Other

拡大路線!?

2017-10-14

10/27から開催される東京モーターショーで日本初お披露目となります “8W RS4” も楽しみですが、本国では次なるRSモデルとして “S5 Sportback”風の “RS5 Sportback” らしきテスト車両の走行風景がキャッチされているようです。

ギミックのオーバーフェンダーはともかく、オーバーテールの中に排気バルブがみえるのが”RSモデル”の証です。

“RS4 Avant” “RS5 Coupe” に加えて “RS5 Sportback”、今後のAudi Sportラインナップ拡大路線からするとかなり可能性大ですし、ココ日本でも人気になりそうな1台です。

 

※ 10/12-15 の期間、 Audi Sport customer racing “Super耐久 岡山戦”サポートのためフロントスタッフが不在となります。メールも含めたお問い合わせの返答に時間が掛かる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

奇しくも対局なラインナップです

2017-09-13

開幕しました “フランクフルトモーターショー”

今回のアウディは 自動運転 & e-tron ですね。↑ レベル5 搭載の“Aicon”

そして、↓ レベル4搭載の“Elaine” ↓ VWグループ内でこの分野の開発を担っているのでかなり先行した開発分野ですが、レベル4まではもう数年先には搭載可能な段階に来ていることは確かです。

市販車として初のレベル3搭載 量産車“A8”ですが、自動運転のレベル概念もややこしいのでウィキペディアしてみました・・・。

 

レベル3(条件付自動運転)
限定的な環境下若しくは交通状況のみ、システムが加速・操舵・制動を行い、システムが要請したときはドライバーが対応しなければならない状態。通常時はドライバーは運転から解放されるが、緊急時やシステムが扱いきれない状況下には、システムからの運転操作切り替え要請にドライバーは適切に応じる必要がある。しかし、人間のドライバーが緊急時にはスムーズに切り替えられない問題が指摘されている。事故時の責任はドライバーとなる。

 

レベル 4(高度自動運転)
特定の状況下のみ(例えば高速道路上のみなど、極限環境を除く天候などの条件)、加速・操舵・制動といった操作を全てシステムが行い、その条件が続く限りドライバーが全く関与しない状態。基本的にドライバーが操作をオーバーライドする必要は無いが、前述の特定の状況下を離れると人間の運転が必要になる。日本では2020年までにレベル4自動運転車の実用化を目標としている。

 

レベル5(完全自動運転)無人運転。考え得る全ての状況下及び、極限環境での運転をシステムに任せる状態。ドライバーの乗車も、ドライバーの操作のオーバーライドも必要ない。安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムに委ねる。多くの自動車メーカーやその他の企業が、レベル5相当の自動運転車の市販に向けて開発を行っている。日本ではレベル5の完全自動運転を2025年を目途に目指すとしている。

そした、そして、今回のショーでワールドプレミアとなったのが、“R8 V10 RWS” です。

アウディ初の後輪駆動で、クーペ999台・ロードスター999台限定生産です。奇しくも自動運転と対局にある”操る楽しさを追求した”モデルが同時に展示されているところが今後アウディの方向性を示している気がします。

ちなみに、アウディ初というのは公道走行可能なアウディの話で、R8 LMS GT3もR8 LMS GT4も後輪駆動ですからモータースポーツ直系モデルということになります。ところで日本に入ってくるんでしょうか??? 個人的にはメチャクチャ欲しいモデルです!! でもでもどうせ後輪駆動ならV6 2.9L ツインターボモデルの方が軽快でさらにイイな!!!

そして、そして、いよいよデビューしました “8W RS4 Avant” です。

先行してリリースされた”RS5″からイメージはできていましたが、通常モデルと比べてのワイド感はRS4の方が違いが大きいかもしれません!!! V6 2.9L ツインターボエンジンは潜在能力も高そうですし、リアサスペンションの改良が効果ありそうなので、チューニングベースとしても楽しみです。

ちなみに、RS4 のカーテシランプ “Audi Sport” になってます。コレ売れそうな予感です!!!

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

温故知新、じっくりと勉強します。

2017-09-09

当店のデモカーに “8E A4 1.8T quattro” が加わりました。

当店のオープンは2011年2月ですから A4系だったら”8K”以降、A6系だったら”4G”以降の入庫が多く、”8E”A4系・”4F”A6系 以前のアウディといえば ほぼRSモデル が多くを占めていて、そのRSモデルもこのところ経年変化による不具合が増えてきました。

“8K”・”4G”の初期モデルもボチボチ持病とも言える交換部品が出てきて、その傾向は把握できつつありますが、もう1世代前のモデルについてもじっくりと勉強する必要があるかなぁ〜と思っていたタイミングで “8E  通称B6” を知り合いの業者さんから偶然にも譲って頂きました。

アウディAGも “アウディ トラディション” というネーミングで歴代のアウディのパーツ供給環境を良くしようッというプロジェクトがスタートしていますし、この年代のアウディの雰囲気がやっぱり好きなんだッという方も多いので、これまでのデモカーと違ったスタンスで活躍してくれると思います。

このクルマは初年度登録から13年経っていますから、たまにドアミラーが可倒しなくなったとか、ウィンドスイッチがベトベトしたり、ライセンスLED化したら他の灯火類のエラーが出た・・・なんていう電気系トラブルは定番ですが、メカニカルな部分もいろいろと試していきたいと思います。

ッで、早速オートマケースからオイル漏れ・・・。先日ワコーズさんからリリースされた”クイックフィックス”が早速 出番となりました。オイル漏れの原因は後日治すとして部品が入荷するまでの応急処置として有効なケミカルでした。コレのお陰で無事車検もクリアです。あくまでも応急処置ですから修理する前提ですが・・・。

そして、ステアリングセンターもズレていたのでアライメント調整をしましたが、ステアリングのタイロッドエンドの動きが渋いので “034Motrosport DENSITY LINE CONTROL ARM KIT” と共に後日交換予定です。

“034Motrosport DENSITY LINE CONTROL ARM KIT” は、純正ブッシュの弱点である材質も熟考されていて適度にブッシュも強化されていて、ボールジョイントもセットになっているためにサスペンションが換装されているアウディには最適なアイテムです。もちろん、アッパーマウントも同メーカーからリリースされていますから同時交換がオススメです。このところサスペンションリフレッシュのご依頼が多く、純正よりもリーズナブルなことも相まって当店でも売れ筋アイテムです。

もちろん、メンテナンスだけでなく、カスタマイズものんびりと進めていく予定です。

ちなみに、このクルマの唯一の誤算は、コンディションが極上過ぎて故障する箇所が年式相応じゃないかもしれません・・・汗&笑

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

Audi Tradition

2017-07-31

“アウディ トラディション”という言葉をご存知でしょうか???

ココ日本では13年以上経ったガソリンエンジンのクルマは税金が15%アップッとなかなか愛着のあるクルマを乗り続けるには厳しい環境ですが、ドイツ本国では古いクルマに対してリスペクトする環境が整っていて Audi AG でも“アウディ トラディション”という古いアウディへのパーツ供給とテクニカルフォローをするシステムが始動しています。

日本でも将来的には導入されるシステムと聞いていますが、現行率の高い当店だと 8E A4 / 8N TT あたりでも十分に”アウディ トラディション”だったりします。笑

ヨーロッパ・アメリカのアフターマーケットでは、まだまだパーツも豊富に揃っていますし、リフレッシュも兼ねてカスタマイズなんて楽しみ方も◎です。

シャープになった現行型よりも丸みの帯びたデザインが好きッという方にはこのあたりの年代のアウディもオススメですし、ガッツリと好きなカラーにオールペイントしたり、インテリアを張り替えたり、保証なんて言葉も無縁ですから思い切りカスタマイズを楽しめるのも◎かもしれません。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

明日も開催してますッ!!!

2017-06-24

今日は多くの方にお越し頂きましてありがとうございました。

明日は天気も雨模様のようですが、ぜひぜひお気軽にお越し頂ければ幸いです。

“cpm ロアフォースメント””プラズマダイレクト”の体感試乗、”レイヤードサウンド”の試聴、”RECAROシート”の試座、KW、アクラポビッチ、Racingline、AWE TUNING、EVENTURI、BBS、OZ などお得な1日です。

 

< 作業予約状況 >

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031