Other

マイルドハイブリッドの恩恵がこんなところにッ!?

2017-11-08

新型A8全車に搭載され、新型 A7 55TFSI にも当然搭載された “48Vマイルドハイブリッド” です。

以前導入されていた”A6/A8/Q5 ハイブリッド”の高電圧ハイブリッドとは違って、あくまでも”エンジンありき”のハイブリッドで、コレだけで走行するモードはない補助的な要素の高いシステムです。

A8/A7での4WSの動力源となったり、通常の12Vのパワーでは動かすことのできなかったデバイスに利用することができます。

ちなみに、ドイツでは VWグループ・M-BENZ・BMWで統一規格化されています。

そして、そして、実はカスタマイズやチューニングでの恩恵も今後期待できそうなシステムなんです。

先日のSEMAショーでも展示された”TT Clubsport turbo コンセプト”、それ以前にも”RS5 TDIコンセプト”にも搭載されたことがある”エレクトリックターボ”です。

通常のターボは排気の力でタービンを回す構造になっていますが、排気が力を発揮するには時間を要します。そのタイムラグ部分に電気式タービンを回すことでゼロ発進からドカッーーーンと加速できるシステムというモノです。

↓↓↓のイラストを見てもマイルドハイブリッドの技術を利用して最低限のシステムでエレクトリックターボを駆動させていることからRSモデルのドーピング剤としてドンドン活用される可能性が大と予想できます。

メーカーではエレクトリックターボの有無でゼロ発進加速にこんな差があるんだぞぉーーーというアピールしています。

そうなってくるとエンジンECUチューニングにプラスして、エレクトリックターボのチューニングという時代もそう遠くないかもしれません。マイルドハイブリッドと言われもピンッと来なくてもコレだったら走る楽しさが倍増しそうで期待大ですね。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

早くも”RS7 Sportback”ッ!!!

2017-11-04

本国で “A7 Sportback” が発表されたばかりですが、”S7 Sportback”を飛び越して 早くも”RS7 Sportback”ですッ!!!

ッというのは冗談で、CG予想イラストです。

・・・ですが、これまで車種ごとにバンパーのデザインが異なっていたRSモデルですが、RS3 Sedan & Sportbackフェイスリフトモデル → RS5 Coupe→ RS4 Avant という流れを見るとバンパーの基本デザイン同じですし、コレが今後のRSモデルのベースデザインになることから推測すると ↑↑↑ のようになる可能性は極めて高いと思いませんか???

< ↑ RS5 Coupe / RS4 Avant ↓ >

< ↑  RS3 Sedan / RS3 Sportback ↓ >

TTRS・R8のフォーリングエンブレムがボンネットに装着されているモデルは、また独自のデザインのようです。

RS7 Sportback → RS6 → RSQ3 と来年以降もRSモデルの話題は続きそうです。あとは各モデルが早く納車されるのを待つばかりです・・・。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

2代目

2017-10-20

デビューから7年で2代目にバトンタッチした”A7 Sportback” です。

全長4969×全幅1908×全高1422mmですからほぼ先代とボディサイズは変更無しですが、このところの新型車に共通しているシャープなキャラクターラインによって、より立体的なボディデザインに見えるようになりました。

また、↑ S-Line ↑ バンパーはフロント開口部も大きく、スポーティーなイメージがアップしました。のちにリリースされる”S7 Sportback”もおそらくこのバンパー形状でしょう。ちなみに、ついにリアディフューザーからマフラーエンドが見えなくなりました。

そして、↓コチラ↓ が標準バンパーです。スッキリとした印象ですが、シルバーのボディだとボンネット・ドア下部のキャラクターラインがより強調されてデザインワークがよくわかります。

先代ではRS7も同じボディでしたが、2代目はいかにもブリスターフェンダーにしてくれッという言っているような位置にフェンダーの峰がありますから期待大です。

インテリアは、メーター部分には12.3インチディスプレー、センター上部には10.1インチMMIモニター、センター下部には8.6インチタッチパネルが配されてスイッチなどが大幅に少なくなました。これまで以上に WiFi通信 と Audi Connect を使用してオンラインでいろんなことができるようになってきます。

ところで、みなさんは MY Audi に登録してますか??? これから MY Audi に登録することで Audi Connect がアフターサービスの入口になってきますので、スマホとの連動がマストになる時代がすぐそこに来ました。

そして、パワーユニットは 8W S4 にも搭載されている 3.0TFSI ターボ に、48V マイルドハイブリッドが追加された仕様です。もうエンジンパワー単体ではパフォーマンスを表せなくなるので、”55 TFSI”というパワーレンジ表記になってます。おそらく将来的には S/RSモデル以外は、A8がそうなったように 全てハイブリッド または EV になる時代も来るかもしれません。意外と早く・・・。そうなったらモーターをカスタマイズという時代になるんでしょうか???

また、8W S4 は 8速AT なのに、A7 は 7速Sトロニック なのは興味深いところです。

そして、サスペンションは、STDスプリング、エアサスペンションが設定されています。

そして、そして、60km/h以下では逆位相、60km/h以上では同位相になる4WSも新採用されました。それにしても4WSとは懐かしい響きです。HONDA プレリュード、MAZDA カペラ、センティアなどに採用されていましたが、1周まわって復活してきた感があります。制御技術も当時と比べたら月とスッポンでしょうから早く乗ってみたいですし、カスタマイズするのにどんなハードルが待っているのか・・・。

ヘッドライトもドンドン構造が複雑になってきました。また、STD LED、マトリックスLED、マトリックスLED + レーザースポットの3タイプのヘッドライトがあるみたいです。

テールライトはオープンニングで面白い点灯をしますが、フェイスリフト前→後のコンバージョンは難しくなってくる予感です。

数ヶ月後には A6 も同じようなスペックを搭載してデビューする予定ですし、S7/S6もバシバシ最終テスト走行中なので期待したいです。もろちん700psオーバーとの噂もあるRS7は更に期待大です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

拡大路線!?

2017-10-14

10/27から開催される東京モーターショーで日本初お披露目となります “8W RS4” も楽しみですが、本国では次なるRSモデルとして “S5 Sportback”風の “RS5 Sportback” らしきテスト車両の走行風景がキャッチされているようです。

ギミックのオーバーフェンダーはともかく、オーバーテールの中に排気バルブがみえるのが”RSモデル”の証です。

“RS4 Avant” “RS5 Coupe” に加えて “RS5 Sportback”、今後のAudi Sportラインナップ拡大路線からするとかなり可能性大ですし、ココ日本でも人気になりそうな1台です。

 

※ 10/12-15 の期間、 Audi Sport customer racing “Super耐久 岡山戦”サポートのためフロントスタッフが不在となります。メールも含めたお問い合わせの返答に時間が掛かる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

奇しくも対局なラインナップです

2017-09-13

開幕しました “フランクフルトモーターショー”

今回のアウディは 自動運転 & e-tron ですね。↑ レベル5 搭載の“Aicon”

そして、↓ レベル4搭載の“Elaine” ↓ VWグループ内でこの分野の開発を担っているのでかなり先行した開発分野ですが、レベル4まではもう数年先には搭載可能な段階に来ていることは確かです。

市販車として初のレベル3搭載 量産車“A8”ですが、自動運転のレベル概念もややこしいのでウィキペディアしてみました・・・。

 

レベル3(条件付自動運転)
限定的な環境下若しくは交通状況のみ、システムが加速・操舵・制動を行い、システムが要請したときはドライバーが対応しなければならない状態。通常時はドライバーは運転から解放されるが、緊急時やシステムが扱いきれない状況下には、システムからの運転操作切り替え要請にドライバーは適切に応じる必要がある。しかし、人間のドライバーが緊急時にはスムーズに切り替えられない問題が指摘されている。事故時の責任はドライバーとなる。

 

レベル 4(高度自動運転)
特定の状況下のみ(例えば高速道路上のみなど、極限環境を除く天候などの条件)、加速・操舵・制動といった操作を全てシステムが行い、その条件が続く限りドライバーが全く関与しない状態。基本的にドライバーが操作をオーバーライドする必要は無いが、前述の特定の状況下を離れると人間の運転が必要になる。日本では2020年までにレベル4自動運転車の実用化を目標としている。

 

レベル5(完全自動運転)無人運転。考え得る全ての状況下及び、極限環境での運転をシステムに任せる状態。ドライバーの乗車も、ドライバーの操作のオーバーライドも必要ない。安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムに委ねる。多くの自動車メーカーやその他の企業が、レベル5相当の自動運転車の市販に向けて開発を行っている。日本ではレベル5の完全自動運転を2025年を目途に目指すとしている。

そした、そして、今回のショーでワールドプレミアとなったのが、“R8 V10 RWS” です。

アウディ初の後輪駆動で、クーペ999台・ロードスター999台限定生産です。奇しくも自動運転と対局にある”操る楽しさを追求した”モデルが同時に展示されているところが今後アウディの方向性を示している気がします。

ちなみに、アウディ初というのは公道走行可能なアウディの話で、R8 LMS GT3もR8 LMS GT4も後輪駆動ですからモータースポーツ直系モデルということになります。ところで日本に入ってくるんでしょうか??? 個人的にはメチャクチャ欲しいモデルです!! でもでもどうせ後輪駆動ならV6 2.9L ツインターボモデルの方が軽快でさらにイイな!!!

そして、そして、いよいよデビューしました “8W RS4 Avant” です。

先行してリリースされた”RS5″からイメージはできていましたが、通常モデルと比べてのワイド感はRS4の方が違いが大きいかもしれません!!! V6 2.9L ツインターボエンジンは潜在能力も高そうですし、リアサスペンションの改良が効果ありそうなので、チューニングベースとしても楽しみです。

ちなみに、RS4 のカーテシランプ “Audi Sport” になってます。コレ売れそうな予感です!!!

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31