サスペンション

待ちに待った1台ッ!!!

2017-08-13

手前は、100,000kmを目前に “サスペンションO/H + 仕様変更” “ブレーキシステム brembo → STOPTECH トロフィKIT” などなどリフレッシュ作業待ちの”8J TTRS”

奥は、待ちに待って納車となりました”8S TTRS ロードスター”

これまで TTRS/TTS のロードスターは日本国内に未導入でしたが、事前に8S TTRSは国内導入があるッという情報がありましたで、その時点から考えると1年弱も待っての納車です。

今後、当店でよくよく見る光景になるであろう 新旧 “TTRS” ですが、今回は “8S TTRS ロードスター” の方をご紹介です。

まずは、サスペンション換装です。

チョイス頂いたのは、バッチリTTRS対応になっている “KW Ver.3 車高調サスペンション” です。

伸び側・縮み側の減衰力を独立して調整できることから低速〜高速域までフラットライドな乗り心地を実現することができる脚です。

とりあえずはメーカー推奨値でセットしましたが、純正サスペンションよりも突き上げ感が軽減されつつも、確実に路面に掴んでトラクションがしっかりと掛かっている感触です。

オーナーさんからも “しなやかで乗り心地最高です” とインプレを頂きましたが、ショックアブソーバー / スプリング共に慣らしが完了したら、じっくりとセッティングを煮詰めていきたいッと思います。

そして、4pot → 8pot になったフロントキャリパーを外して、カラーチェンジです。

まずは、フェイス面の”RS”ロゴとクリア塗装を研いで落とします。

塗装色の発色がよくなるように、一旦ホワイトに塗装です。

そして、”ライムイエロー”にペイント、ロゴを貼付、クリア塗装・・・という工程です。

ッということで、無骨な印象の純正キャリパーがオシャレに変身です。

明るいカラーなのでホイールの内側でも存在感は◎です。

もろちんリアキャリパーもペイントしましたので、クリーンな状態を維持できるようにブレーキパッドは前後共に低ダストタイプ “AS Sport AS500” に換装しました。

そして、お次はインテリアです。

まずは、“レイヤードサウンド 4ch”を装着させて頂きました。

ロードスターですから室内空間はかなりコンパクトなのに4chとは贅沢ですが、オープンにした時にもフロントピラーとロールバー近くに装着したレイヤードサウンドのドライバーからハッキリとサウンドが聞こえますので、やはりロードスター / カブリオレには”4ch”がオススメですッ!!!

また、今回は “レイヤードサウンド +C ウーファー”も装着させて頂きました。

トランクに装着しても効果が薄いのでちょっと取付する場所に苦労しましたが、コンパクトなユニットなのでドライバーズシートの後ろに装着です。

ドライブレコーダーは “BREX BCC510” を装着です。走行中だけでなく、駐車中もしっかりと監視してくれます。

そして、レーダー探知機は定番 “ユピテル A720” です。

ッとここまでで第1弾の作業が完了です。

8J TTS に装着していた “AS Sport ASF-05″ホイールを仮に装着してみました。

8J系と比べるとサスペンション・ブレーキ・フェンダーの位置関係に余裕ができましたので、若干ですが奥行き感のあるホイールも8S系は履けそうです。

ロードスターだとクーペにはないエレガントな雰囲気もあって◎です。

本チャンのホイールはコチラですかね??? ディスクカラー、アウターリムカラー、インナーリムカラーなどもチョイス可能ですから悩んでいる時間も楽しいもんです!!!

ちなみに、今回”ボディコーティング”のご依頼も頂いておりましたが、来月から新導入するメニューの第1号車としてご予約頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

ちなみに、ちなみに、revo technik からはステージ1、EVENTURI からもカーボンインテークがリリースされる予定です。これから8S TTRSは楽しみがたくさんですッ!!!

 

14日〜17日までは夏季休業とさせて頂きます。18日(金)からは通常営業です。

上記期間のお問い合わせは info@kreis5.jp まで宜しくお願いします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“Super Performance”

2017-07-29

納車直後の”4G RS6 Performance”ですッ!!! ノーマルでも 605ps/750Nm にチューンナップされたモデルです。

ッということで、これだけのパワーを活かして走ると標準DRCサスペンションもショックアブソーバーオイルが制御されてロールを抑えるには僅かながらタイムラグが気になってきますので、“EUROCODE スタビライザー” & “AS Sport リジットスタビリンク” で物理的にロールを抑制します。

もちろん、シャシ補強として“cpm ロアフォースメント”はマストアイテムです。

そして、早速 “アクラポビッチ フルチタンエキゾースト”を装着させて頂きました。”4G RS6″用エキゾーストとして性能・ルックス・サウンドどれをとっても最高の1本です。

リアディフューザーはOPTのカーボンPKGとなっていますが、そこにアクラポビッチのカーボン&チタンのテールエンドッ!!! それ以上言葉はいりません。

実は前車もアクラポビッチを装着されていましたので、 “やっぱりこの音はイイですね〜” ッと早速オーナーさん自ら動画を撮られていました。

そして、今回は “AWE Tuning リモートスイッチパス” を併用させて頂きました。ドライブセレクトのモードとは完全に切り離して排気バルブをリモコンのON/OFFで開閉することができます。

そして、純正の制御だとエンジンスタート時にはどうしても一瞬バルブが開いてしまうんですが、このリモートスイッチパスを使ってエンジンオフ時にリモコンを”OFF”にしておくと・・・次のエンジンスタート時にはバルブは閉じたままになります。

駐車場で朝早くエンジンスタートする時にちょっと気が引けていた・・・なんて方にはメチャクチャ便利な機能です。

そして、そして、”revo technik ソフトウェア ステージ1″も適合確認がとれましたので、インストールさせて頂きました。

前車もECUチューニングされていたので、例え Performance モデルであっても”なんだかエンジンが、もさぁーーーーとしている感があって・・・”ッという印象だったようですが、”reco technik ステージ1″をインストール後は “クルマがメチャクチャ軽くなって乗りやすい”ッというインプレッションを頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

一応メーカー公表値は 684ps/902Nm ・・・ “RS6 Super Performance” です。次はホイールでしょうか??? あッ!! もうすぐ “EVENTURI カーボンインテーク”も入荷予定です。

↑↑↑ が “RS6 Super Performance” ならば、近日中に “RS6 ULTRA Super Performance” を製作します。既にタービン直後からは MTM フルエキゾースト を組み込んでありますが、今回は・・・

“LOBA LO800 4.0 TFSI Turbocharger” & “LOBA High-Pressure Fuel Pump P40” を使用して 800ps近くのポテンシャルを狙います。ホントはそれ以上も可能なのですが、ミッションがそれ以上ちょっと厳しいんです・・・。ピークパワーだけを求めても乗りにくくなってしまうのでトルク重視の踏み抜ける仕様にするつもりです。ちなみに、コチラの仕様のECUチューニングは現車セッティングです。最終の実走行が楽しみでもあり、恐怖でもある1台になりそうな予感です。

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

選りすぐりアイテムばかりッ!!!

2017-07-26

“AS Sport フロントスポイラー”を皮切りにE/Gオイル交換などでお越し頂いておりますコチラの”4G S6″ですが、今回はたくさんのメニューですッ!!!

まずは、エアサスペンションでローダウンする方法といえば “iid ロアリングKIT”です。

車高を認識しているロッドを調整式に換装することで、設定車高を変えることができます。もちろん、MMI内での”車高を上げる”or”車高を下げる”機能は使えますのでエアサスペンションの機能をスポイルすることもありません。

そした、ローダウンするとフロントのキャンバー角度がついてしまいますので、“調整式アッパーアーム”を装着してアライメント補正をします。特に長距離を乗る方にはタイヤの寿命に違いが大きく出ますのでオススメです。

“cpm ロアフォースメント”も装着です。ブログを読んで頂いている方々にはもう説明の必要もない定番アイテムです。

そして、そして、”カプラーONタイプ ダイナミックウィンカー”です。

テールランプと車体の間のハーネスに割り込ませることで、フェイスリフトモデルのような”流れるウィンカー風”になります。

ちなみに、いまのところAvantのみ対応です。

お次は、“アクラポビッチ フルチタンエキゾースト” です。”Audi Sport Perfomance Parts”にも採用されているハイパフォーマンス&ハイクォリティなエキゾーストとしては敵無しッ!!!

もちろん純正排気バルブ対応です。

その排気バルブの開閉ですが、アクラポビッチ付属のユニットを使ってドライブセレクトである程度はコントロールできますが、完全に”開閉”はコントロールできません・・・。

ッということで、”アクラポビッチ”に付属しているバルブコントロールユニットは使わず、“AWE Tuning リモートスイッチパス”を装着させて頂きました。

これによって、リモコンのON/OFFで完全に排気バルブのコントロールが可能になりました。

また、嬉しい発見が1つッ!!! エンジンを切る前にリモコンを”OFF”にしておくと、次にエンジンスタート時にも排気バルブが”閉”のままになります。純正はエンジンスタート時に一瞬排気バルブが開いてしまうので、”朝イチのエンジンスタートがご近所迷惑なんだよな・・・”ッという方には朗報です。

そして、そして、Audi Motorsport 直系 “OZ 鍛造ホイール ZEUS HLT” 20inchです。

本来 “4G S6” サイズの設定はありませんが、カスタムメイドサービスで製作して頂きました。

組み合わせたタイヤは”ADVAN Sport V105″です。まさにハイパフォーマンスでロングツアラー向きの”4G S6″にはピッタリの性格なタイヤです。

決して派手ではないですが、”アクラポビッチ” “OZ ホイール” “ADVAN” とアウディ純正でも採用されている選りすぐりアイテムばかりを装着して頂きました。ありがとうございました。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

タイヤにも優しく、ルックスも◎

2017-07-22

“KW ストリートコンフォート”を装着して頂いていますコチラの”4G A6″ですが、フロントタイヤの偏摩耗を抑えるために“調整式アッパーアーム”に換装です。

サスペンションの構造上ローダウンするとキャンバー角がついてしまい、真正面から見るとタイヤが”八の字”になります。そうするとタイヤの内側がより多く接地することになってタイヤの偏摩耗につながります。

リアについては、純正サスペンションの構成部品で調整機能がありますが、フロントにはその調整機能がないためにこのアイテムを追加装着する方が多くいらっしゃいます。

もろちん、換装後はアライメント調整も必須です。ちなみに、車高調サスペンション交換と同時でしたら作業内容が重複しますのでちょっとだけお得だったりもします。

そして、”乗り心地重視・ちょい下げ”がコンセプトの”KW ストリートコンフォート”ですが、それでも後席に乗るから方か”もうちょっと乗り心地がイイ方が・・・”ッという声があったようで、シャシ補強パーツの定番“cpm ロアフォースメント”を装着させて頂きました。

“補強”というと乗り心地が硬くなる印象があると思いますが、ボディがよじれるのを適度に抑えることでサスペンションが初期からしっかりと動いてくれるので結果として突き上げ感などの軽減につながります。”乗り心地”=”突き上げ感”と感じる方も多いので対策としては有効だと思います。

キャンバー角を起こしてくることでホイールもフェンダーいっぱいになりました。タイヤに優しく、ルックス的にも迫力がアップして◎です。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

これから一気に・・・。

2017-07-05

ちょっとスロースターターだった 新型 A4 のカスタマイズも A5 が加わったことで、これから一気に 加速しそうな雰囲気がしてきました。ッということで、コチラは A4 2.0TFSI quattro S-line Sedan です。

今回はローダウンのためにご入庫です。8K A4と比べると手持ちのデーターもまだまだ少ないので純正状態を測定してからの作業開始です。

8W A4 になってサスペンションの各部のアルミ化がまたまた進みました。そして、フロントと比べるとリアのサスペンション構造に変更があります。

今回チョイスしたのは “034Motorsport ダイナミック+ ロアリング スプリング” です。

コチラもまだまだ装着台数が少ないので、スプリング本体のスペックも測定しておきます。

フロントショック部分の構造自体は前型と一緒ですが、各部の組み付け精度が上がるような設計になっています。おそらく走行距離が伸びてきた時に違いが大きくでるかなぁッと推測できるような変更です。

リアはロアアームがアルミ製になったことによって、併せてスプリング異音対策とスムーズに動く対策もしっかりとしてきました。4G A6で少し対策はしていましたが、今回の改良で解決できた感があります。前型ではその可能性があるッとメーカーが認識していたという証拠で、今後車高調サスペンションに換装する場合に違いが大きく出る改良です。

そして、先日も”8W A4″に装着させて頂き、”新型なんでボディ剛性が高いだろうから 効果があるか??? という先入観があったんですが、ホントびっくりするくらい道路の凸凹がマイルドに感じます” ッというご意見を多く頂きました “cpm ロアフォースメント” も装着です。

もちろん、サスペンション交換後はアライメント調整は必須です。

そして、デイライトを “PLUG DRL” で点灯です。ちなみに、MY2018からはやっと標準でDRL点灯になるらしいです。

ッということで、S-line純正サスペンションからフロント20mm・リア15mmのローダウンとなりましたが、装着直後なので馴染んでくるともう少し下がって設計値の25mmダウンになってくると思います。

A4 STDサスペンションに装着した場合は前後50mm、A4 allroad quattroに装着した場合も前後50mmになる設計です。

乗り心地はS-line純正スプリングよりも突き上げ感がマイルドになった印象で、純正ショックアブソーバーとの相性も◎です。個人的には前後共に強化スタビライザーと併用することで乗り心地の良さをキープしながら回頭性がシャープになるかなぁッと推測しています。まだ、スタビライザー前後セットが各メーカーからリリースされていないので、今後リリースされたら組み合わせてみたいですね。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031