Other

ドイツ 最終編

2017-02-08

1967年から日本に導入されたアウディ。現在のアウディジャパンが設立されたのが1998年ですから、A3でいうと”8L”、A4でいうと”8D” 通称”B5″、A6でいうと”4B” 通称”C5″ からはグゥーーーッと身近な存在になりましたが、それまでのアウディというと日本国内で現存しているクルマもかなり希少です。

ドイツでは”C4 A6″あたりは結構元気に走っている姿をちょいちょい見ましたが、”Audi Forum”にはそれ以前のネオクラシックアウディが綺麗に保存されていました。

以前から見てみたかったネオクラシックアウディNo.1は、1968年に発売されたアウディ100 (C1)シリーズのラインナップにあったクーペモデル。今で言えば、A7 クーペ 的な存在になるんでしょうか???

A5/A7の美しいデザインはココが原点なのかもしれません。

後ろに写っているのもアウディ100ですが、コチラはアウディ100カブリオレ、他に4ドアセダン、2ドアセダンがラインナップとしてありました。

そして、A4の起点となる 1965 年に発売された  F103系アウディ72 です。

ボディバリエーションは、2ドアセダン、4ドアセダン、ヴァリアントがありました。

↑↑↑のアウディ100と共にアウディデザインの基礎を築いた1台です。その後、パワーアップ版のアウディ80/90、ダウンサイジング版のアウディ60 が追加になった後に、1972年 アウディ80 (B1) とバトンタッチされます。

そして、1974年に発売された アウディ50 です。その後、リリースされたVW POLOに先行して市場投入されたモデルで、今で言うところの”A1″の先祖にあたります。

このあたりになってくると当時日本でも見たッという方もいらっしゃると思いますが、”アウディ80 quattro”です。

時代的にカクカクしたデザインの全盛期です。5気筒・quattroというアウディ独自のテクノロジーが開花し始めた時代です。

そして、一気にパフォーマンスカーとして世界にアウディの名を世界に広めたのが、1980年 “アウディ クワトロ” です。当時のアウディ200をベースに 2.1L 5気筒ターボエンジンに、quattroを搭載して、翌年には “Audi Motorsport” を設立してWRC グループ4に参戦しました。それ以降はラリー界では4WDでないと勝てない・・・という時代を造った1台のベース車両です。ただ、市販車は意外とモサーーーッとした加速だった気がします・・・。

そして、↑↑↑の通称ビッグクワトロの改良版、そして過激化するWRC グループBのホモロゲーション取得用として1983年に発売された”スポーツ クワトロ”です。コチラは200台しか生産されなかったのでコレクターズアイテムとなっています。一度は乗ってみたい1台ですッ!!!

そして、そして、↑コチラ↑はアウディの前身の1社である “アウトユニオン製 TypeC ストリームライナー” です。

520psを発揮するV16 スーパーチャージャーエンジンに、この流線形ボディです。なんと1937年製ッ!!! 昭和12年にこのボディデザインッてメチャクチャ凄くないですか??? 最高速は380km/hを記録しています。

展示してあるマシンは1999年に3台製造されたレプリカの1台です。

ちなみに、↓コチラ↓は最高速用として制作されたストリームライナーのベースとなった”TypeC”です。同じく520psを発生するV16 スーパーチャージャーエンジンを搭載しているのに、この細いタイヤで340km/hは出たッというんですからドライバーはホントに命かけのレースだったと思います。

ッということで、今日で訪独ネタも終わりです。明日からはまた普通のブログに戻ります。

 

< 作業予約状況 >

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

まだ日本では・・・。

2017-02-06

今日も訪独の続きで、まだ日本未導入のAudiをご紹介です。

まずは、近々に導入される”Q2″です。

“8V A3/S3″と同じ生産ラインに流れている通りベースはMQBシャシの”A3 Sportback”ですが、A3と比べてもポップなデザインと立体駐車場に入るスペックでインテリアのクォリティも◎ですから日本でもメチャクチャ売れそうな予感がします。最初は1.4TFSI FFが導入されると思いますが、2.0TFSI quattroの”SQ2″も近い将来デビューするようです。

↑のようなポップなカラーリングもイイですが、↓2トーンカラー仕様↓ のダークなカラーの組み合わせもSUV感がアップしてコレも◎で、ボディカラーだけでも相当悩みそうです。

そして、↓コチラ↓も近々に導入される”Q5″です。

フロントフェイスは”4M Q7″にそっくりですが、縦横比の違いからコチラの方がシャープな印象でした。また、”8R Q5″と比べてプレスラインがシャープになったこともそう見える理由かもしれません。

サイドからリアもシャープさが強調されつつ、テールランプのデザインはしっかりとQ5らしいデザインが継承されて、”Q5″も売れるだろうなぁ〜

そして、そして、まだ国内導入が決まっていない”SQ7″です。

ドイツ本国では街中でもよく見かけました。ぜひぜひ”TDI”で導入して欲しい1台です。

ちなみに、フロントバンパー本体は”Q7 S-line”と共通でしたので、”AS Sport”ブランドで”Q7 S-line / SQ7用フロントスポイラー”の開発は決定ですねッ!!!

既に日本でも順調に予約が入っている”8S TTRS”です。

今回からロードスターも入ってきます。

前型”8J”みたいにグリルやバンパーASSYのコンバージョンが流行りそうです。コチラも導入されたら”AS Sport”ブランドで”フロントスポイラー”の開発は決定していますッ!!!

リアもしっかりと”TTRS”らしいデザインですが、フロントスポイラーに合わせたアイテムを何か検討しよーーーかなぁ・・・と考え中です。

そして、”R8 スパイダー”です。

“4SA”はドイツ本国でもキャラクター的にもスパイダーの人気があって、”Audi Forum”でも納車待ちのクルマを多く目撃しました。

当店でも既に予約している方も多い”A5/S5″です。

インゴルシュタットの街中でも走っている姿をよくよく見かけました。フロントフェイスは新鮮な印象ですが、リアはこれまでの”A5″が残っていますがNon S-lineバンパーにはグルッとメッキモールが配されているのでその仕様だとエレガントな印象がアップした感じです。

そして、そして、ドイツでは驚くほどカブリオレなアウディを見ました。ココはハワイかッ???と思うほど・・・。

ですから当然”A3 カブリオレ”も人気の1台です。まぁーーーコレは日本には導入されないでしょうね・・・。

後日、日本でほとんどと言っていいほど見ることのないクラシックアウディもご紹介したいと思います。

 

< 作業予約状況 >

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

どちらにしよーーーかな ♪

2017-01-28

今年乗り換えを検討されている方々でよくよく聞くのが、”S5SBとRS3 Sedan が気になってるんですよね”ッという話・・・。

しかも、どちらにしよーーーか悩んでいる方が 1人、2人じゃないところも面白いですね。

確かに、確かに、どちらも上半期にリリースされるアウディですし、プライスゾーンも近く、悩む理由もわかりますッ!!!

S5は前モデルよりキビキビ感がアップして、RS3は前のモデルよりもドッシリ感がアップしましたし・・・。

それでもロングクルージングならS5、ワインディングならRS3に僅差ながら軍配が上がりそうです。

いずれにしろ当店では人気モデルになりそうな予感ですから、カスタマイズのご相談はお気軽にどうぞッ!!!

ちなみに、RS3 SedanをベースにRS3 LMS ルックなんていうのも製作可能かも・・・。だって、”RS3 LMSは公道走行可能ですか??”ッというお問い合わせが意外と多いのですからね〜

そのあたりの詳しい構造を明日からドイツで確認してきまーーすッ!!!

 

※ 1/29〜2/5 はドイツにて”Audi Sport customer racing”テクニカルトレーニングのため、ご予約を頂いている作業のみの対応となります。お問い合わせのご返答にもお時間の要する場合があります。また、2/4は臨時休業となります。ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年1月

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

灰・・・お休みとさせて頂きます。

“新ブログ” スタート!!!

2017-01-16

今月末で丸7年になる”みんカラ+”ですが、いょいょ卒業の日が近づいてきました。

ッということで、本日より新ブログをスタートしました。ぜひ ↓アドレス↓ をご登録頂ければ幸いです。

 

 

丸7年のアーカイブが観ることができなくなってしまうのがメチャクチャ残念ですが、3月にリニューアルする ↓ホームページ↓ では一部をギャラリーなどでご紹介できるように準備中です。

尚、これまでブログ経由で頂いておりましたメッセージ等も全て1/末日で機能しなくなってしまいます。お問い合わせ等は info@kreis5.jp まで宜しくお願いします。

 

 

< 作業予約状況 >

2017年1月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

灰・・・お休みとさせて頂きます。

“東京オートサロン2017” に行ってきました。

2017-01-14

年始恒例の”東京オートサロン2017″に行ってきました。各メーカーから新作モデルが発表されることもありますので、注目のアイテムをご紹介です。

昨年から”BBS ホイール”のオーダーメイドシステム”MY BBS サービス”を開始させて頂きまして人気No.1はジュラルミン製ホイール”RI-D”となっていますが、RAYS社からもいつにジュラルミン製ホイールが発売となりました。

サイズラインナップは 10.0×20 ET30 のみとなりまして数量限定生産となります。対象車種は 8T A5/S5・4G A7/S7 です。ご予約お待ちしております。

 

そして、お次は”RECARO”ブースです。

ファブリック表皮がメインだった“SR-7/SR-7F”センター:シャイニングメッシュ素材 + サイド:レザー表皮 を採用したNewバージョンが発表となりました。これまでの”SR-7/SR-7F”よりもグレードアップ感が◎ですし、なんと言ってもリーズナブルなプライス設定ですから多くの方に装着して頂ける予感がします。カラーバリエーションは ↑↑↑ の4カラーです。コチラもご予約お待ちしております。

 

そして、毎年限定カラーが登場する”RECARO”ですが・・・。

2017年はグリーン です。”SR-7/SR-7F”にも設定されます。

もろちん、”Sportsear”にも設定があります。奇しくも当店のイメージカラーに近い色合いです。ぜひぜひどなたかいかがでしょうか???

そして、そして、“アクラポビッチ ディーラートレーニング”にも参加してきました。

来日した本国スタッフからアクラポビッチの技術・哲学などを勉強させて頂きました。少しの時間でしたが、アクラポビッチの高い性能・品質の良さがよくわかるトレーニングでした。

 

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031