A6

ちょっと早めの “KW 車高調サスペンション” キャンペーン

2017-12-15

当店装着台数No.1のサスペンションと言えば “KW カーヴェー” です。例年よりもちょっと早くこのタイミングから”KW 車高調サスペンション”のキャンペーンをスタートします。たぶんこれまでで一番お得なプライスかと思います。アウディ用各車種・各タイプの取付アライメント工賃込のプライスは ↓↓↓ となっています。現金特価となりまして、原則 2月末日までの装着 が条件です。そろそろサスペンション交換を・・・とご検討中の方、このプライスだったらイッちゃおうかな・・・という方もぜひぜひいかがでしょうか???

※ 上記価格は現金特価となります。カード・ローンをご利用の場合はお問い合わせください。

※ 本国取り寄せの場合は入荷に時間を要する場合があります。また、オーダー後のキャンセルは対応していません。

※ 上記車種でマグネティックライドサスペンション装備車の場合 (DRC付車を除く) は別途キャンセラーが必要となります。

※ 上記価格には 取付工賃・アライメント工賃 が含まれます。

※ 〜2/末日まで装着分 が キャンペーン対象 となりますが、製品入荷の遅延等があった場合は別途対応させて頂きます。

ボディの大きさを感じさせない・・・

2017-12-14

先日 “HRE FF04 & ADVAN Sport V105” を装着して頂きましたコチラの”4G A6″です。

サスペンションは既に “KW Ver.3 & cpm ロアフォースメント” を装着させて頂いていますが、”動きにまだ少しボディの大きさを感じる” ッということで、今回は “EUROCODE スタビライザー” を追加装着させて頂きました。

スタビライザーとサスペンションアームを繋ぐスタビリンクも動きがリニアに伝わるピロボールジョイントタイプの “AS Sport リジットスタビリンク” に換装です。スタビライザーを強化してもココが純正品ですとどうしても初期の応力が逃げてしまいますので、セットでの装着が効果的です。また、ピロボールの耐久性を考慮してミネベア製ピロボールを採用している”AS Sport”がオススメです。

交換後は、”ステアリングの反応がとても良くなりました。無意味な車線変更繰り返しながら帰りました” とインプレを頂きました。ノーズの入りがよくなってボディが軽くなった印象になって、無意味な車線変更・・・その気持ちよくわかります。笑

そして、前後のフォーリングスエンブレムをブラッククローム化です。ブラックなボディカラーに溶け込んで◎な色合いです。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年12月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

どちらも人気のアイテム

2017-12-10

“AS Sport カーボンフロントスポイラー”を装着して頂いているコチラの”8K A4 S-line”です。

最低地上高への影響も最小限ながら、有無ではフロントのボリュウム感の差は大きく “8K S4 / A4 S-line” フェイスリフトモデル には人気のアイテムです。

そして、今回はスタッドレス履替・E/Gオイル・ブレーキフルード交換と併せて、新発売となりました “AS Sport カーボンリアディフューザー” を装着です。

純正のプラチナグレーのディフューザーと比べると立体的なデザインになり、カーボン製になったことでグゥーーーッとスポーティーな印象になりました。

コチラのアイテムは 8K A4 S-line フェイスリフトモデル の Avant にはポン付け可能で、Sedanの場合は 左右 各1本 計2本出しのマフラーと併用で装着可能です。

そして、コチラは “4G RS6 Performance” です。

これまでも多くの “4G RS6 フェイスリフト前モデル” に装着してきた “AS Sport カーボンフロントスポイラー” をフェイスリフトモデルに装着です。

カーボン製がSTDですが、今回はFRP製をベースにグロスブラックにペイントして装着してみました。

グロスブラックとしたことで、カーボンPKGのセンタースポイラー / サイドフィンのカーボンもより引き立って◎です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年12月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

合わせ技ッで ◎

2017-12-07

F4 A4 2.0TFSI FFモデル、F4 S4 3.0TFSI、F5 S5 3.0TFSI などなど 低粘度 新規格E/Gオイル を指定されたエンジンも増え、それに伴って当店でもオイルラインナップが増えました。そこで、今後 “typeSP” 以外は粘度指数でご紹介することにしました。

現在ラインナップしているE/Gオイルは

“0W-20” “5W-30” “5W-40” “15W-50” そして “typeSP”

となります。現状で考えられる最高のパフォーマンスは”typeSP”なんですが、少し粘度指数が高めなので 2.0TFSI以下の小排気量のエンジンで極寒時にはちょっと重いかな・・・という懸念もありましたが、”0W-20 / 5W-30 / 5W-40″ には新発売になった “ワコーズCORE503” と合わせ技で、typeSPと遜色ない性能になります。

先月から デモカー “8X S1” のE/Gオイルを “5W-40” → “5W-30 + ワコーズCORE503” に変更してみましたが、全領域でエンジンが明らかに軽く回ります。

“0W-20” “5W-30” “5W-40” には 定期的に “ワコーズCORE503” を追加することで、エンジン保護・エンジンレスポンスアップ両面からオススメです。

もちろん、毎交換ごとにリーズナブルな方を・・・ということでしたら”ワコーズ スーパーフォアビーグル”も継続してオススメです。

12月・1月 は E/Gオイル交換がお得になっていますので、ぜひぜひこの機会にいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2017年12月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

何度乗っても絶妙ッ!!!

2017-11-29

新車納車と同時に低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″を装着して頂いたコチラの “4G A6 2.0TFSI quattro” です。

今回は“H&R 車高調サスペンション”を装着です。

このサスペンションは  “8K A4 / 8T A5系” そして “4G A6/4G A7系” にオススメしている車高調式の中でもスタンダードな脚になります。

ヨーロッパでも1・2を争うほどのシェアを誇るスプリングメーカーの”H&R” が “BILSTEIN”ショックアブソーバーと組み合わせて完成させたKITです。

他のメーカーだと ↑↑↑ の車種ごとに個別に仕様が異なるところですが、この脚は ↑↑↑ 全てが共通化されています。普通なら車高が下がり過ぎたり、逆に下がらなかったり・・・するところですが、そこはスプリングの設計がいいのか? なぜかオールマイティにこなしてしまう脚です。BILSTEIN製車高調サスペンションよりも突き上げ感がなく、乗り心地もイイのもコチラが選ばれる大きな理由の1つです。

ッということで、今回は “8T A5SB” → “4G A6” に乗り換えたために移植作業でした。

“8T A5SB”に装着していた時はBILSTEIN特有の張りのある乗り心地でしたが、”4G A6″に装着すると車重などの影響もあって少しマイルドに感じる脚になります。共通化していることが原因で乗り心地の印象がわずかに違いますが、むしろそれぞれのクルマのキャラクターにぴったりのフィーリングなので◎だといつも感じます。

ッということで、純正から25mmダウンでセットさせて頂きました。減衰力は固定タイプですが、何度乗ってもスプリングとの相性は絶妙で、相変わらずオススメしたくなる定番の脚です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

2017年12月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31