サスペンション

スッキリ、RSらしいフィーリングにッ!!!

2018-03-04

コチラの”4B RS6″ですが、購入されて3年あまり “ずーーーと真っ直ぐに走らないし、ステアリングがブルブル震える。新車があった当時に試乗した時にはこんなクルマじゃなかったような・・・” ということで ロアアーム・アッパーアームにドライブシャフトなどなどパーツを交換したらしいのですが、一向に治る気配無し・・・ ということで乗ることも嫌になりかけていたところで、”何とか治せませんか???”ッとご来店頂きました。

点検してみると上下の伸びるアップライトにタイヤが常時当たってるじゃないですか・・・。純正ホイールに、純正サイズのタイヤですし、本来ココとタイヤ&ホイール距離関係は変わることは無く、当たっていること自体がおかしいのでとりあえずホイールスペーサーを仮装着して走行したところ、症状に若干の変化はあったものの完治はせず、4B RS6 は純正ホイールも含めて路面の大きな凸凹でダメージを負いやすいことからアップライト自体が変形してるッという推測のもと新品と交換させて頂きました。

左右のアップライトとハブを交換したところ、これまで干渉していた丸印部分で15mmほどの適正なクリアランスになり、アライメントもキチンと適正値に調整したところ、RSモデルらしいどっしり感のある走りとステアリングフィーリングが復活です。

また、エンジンオイル・パワステオイル・クーラントもホントに若干ですが、にじみと漏れがありましたが、今回はワコーズ製ケミカルを投入して経過観測することにしました。

オーナーさんからは “ちゃんと真っ直ぐ走り、振動もなくなりました。三年近く悩みましたが、治ってほんとにスッキリしてます。ハンドリングも本当に調子よく生き返りました。古いですが、まだまだ大事にしていきたいクルマです” ッと喜んで頂けて何よりです。ありがとうございました <(_ _)>

現行車にはない年代ごとの味がありますから、ぜひぜひ今後もお付き合い頂ければ幸いです。

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。なお、”AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

なかなか変更する機会も少ないとは思いますが・・・

2018-03-03

〜3/5 受付分までキャンペーン対象の “KW 車高調サスペンション” です。

そして、首都圏で乗るには ジャストサイズセダン の “8V S3 Seden” です。

もし “S3 Avant” があったらもっともっと・・・と何度も思ったこともあります。

ッで、前回 “cpm ロアフォースメント” を体感試乗で装着して頂きましたコチラの”8V S3″ですが、今回は “KW Ver.3” を装着させて頂きました。

伸び側・縮み側の減衰力を別々に調整できる Ver3 ですから、突き上げ感を抑えつつ、フワフワ感もなくしたいッなどなどの調整が可能です。セッティングが決まってしまえば、なかなか変更する機会も少ないとは思いますが、例えば 冬は純正ホイールにウィンタータイヤ、それ以外の季節は軽量ホイールにハイグリップタイヤッという組み合わせでどちらも走りを求めたいッという場合などには減衰力調整もできるVer3が ◎ かと思います。

そして、ローダウンすると構造上ホイールが少し内側に入ってしまいますので・・・

ホイールスペーサー&ロングボルトをご用意させて頂きまして装着です。

ッということで、”KW Ver.3″ ローダウン幅の中で低めの30mm downでセットさせて頂きました。ありがとうございました。

〜3/5 まで受付分を対象とさせて頂いている “KW 車高調サスペンション キャンペーン” ですが、Facebookでもご紹介しましたが 3/6以降 大人の事情で なかなか KWキャンペーン を当店独自で実施することが難しくなると思います。ご検討中の方はぜひぜひ明日・明後日までのご予約をお待ちしております <(_ _)>

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。なお、”AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

“SACHS RS-1” 狙い撃ちキャンペーン

2018-03-01

 

これまでも数多くのTT・A3系に装着させて頂きました “SACHS RS-1 車高調サスペンション” です。

純正ショックアブソーバーを供給しているメーカーだからこそ TT・A3系 のシャシを知り尽くしていますので、絶妙な”いなし感”と”懐の深さ”から”大人の脚”として根強いファンの多い車高調サスペンションです。

今回は 8J TT/TTS/TTRS・8N TT、8P A3/S3・8L A3/S3 限定で  RS-1が車高調が 20%OFF になって、さらに 取付アライメント工賃がゼロ ですから 通常価格の 35%OFF になります。

 

取付アライメント工賃込 通常価格 ¥390,000 → 取付アライメント工賃込 現金特価 ¥252,000

 

※ マグネティックライドサスペンション装着車の場合は、別途キャンセラーが必要となります。

※ 上記価格は税別表記です。別途消費税がかかります。また、現金特価となっていますので、カードご利用の場合は別途お問い合わせください。

※ 8V A3/S3系については、当店では取り扱いをしていません。

 

意外と高くて・・・対策に最適

2018-02-14

これまで当店で装着させて頂いたサスペンションの中で、確実に 3本の指に入る台数 が “KW ストリートコンフォート” です。

“ローダウンするつもりでクルマを買った訳ではないけど、納車されたら意外と車高が高くて・・・” ッということから “ちょい下げ・乗り心地重視”コンセプトの”ストリートコンフォート”をオススメさせて頂くことが多く、ココ数年はその傾向がより高まっています。

ドライブアシストのためにカメラが搭載されるクルマが多くなって道路状況の良く無い国で誤作動を防ぐために以前よりも純正が高めの車高になっているという話もあります。以前はKW社側も “ストリートコンフォート” ほとんどプロモーションしていなかったんですけどね・・・笑

ッで、コチラの “4G A7SB 2.0TFSI” も”大人ッぽいローダウン”というご要望を頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

“ストリートコンフォート”ですが、ショックアブソーバーの伸び側だけ減衰力調整が可能です。

基本メーカー推奨値でセットさせて頂きますが、乗ってみて高速走行時にフワフワとした感じがあると気になる方は伸び側の減衰力を少し硬めるというセッティングをさせて頂いています。

リアにはアウディ純正流用パーツも追加で組み込むことによってスプリングの異音対策をさせて頂いています。

ご入庫時から前後25mmローダウンでセットさせて頂きました。

ちなみに、リアの開口部の大きいSportbackには cpm ロアフォースメント を装着するとさらに”乗り心地のしなやかさ”と”シャーフなハンドリング”を両立することができますので、A7SBな方にはメチャクチャお勧めのアイテムです。

そして、今月末ので KW 車高調サスペンション キャンペーン中です。ぜひぜひいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

1/90 に移植ッ!!!

2018-02-11

前車の ↑S1SB↑ で装着して頂いていた “KW Ver.3” & “VOLKRACING ZE40 17inch” を乗り換えた 90台限定 “S1 Sportback quattro limited edition” に移植です。

8X S1のサスペンションは、フロントが 8L A3系 (VWでいうとGOLF4)、リアが 8V A3系 (VWでいうところのGOLF7) の設計がベースとなっています。流石に前後で3世代の差があると開発段階からテスト走行を繰り返して煮詰めないと落ち着かない脚になってしまいます。KW社は7ポストリグというレーシングコンストラクターが使用している実車を載せて仮想走行をするシュミレーターを駆使して開発した後に、実走行を繰り返して煮詰めていますので、多くの方にご満足頂ける脚に仕上がっています。

ちなみに、RS3 の7ポストリグの風景は コチラ の動画で観られます。ちなみに、ちなみに、SuperGT GT300クラスでも速いチームは定期的に7ポストリグでデーター収集をして、マシンのセッティングを煮詰めているんです。

ブラックなコントラストルーフ、フロントグリルも相まって前車よりもアグレッシッブな雰囲気になりました。次のメニューとしてマットブラック仕様の前後フォーリングスエンブレムのオーダーも頂きましたので、今回はエクステリアをモノトーンで仕上がる予定です。

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031