サスペンション

ほぼ2択ッ!!!

2018-11-11

“ストリートコンフォート” or “Ver3”

当店で “4G A6” のサスペンション換装といえば、ずーーーとこのKW社からリリースされている車高調サスペンション中で ほぼ2択状態 です。

前者は “思った以上に純正の車高が高くて、そんなローダウンするつもりは無いんですが・・・”ッという方 や 純正サスペンションのリプレイスメントとしてチョイスして頂くことが多く、後者は “高速道路で安心して踏めるようにしたい”ッという方にチョイスして頂く傾向があります。

そして、今回の “4G A6 2.0TFSI quattro” には “KW Ver.3” を装着させて頂きました。

“Ver.3″の特徴はなんと言ってもショックアブソーバーの減衰力が伸び側・縮み側を別々に調整できるところにあります。

ショックアブソーバーの役割は、アームと共にサスペンションの骨格としての役割が1つ、スプリングが伸び縮みし続けようとする力を抑える役割が1つです。

ただスプリングは縮むことで路面からの入力しますから縮み側の減衰力を強めにしてしまうと突き上げ感に直結してしまいますので、一旦縮ませてそこから伸びる動きを抑制するッというのが理にかなっています。ですが、コーナーリング中は左右の脚が片方が縮んで、片方が伸びるッという動きをしますから伸び・縮みのバランスをとることも重要です。

そういった意味で “Ver.3” は多くの方にご満足頂けるよう調整幅を広く持ち合わせている脚として人気です。

そして、ブレーキパッドは低ダストブレーキパッド“AS Sport AS500”に換装です。予定外にローター交換の必要性も発生しましたので、“DIXCEL PDローター”に換装させて頂きました。

4H A8/S8純正21inchホイールとも相まって引き締まったフォルムになりました。

ちなみに、4G A6/A7 2.0TFSI quattroの方には “revo Technik ECUステージ1” もご用意可能です。走りに余裕が生まれますのでオススメです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 11月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

RS3だけでなく、S3でも人気ですッ!!!

2018-10-28

8K A4 Avant → 8V S3 Sedan への乗り換えで、前者では “KW DDC 車高調サスペンション” でしたが、後者では “AS Sport 車高調サスペンション” をチョイスして頂きました。

当店で装着する車高調サスペンションは “KW”と”AS Sport” の2択状態ですが、MQBシャシでは圧倒的に “AS Sport” 率が高くなっているこの頃です。ッとは言え、”8V RS3用 KW Ver.3″・”8S TTRS / TTS用 KW Ver.3″ も在庫していますが・・・笑

“AS Sport 車高調サスペンション”は S3と RS3 でも仕様がバネレート違いますが、それぞれ Sedan と Sportback でも仕様が違います。もちろん、よりサーキット走行寄りの仕様にしたいッというご要望があれば、最初からご希望に沿ったバネレート仕様にすることも可能です。

MQBシャシは剛性が高く、034Motorsport製マウントインサートやcpmロアフォースメントと併用することで、高いバネレートでも快適性を両立できるところも◎です。

そして、既に “8V RS3 / S3” に “AS Sport 車高調サスペンション” を装着して頂いている方にお知らせです。フロントスタビの効き方がちょっと気になっていたので、近日中にスタビリンクの仕様変更をすることに伴って、無償で新タイプに変更させて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします <(_ _)>

ッということで、調整範囲のちょうど真ん中位の25mmダウンでセットさせて頂きました。ショックアブソーバーが全長調整式で、スプリング調整部も長く製作してあるので、車高調整幅が広いのも”AS Sport 車高調サスペンション”の特徴でもあります。

次はもっと走りに磨きをかけるために、鍛造ホイール+MICHELIN PS4Sあたりはいかがでしょうか???

ちなみに、8S TTRS用・8S TTS用のモニター募集中です。ご興味のある方は info@kreis5.jp までお問い合わせください。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 10月

2018年 11月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

まだまだ乗り続けるためのリフレッシュ

2018-10-11

80,000km走った純正ショッアブソーバー&ローダウンスプリングから “KW Ver.3 車高調サスペンション” に換装です。

もちろん走行距離的にもフロントアッパーマウントブッシュも本来の機能を失っていますから “034Motorsport アッパーマウントブッシュ” に交換です。

“KW Ver.3″はショックアブソーバーの減衰力が伸び側・縮み側を別々に調整できるので、タイヤ・ホイールや走り方に合わせてセッティングすることが特徴です。ストリート走行でしたら多くの方にご満足頂ける脚です。

今回も純正ショックアブソーバーにローダウンスプリングの組み合わせからの交換でしたので、バタバタ感が改善されました。

そして、タイヤも “MICHELIN PS4S” に換装させて頂きました。他のタイヤから履き替えた瞬間にタイヤの性能差がハッキリとわかるッと多くの方に高い評価を頂いています。

また、ブレーキパッドもストリートスポーツタイプ “AS Sport AS600” に交換です。RSモデルをターゲットにワインディングなどでの性能を追求したタイプですので、コチラも多くの方に評価頂いています。

今回は車検と併せて、まだまだ乗り続けたいのでッということでサスペンション周辺をリフレッシュさせて頂きました。このサイズでココまでハイパフォーマンスのクルマも希少ですからそう言った方も多いかと思います。ぜひぜひお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 10月

2018年 11月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

8W に続いて 8K にも

2018-10-07

先日の 8W S4 に続いて 8K S4 にも “KW ハイトアジャストスプリング” を装着させて頂きました。

純正ショックアブソーバーを使用するので、ドライブセレクトのサスペンションモードがそのまま活かせるというのがメリットです。

走行距離の少ないクルマでしたが、フロントアッパーマウントブッシュは “034Motorsport ストラットマウント” に交換です。

ちなみに、左が純正既存品、右が034Motorsport製 です。

これまで多くの 8K S4 に装着してきたスプリングKITですが、純正ショックアブソーバーが寿命を迎えたら2SET目の脚として “KW Ver.3” にバージョンアップという方がほとんどです。その目安としては装着後 30,000km前後ッといったところでしょうか。

純正から20-25mmダウンでセットさせて頂きました。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 10月

2018年 11月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

やはりMQBシャシの恩恵はかなりデカい

2018-10-04

サスペンション換装のブログが続きます・・・そして、RS3 Sedan + AS Sport 車高調サスペンション の組み合わせもダントツの人気No.1です。

他メーカーのサスペンションKITと比べるとバネレートが高い傾向にある AS Sport 車高調サスペンション ですが、やはりボディ剛性が飛躍的にアップしたMQBシャシの恩恵はかなり大きく、バネレートが高くてもしっかりと脚が動くので乗り心地が硬いッという印象はありません。

さらに、”034Motorsport リアサブフレームマウントインサート” “cpm ロアフォーメント” などを組み合わせると脚の動きを100%引き出すことができるようになります。

さらに、“034Motorpsport アッパーマウントブッシュ”を併用することでビックリするくらい回頭性が良くなってグィグィとコーナーを曲がっていける脚になります。

リアサスペンションのセッティングがキマッているか、キマッていないか・・・で踏める脚か、そうでないか、が決まります。AS Sport 車高調サスペンションは共通してその点を重視してセッティングされています。ちなみに、RS3 Sedan用 と RS3 Sportback用 では仕様を変更している拘りようです。

もともとリアが少し下がり気味のクルマでしたので、フロント25mm・リア20mmダウンでセットさせて頂きました。全長調整式のショックアブソーバーを採用していますので、さらにローダウンしてもストローク量はキッチリと確保されていることもこの脚の特徴です。

そして、そして、ご要望の多いローダウン前提のRS3 Sedan専用ホイールですが、ただいま RAYS社 VOLKRACING TE037 でオリジナルサイズの開発を検討中です。

サイズは 245/35-19にも対応できるように 9.0×19 で、インセットを ↓↓↓ これくらいに留めておくか? もう少しガンバッテみようか? どうしたもんでしょう???

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 10月

2018年 11月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031