A3

新アイテム”フロントアンダーフリッパー” 第4弾

2018-12-09

毎週のように新作がリリースされる “AS Sport フロントアンダーフリッパー”です。

今回は “8V S3 Sedan フェイスリフトモデル用” です。

5mm厚さのアクリル製ですから最低地上高への影響は皆無で、全長もキープしたままですが、フロントフェイスの印象がガラッと変化します。

現状 フェイスリフトモデルのSedanのみ取付確認ができていますが、Sportbackにも対応できる可能性が高く、フェイスリフトモデル S3 Sportback のモニター募集中です。ご興味のある方は info@kreis5.jp までお問い合わせください。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 12月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

※ スケジュールは予告なく変更となる場合があります。詳しくは Facebook をご確認ください。

8V RS3 2.5TFSI + revo Technik ECU ステージ1

2018-11-04

サーキット走行に適したカスタマイズのご相談でお越し頂きましたコチラの”8V RS3 Sedan”ですが、本題のブレーキはいろいろと準備するモノとお時間を頂くことになり、先行して “revo Technik ECU ステージ1” をインストールです。

ッということで、インストール後のインプレッションも頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★★

高速道路での性能 ★★★★★

乗りやすさ ★★★★★

総合的な満足度 ★★★★★

revo ステージ1 をインストール直後に主に高速道路を走行しました。インストール前も加速は良かったのですが、高速道路サービスエリアから加速車線→走行車線→追越車線で3,500〜4,000rpmからシートに体が押し付けられる加速感は凄くてインストール前とは比較になりません!!! そして、今までSモードでの走行時に何かギクシャクすることがありましたが、スムーズになった感じがします。市街地での走行の常用回転域では大きい変化はありませんが、乗りやすくなった感じがします。高速道路での燃費は0.5km/l良くなりました。市街地<<高速道路で有効的なチューニングだと思います。サーキット走行がとても楽しみです。

 

サーキット走行ではクルマ全体に高負荷が掛かります。revo Technik ECUプログラムは点火タイミング・燃料増量・ブースト圧など多くの項目を最適化しながらのパフォーマンスアップでき、2.5TFSIのポテンシャルを思う存分発揮することができます。

次は宿題となっているブレーキ→サスペンションという順でカスタマイズすることで走りやすいRS3になっていくと思います。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 11月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

RS3だけでなく、S3でも人気ですッ!!!

2018-10-28

8K A4 Avant → 8V S3 Sedan への乗り換えで、前者では “KW DDC 車高調サスペンション” でしたが、後者では “AS Sport 車高調サスペンション” をチョイスして頂きました。

当店で装着する車高調サスペンションは “KW”と”AS Sport” の2択状態ですが、MQBシャシでは圧倒的に “AS Sport” 率が高くなっているこの頃です。ッとは言え、”8V RS3用 KW Ver.3″・”8S TTRS / TTS用 KW Ver.3″ も在庫していますが・・・笑

“AS Sport 車高調サスペンション”は S3と RS3 でも仕様がバネレート違いますが、それぞれ Sedan と Sportback でも仕様が違います。もちろん、よりサーキット走行寄りの仕様にしたいッというご要望があれば、最初からご希望に沿ったバネレート仕様にすることも可能です。

MQBシャシは剛性が高く、034Motorsport製マウントインサートやcpmロアフォースメントと併用することで、高いバネレートでも快適性を両立できるところも◎です。

そして、既に “8V RS3 / S3” に “AS Sport 車高調サスペンション” を装着して頂いている方にお知らせです。フロントスタビの効き方がちょっと気になっていたので、近日中にスタビリンクの仕様変更をすることに伴って、無償で新タイプに変更させて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします <(_ _)>

ッということで、調整範囲のちょうど真ん中位の25mmダウンでセットさせて頂きました。ショックアブソーバーが全長調整式で、スプリング調整部も長く製作してあるので、車高調整幅が広いのも”AS Sport 車高調サスペンション”の特徴でもあります。

次はもっと走りに磨きをかけるために、鍛造ホイール+MICHELIN PS4Sあたりはいかがでしょうか???

ちなみに、8S TTRS用・8S TTS用のモニター募集中です。ご興味のある方は info@kreis5.jp までお問い合わせください。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 10月

2018年 11月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

やはりMQBシャシの恩恵はかなりデカい

2018-10-04

サスペンション換装のブログが続きます・・・そして、RS3 Sedan + AS Sport 車高調サスペンション の組み合わせもダントツの人気No.1です。

他メーカーのサスペンションKITと比べるとバネレートが高い傾向にある AS Sport 車高調サスペンション ですが、やはりボディ剛性が飛躍的にアップしたMQBシャシの恩恵はかなり大きく、バネレートが高くてもしっかりと脚が動くので乗り心地が硬いッという印象はありません。

さらに、”034Motorsport リアサブフレームマウントインサート” “cpm ロアフォーメント” などを組み合わせると脚の動きを100%引き出すことができるようになります。

さらに、“034Motorpsport アッパーマウントブッシュ”を併用することでビックリするくらい回頭性が良くなってグィグィとコーナーを曲がっていける脚になります。

リアサスペンションのセッティングがキマッているか、キマッていないか・・・で踏める脚か、そうでないか、が決まります。AS Sport 車高調サスペンションは共通してその点を重視してセッティングされています。ちなみに、RS3 Sedan用 と RS3 Sportback用 では仕様を変更している拘りようです。

もともとリアが少し下がり気味のクルマでしたので、フロント25mm・リア20mmダウンでセットさせて頂きました。全長調整式のショックアブソーバーを採用していますので、さらにローダウンしてもストローク量はキッチリと確保されていることもこの脚の特徴です。

そして、そして、ご要望の多いローダウン前提のRS3 Sedan専用ホイールですが、ただいま RAYS社 VOLKRACING TE037 でオリジナルサイズの開発を検討中です。

サイズは 245/35-19にも対応できるように 9.0×19 で、インセットを ↓↓↓ これくらいに留めておくか? もう少しガンバッテみようか? どうしたもんでしょう???

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 10月

2018年 11月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

8V RS3 2.5TFSI + revo Technik ECU ステージ1

2018-09-23

今年カスタマイズが一番熱いアウディ 8V RS3 2.5TFSI に “KW clubsport” などを装着させて頂いた revo Technik ECU ステージ1 をインストールです。

そして、いつものようにインプレを頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★★

高速道路での性能 ★★★★★

乗りやすさ ★★★★★

総合的な満足度 ★★★★★

インストール後、すぐに体感できたのは高速道路の合流、追い越しなどの瞬時の加速が必要な時でした。上り坂でもラクラク追い越し車線の流れに乗れます。ノーマルでも十分なパワーがあるクルマですが、さらに余裕ができた感じです。また、バーチャルコクピット車なのでメーターのレッドゾーン表記も変更されていて視覚的変化も得られました。気になる燃費も普通に乗ればインストール前とほぼ変わらず大変満足です。

 

同型のエンジンを搭載する 8S TTRS もそうでしたが、高速域での加速感に一番差を感じるようです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 9月

2018年 10月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031