ホイール&タイヤ

Sportback → Sedan

2018-07-15

RS3 Sportback → RS3 Sedan に乗り換え組です。

ッということで、これまで装着していたパーツの移植から・・・

MQBシャシ剛性の高さから若干ハードレートのスプリングを採用してもしっかりと脚が動いて、速度レンジが上がっても安定感が定評の“AS Sport 車高調サスペンション”です。

Sportback → Sedan に変更になったことでリアの動きが若干マイルドになったとインプレを頂きました。これから”cpm ロアフォースメント” “034Motorsportマウントインサート” “EUROCODEリアタワーバー”などなどシャシ系アイテムを上手く組み合わせていくことで、さらにトラクションにも余裕が生まれるかと思います。

そして、今春に惜しまれつつ廃盤になってしまった“RECARO TS-G”も移植です。座った瞬間に “やっぱり純正シートよりもコレの方がしっくりくるッ!!” と満足感◎なアイテムです。

そして、“AS Sport ブレーキパッド AS600”も換装させて頂きました。RSモデルをターゲットにワインディングなどをハードに走行する方に人気のタイプです。

また、ジュラルミン素材の“BBS RI-D” & “POTENZA RE71R” の組み合わせも継承されました。

Spotrbackに装着していた時にはかなりパツパツのオフセットでしたが、Sedanに移植するとフェンダー形状が少し違うために 少し大人しめでオールマイティなオフセットになりました。

エンジンのナラシも完了したので、”Moty’s E/Gオイル 5W-40″相当に交換して、次回は電装系アイテムの移植です。

“revo Technik ECUステージ” “EVENTURI カーボンインテーク”というメニューもオススメです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 7月

2018年 8月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

早10年・・・まだまだ現役です!!

2018-07-05

かれこれ10年前にブリヂストンさんに造って頂いた “prodrive GC-05K” プロトサイズのホイールで、デモカーTTSに装着していた世界に4本しかないホイールです。市販になったサイズよりもセンター部分の湾曲が強いのが特徴です。

ッで、一番最初は ↓グロスブラック↓ で・・・

その次は、ランボルギーニ純正 ↓ ライムグリーン 3コートパール ↓ になって・・・

“8J TTRS”のお客様にお譲りして ↓ グロスレッド ↓ にリペイントして・・・

ガリ傷とペイント剥がれが増えてきたので・・・ 今回、大リフォームを決行です。

まずは全ペイントを徹底的に剥離し、ガリ傷を修正して、磨いてもらいます。

リムのトップ面はブラッシュド、スポークサイド面サイドはミラーポリッシュとメタル感200%の仕上がりです。

作業をいつもお願いしている東海ビレットさんから “この時点でかなり綺麗だけど、この上からペイントしてイイだよね???” という確認が・・・

そして、惜しまれつつ キャンディレッド にペイントして頂き、また”この時点でかなり綺麗だけど、更にペイントしてイイだよね???” という再確認が・・・

そして、そして、マットクリアぺイントをして “サテンキャンディレッド” 完成です。

よーーーく観るとブラッシュドが透けて見える絶妙な仕上がりです。

ッで、やっと”8J TTRS”に装着させて頂きました。これまでのグロスレッドはビビッドでスポーティーな印象でしたが、同じレッド系でもシックな仕上がりにオーナーさんにも喜んで頂きました。ありがとうございました  <(_ _)>

そして、そして、ただいま “HRE S101” もガリ傷修理・リム交換中です。コチラも5年経ったので、これを機にカラーチェンジとなりました。完成してくるのが今から楽しみです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 7月

2018年 8月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

新車からカスタマイズ

2018-06-03

以前 4F RS6 でいろいろとカスタマイズさせて頂いていた方がお買い物クルマとして “8V A3SB” をご購入になり、早速新車からカスタマイズさせて頂きました。

ほど良くローダウンということでしたので “KW ストリートコンフォート” をチョイスです。スプリングだけでもローダウンできますが、乗り心地などを考えるとやはりショックアブソーバーも含めたASSY交換に断然軍配があがります。

ショックアブソーバー内部は繊細なパーツが多く使用されていますので、KW社がリリースしているハゼット製 専用ツールを使ってエアツールなどは使用せずに、丁寧かつ確実に組み付けることが本来の性能をしっかりと発揮させる第一歩だったりします。

そして、ホイールは “ロティフォームBLQ 19inch”をチョイスして頂きました。独創的なメッシュデザインですが、ブラックなボディに映えるようなマシンニングシルバーが◎です。

そして、そして、組み合わせるタイヤは “MICHELIN パイロットスポーツ4S” です。どんなにイイ脚を入れようが、どんなにパワーアップしようが全てはタイヤの性能で走りは大きく左右されます。トータルバランスに優れた”MICHELIN パイロツトスポーツシリーズ”は当店イチオシのタイヤです。この頃は何も言わず “タイヤはMICHELINで・・・”ッとおっしゃって頂く方が多くて嬉しい限りです。

また、低ダストブレーキパッド “AS Sport AS500″、pb製 TVキャンセラー、アイドリングストップキャンセラー “PLUG ISC” など定番アイテムも装着させて頂きました。ありがとうございました <(_ _)>

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 6月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

“AS Sport ASF-04” or “VOLKRANING G27” と1年を通して・・・

2018-05-27

“AS Sport” 鍛造ホイールシリーズは、ASF-05 がMade in JAPAN オリジナル、ASF-01/02/03/04 が BC Forged製 となりまして、今のように BC Forged がメジャーブランドになる5年前ほどから採用しています。

コチラの”8T A5SB”ですが、以前から装着して頂いている “VOLKRCAING G27” を サマー用→ウィンター用 に変更に伴って “ASF-04 19inch” を新調して頂きました。

スポークエンドがリムエンドまで伸びていて、コンケーブも深くとれることを理由にチョイスする方が多いホイールです。また、サイズもオーダーメイドですから既に装着している STOPTECH とのマッチングも確認した上で最大限のコンケーブというオーダーをしました。

“AS Sport フロントスポイラー&サイドスカート”との相性も◎ですし、マットブラックカラーでより一層スポーティな印象になりました。フロント側からリアホイールを観てもコンケーブの深さがわかりますッ!!!

タイヤは MICHELIN と人気を二分する “ADVAN Sport V105″ をチョイスして頂きました。前回が MICHELIN PS3″ でしたら履き比べた印象の違いも楽しみです。

リアセクションは GARBINO リアディフューザー & AS Sport エキゾースト” のブランドMIXな組み合わせですが違和感ゼロです。

コレで “AS Sport ASF-04” or “VOLKRANING G27” と1年を通してスタイリッシュな1台となりました。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 5月

2018年 6月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

22inch → 24inch

2018-05-07

“VOSSEN CVT 22inch” を装着して頂いていた “4M Q7” ですが、2セット目のホイールは同じVOSSENでも鍛造シリーズ “VOSSEN VPS307T” です。

削り出しならではのエッジの効いたスポーク、左右非対称の形状、ディスクカラーはブラッシュド・ライトスモーク ッとVPSシリーズらしさ満点のチョイスです。

さらに 24inch・・・ タイヤも国内未導入の ピレリ P ZERO 275/25-24 です。

24inchは単体で見ると流石に大きさを感じましたが、Q7に装着してみる意外としっくりと収まっています。以前はグリルとサイドパネルもブラックアウトなんてッ構想もありましたが、今回のホイールチョイスだとグリルとサイドパネルのシルバーとの相性も◎です。

ちなみに、1セット目のホイール “VOSSEN CVT 22inch + YOKOHAMA PARADA”の嫁ぎ先を募集中です。純正TPMSセンサーも装着してあります。

ちなみに、ちなみに、左右対称デザインの”VPS-307″は”4H S8″に装着実績有りです。コチラは純正OPTを活かした21inchです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

 

< 作業予約状況 >

2018年 5月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30