き感のあるホイールも8S系は履けそうです。

ロードスターだとクーペにはないエレガントな雰囲気もあって◎です。

本チャンのホイールはコチラですかね??? ディスクカラー、アウターリムカラー、インナーリムカラーなどもチョイス可能ですから悩んでいる時間も楽しいもんです!!!

ちなみに、今回”ボディコーティング”のご依頼も頂いておりましたが、来月から新導入するメニューの第1号車としてご予約頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

ちなみに、ちなみに、revo technik からはステージ1、EVENTURI からもカーボンインテークがリリースされる予定です。これから8S TTRSは楽しみがたくさんですッ!!!

 

14日〜17日までは夏季休業とさせて頂きます。18日(金)からは通常営業です。

上記期間のお問い合わせは info@kreis5.jp まで宜しくお願いします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

モア ストッピングパワー & モア エンジンパワー

2017-08-02

50,000kmを目安に交換をお勧めしているのが、Sトロニックオイル交換です。

コチラの”8T A5SB”も“Moty’s Sトロニックオイル” “アウディ純正ストレーナー/ガスケット” を使用して交換させて頂きました。

そして、”RAYS VOLKRACING G27″の奥には “STOPTECH 4potキャリパー + 332mスリットローター” を装着させて頂きました。

低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″との組み合わせで、ブレーキダストを抑えつつ、絶対的なストッピングパワーがアップします。純正の片側ピストンから対向ピストンになったことでブレーキフィーリングという点でもしっかり感がアップします。

リアはスリット入りの “DIXCEL SDローター” に換装です。もちろんリアにも低ダストブレーキパッドを組み合わせました。

ストッピングパワーがアップしたところで、お次はエンジンのパワーアップです。

revo Technik ステージ1 をインストールさせて頂きました。

そして ↓↓↓ のようなインプレッションを頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★★

高速道路での性能 ★★★★★

乗りやすさ / 扱いやすさ ★★★★★

総合的な満足度 ★★★★★

 

市街地は出足の”もっさーーー”ッとした感が解消され、ストップ&ゴーを繰り返してもストレスを感じなくなりました。東名高速の大井松田→御殿場間の登り坂では、シフトダウンしなくても加速していきますし、まだまだ余裕がある感じです。全体的にトルク感が増し、排気量が大きくなったのかと錯覚するほどで、日常使いプラスα では、乗りやすく、かつ十分なパフォーマンスだと思います。

 

こういったオーナーさんの声は大変参考になります。ありがとうございます <(_ _)>

そして、そして、〜8/末までに “revo technik ソフトウェア / SPS” をインストールさせて頂いた方には エンジン内洗浄の“ワコーズ RECS / CORE601” を無償で施工させて頂いています。( A1 1.4TFSI / A3 1.4TFSI を除く )

1時間ほどの作業で “revo technik” をインストール可能ですが、立派なチューニングカーになりますからエンジンコンディションをキープするためにメンテナンスはより重要になります。ちなみに、”revo technik” インストールした場合は、スパークプラグも20,000kmごとに交換がお勧めです。

コチラの”8T A5SB”は “ワコーズ フラッシングオイル”も同時に施工させて頂き、E/Gオイル”Moty’s typeSP”アウディ純正オイルフィルターも交換させて頂きました。

なお、”revo technik” インストールして頂いた方は、指定E/Gオイル”Moty’s typeSP” をずーーーと20%OFFとさせて頂きますので、ぜひぜひベストなエンジンコンディションをキープして頂ければ幸いです。

ちなみに、ちなみに、エアクリーナーも20,000kmごとに “aFe ドライタイプ リプレイスメントフィルター”の交換がお勧めです。また、純正エアクリーナーBOXはそのままに”034Motorsport ターボインレットホース”で効率化も◎です。

ッで、次は 既存の”VOLKRACING G27″をウィンタータイヤ用にして、2SET目のホイール探しですね。どのホイールにしよーーーと悩んでいる間も楽しいひとときです。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

コチラは納車直後にッ!!!

2017-07-16

先日は 50,000km オーバーでブレーキローター&パッドを交換したアウディをご紹介しましたが、今回は納車直後100km弱でブレーキパッド交換の”4G A6 allroad quattro”です。

わずか数十キロでホイールのインナー側が薄っすらとブレーキダストで汚れていますので、みなさんコレを嫌がって低ダストブレーキパッドに換装です。

ッということで、低ダストブレーキパッドといえば定番の“AS Sport AS500”です。

そして、納車直後に取付する方が多いのがレーダー探知機です。新型 移動式小型オービスの電波にも反応する“ユピテル A720/A520”が人気です。専用モニターでしっかりと確認したいッという方は”A720″、必要な時だけバックミラーに映し出されればOKッという方は”A520″ と取付方法の違いで2タイプをご用意しています。

ッで、今回の”4G A6 allroad quattro”にはモニタータイプの”A720″を取付させて頂きました。

受信部とモニター部がセパレートしているので取付位置の自由度、感度を両立できるところも◎です。

また、他にも”8T A5″にも”A720″を取付ッと常に売れ筋アイテムの1つです。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

早いクルマだと30,000km、通常ですと50,000kmで・・・。

2017-07-14

50,000km オーバーともなるとV8 4.2Lエンジンを搭載している”8T S5″ですからブレーキローター&パッドもかなり消耗してきます。

ッということで、純正リプレイスメントローターとして定番の“DIXCEL PDローター”、アウディ専用の低ダストブレーキパッドとして定番の“AS Sport AS500”の組み合わせです。

“DIXCEL PDローター”は純正ローターよりも材質的に硬度があって耐摩耗性に優れていますし、防錆処理がされているのでウィンターシーズンにはウィンタータイヤに換装して雪道のドライブが多い方にもオススメです。更に効きを求めるならスリット入りの”SDローター”、ワインディングをハイペースに走る方は熱処理を施した”HSローター”もご用意が可能です。

もちろん、それらを両立するにはSTOPTECHブレーキシステムなどの換装というステップアップメニューもあります。

ローター脱着に伴ってキャリパーブラケットなども外しますので、洗浄したのち可動部にはグリスアップをしてスムーズな動きになることでブレーキ本来の性能を発揮できるようになります。

そして、ブレーキダストで汚れてしまったホイールは鉄粉除去クリーナー”GYEON Iron”で洗浄です。純正ブレーキパッドはメタル成分が多いのでホイールにダストが突き刺さってこうなってしまいますが、低ダストブレーキパッドはアラミド繊維などがメインとなりますのでダストが付着することが少ないために、結果としてホイールが汚れなくなります。それでいて効きなどの性能でも純正以上の実力となっているのは繊維系のマテリアル技術に優れている日本の得意としている分野です。

ここまで純正ローター&パッドで50,000km保ちましたが、この組み合わせですと同じような走りでしたら150%ほどは長持ちになります。ッとなると次にローター&パッドが消耗する前にブレーキホース&フルード交換をどこかのタイミングでするのがオススメです。

一般的な走行オンリーでも早いクルマだと30,000km、通常ですと50,000kmで今回のようなメンテナンスをすることオススメします。ぜひぜひお気軽にご相談ください。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

6/24-25 “夏の商談会” Racingline

2017-06-21

6/24-25 “夏の商談会”、当日限定のお得な情報 “Racingline”編です。

1997年にイギリスでの VW Racing Motorsport として産声をうげたブランドです。いわば、ヨーロッパでの VW Motorsport の中心的な活動をしてきた訳ですから他のブランドとし一線を画します。そんなブランドが VW以外つまりAudiにも力を入れていくこともあって “Racingline” にブランド名を変更したッということで、今後注目度メチャクチャ高いことは言うまでもありません。

当店でも既に “8J TTRS” では “インテークシステム” が定番アイテムとなっていまして、ノーマルエンジンからECU現車合わせのハイパフォーマンスなTTRSまで御用達です。

現状では “8V S3″”8S TT/TTS” のアイテムがメインとなりますが、どの製品も完成度の高さはピカイチです。

全てのパーツの取付工賃 サービス ( ※ サスペンション・ブレーキ関連パーツを除く)

もちろん、冬のボーナス一括払い 金利ゼロ 対象です。

 

< 作業予約状況 >

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031