エクステリア

A5? S5? RS5?

2018-03-25

8T A5 Coupe 最終限定車 “コンペティション”ですが、純正は左側出しマフラーにグロスブラックのリアディフューザーという仕様です。

今回は S5純正リアディフューザーをグロスブラックペイントさせて頂き、MILLTEK キャタバックエキゾーストを装着です。

A5 2.0TFSI用のエキゾーストですとセンターパイプ以降を交換するタイプがほとんどですが、MILLTEK製はその前のフロントパイプから換装するタイプとなっています。ですが、低速トルクもしっかりと確保されていますし、高回転での伸びもあるのが◎です。以前にインストールさせて頂いた “revo Technik ECUステージ1″との相性も◎です。

そして、限定車”コンペティション”なのでブラックグリルが装着してありましたが・・・。

S5 ブラックグリルに換装して、フォーリングスエンブレムはブラッククロームペイントをして装着です。S5エンブレムがあった位置には後日別のエンブレムを装着予定です。ちなみに、限定車”コンペティション”はフロントバンパーがRS5にも似た専用デザインになっているんです。なので、今回装着させて頂いたS5純正アイテムも含めると A5? S5? RS5? という感じになります。笑

併せて、フロントフェンダーの”S-line”エンブレム、リアのフォーリングスもブラッククロームペイントしました。

次は、さりげないカーボン系のアイテムを数点投入予定です。

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

2018年 4月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。“AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

さりげない雰囲気が好きな方に

2018-03-23

春になってエアロのお問い合わせと取付が急増中です。

コチラの “8V S3 Sedan フェイスリフト前” もそんな1台です。

ッということで、“AS Sport フロントスポイラー” を取付させて頂きました。

< ↑ Before ↑  _  ↓ After ↓ >

左右とセンターの3ピースとなっています。グロスブラックにペイントしたセンターこそ純正よりも前に突き出していますが、ボディ同色にペイントした左右部分はセンターにむかって上がっていく純正デザインを補正する程度するだけで、むしろ下部にむかって内巻きのデザインになっています。

派手な印象はありませんが、さりげない雰囲気が好きな方に装着して頂ければ嬉しい限りです。

ちなみに、最低地上高はほとんど変化なしです。

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

2018年 4月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。“AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

“VOSSEN HF-1 21inch”ッ!!!

2018-03-15

コチラの”4G S6″ですが、既に ロアリングKITにてエアサスペンションはローダウン済です。今回はタイヤ&ホイールを新調して頂くことになり、ツライチにしてッというオーダーでしたので、まずは“アムテックス 調整式フロントアッパーアーム”を装着させて頂きました。

リアサスペンションは車両側にある程度の範囲でキャンバー角を調整する機能がついていますが、フロントはその機能がないのでコレを使って矯正です。多くの場合は、キャンバー角を抑えることでタイヤの偏摩耗・アライメント値の正常化のために装着します。

そして、新調して頂きましたホイールは発売ホヤホヤの “VOSSEN HF-1 21inch”ッ!!!

まだ日本国内にも数台分しか入ってきていません。近々のオフ会に履いていきたいッということからのご依頼でしたが、コレほど旬なホイールはありません。ありがとうございました <(_ _)>

“HF-1″から”コンケーブが FLAT → DEEP → SUPER DEEP となりました。今回、フロントは S6純正ブレーキキャリパー を逃げるために FLAT、リアは 同じリム幅ながら装着可能な DEEP をチョイスさせて頂きました。

また、ディスクカラーはSTDカラーのカーボングラファイトだと少しスポーティーな印象が強いかなぁ・・・と思ったので、カスタムカラーで マットグラファイト をチョイスしました。

そして、組み合わせるタイヤは “MICHELIN パイロットスーパースポーツ 通称 PSS” です。

前後ともにキャンバー角を起こした効果もあって、”直進の安定性が別格で、行きより帰りの方が疲れませんでした” ッとインプレを頂きました。

新しいホイールが登場すると正直 ビビッとくるホイール と あまりビビッとこないホイール がありますが、”HF-1″はもちろん後者でした。

ディスクカラーによっても見える印象が異なってくると思いますし、ちょっとひと手間を加えたらさらに・・・というアイデアもあります。また、ビレッドセンターキャップも追加になって個性を発揮することも可能です。

そして、“revo Technik ECU ステージ1”もインストールさせて頂きました。

“乗りやすくて、いつものように踏んでいくと10km/h以上スピードが乗っている”ッとインプレも頂きました。乗りやすい とか 排気量が大きくなったという感覚が “revo Technik” の共通した印象です。

また、追加で “GRD カーボンドアミラー”も装着させて頂きました。いろいろとありがとうございました <(_ _)> 次メニューはロングドライブがもっと疲れにくくなる”RECAROシート”でいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

2018年 4月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。“AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

プチ・イメージチェンジ

2018-02-02

デモカー “8X S1” をラッピングでプチ・イメージチェンジしてみました。

モチーフは “Audi Sport quattro S1 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム 1987仕様”

このクラスには  MINI がいて ルーフ・ドアミラーをはじめサイドデカールなどなどポップなカラーリングが用意されていますから S1/A1 もラッピングで楽しんじゃうのもアリじゃないですかね〜

3色ラインは一直線だと芸がないかなぁ・・・と思ったので、フロント部分は右側にオフセット、リア部分は左側にオフセット、ルーフトップで切り替えッとしてみました。実は今シーズンから Audi Sport GmbH からデリバリーされる RS3 LMS / R8 LMS GT4 出荷時のカラーリングがルーフで反転したいのをみてヒントにしてみました。

今回は “レッド / シルバー / ガンメタ” という3色にしてみましたが、ボディカラー次第でいろんな組み合わせもアリですからぜひぜひいかがでしょうか??? もちろん、ラッピングで コントラストルーフ や “A1 quattro”のようにリアゲートの部分をブラック化することも可能です。

ちなみに、見慣れてくるとサイドにワンポイント欲しくなってきました・・・。レーシングカーでないのでゼッケンはオシャレじゃないし、ブランドロゴを並べるともチューニングカーぽくッて 無しかなぁ〜 ッということで、次のアイデアを熟考中です。

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

乗り換え〜

2018-01-26

年末に 8V S3 Sedan → 8V S3 Sportback へ乗り換えられて、まずはスタッドレスタイヤを新調させて頂きました。

チョイスさせて頂いたのは “MICHELIN X-ICE XI3” です。ミシュランと言えばフランスのメーカーですが、日本で発売しているスタッドレスタイヤは日本で研究・開発・テストされていますから日本の雪質や路面環境にもバッチリと適している点も◎です。

そして、低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″に、“pb製 TVキャンセラー”に、“PLUG ISC” など定番アイテムを装着させて頂きました。

また、前車で装着して頂いていた “KW Ver.2 車高調サスペンション” を移植させて頂きました。

そして、納車前からディーラーさん推奨のボディコーティングではなく、“GYEON ボディコーティング”をご予約頂いておりました。

最終的なクォリティの中でも70〜80%は下処理の”磨き”で決まってしまいます。20年以上の磨き歴のある専任スタッフが “コンパウンド” “ポリッシュ” “プライマー” と”GYEON”指定の液剤で磨き上げていきます。

“プライマー”の定着を待って ベースコート材 “GYEON Mohs” を 3層、トップコート材 “GYEON Booster” を 2層 を塗付していきます。硬度も9Hですから塗装に傷が付いてしまうことも大幅に抑止できます。

また、ウィンドコーティング “GYEON VIEW” を全てのウィンドに施工させて頂きました。

新車は納車から3ヶ月以内であれば、10%OFFの新車割引がありますので、ぜひぜひこれから新車が納車ッという方は宜しくお願いします。

 

< 作業予約状況 >

2018年1月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031