メンテナンス

三種の神器 !?

2017-04-26

もうお馴染みのエンジン内洗浄です。ホントならば分解して洗浄するのがベストですが、そーーーもいかないのでケミカルの力を使ってできる限りエンジン内を綺麗にしましょうッというメニューです。

洗浄メニューで使用するのは “ワコーズ RECS / CORE601  / フラッシングオイル” の三種の神器 !?

まずは、既存のオイルを1/3程度抜き取り、それ相当量の”ワコーズ フラッシングオイル”を充填します。このオイルは洗浄成分を含んでいてオイルラインの汚れを除去してくれます。

お次は”ワコーズ RECS”です。これはピストン上部。吸排気バルブを洗浄してくれて直噴エンジンの宿命でもあるカーボンスラッジまの除去には大活躍します。点滴のような装置でエンジン排気量の1/10の量をエンジンに吸わせます。

そして、最後は”ワコーズ CORE601″です。これは燃料噴射システムの汚れを除去してくれます。噴射口は微細なミストのために汚れによる目詰まりはエンジン不調に直結します。

施工後はエンジンオイル・オイルフィルターを交換したら完了です。エンジンも静かになって、レスポンスも◎に、燃費も以前乗っていた2.0TFSIエンジンで50,000km位に初めて施工した時には2.0km/Lほど伸びました。

こまめに施工する方は10,000km、通常でしたら30,000kmごとの施工がオススメです。施工時間は排気量によっても違いますが、2.0〜3.0Hです。まだやったことがない・・・ッという方はぜひぜひいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2017年4月

2017年5月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

話題の ”GYEON ジーオン” 初入荷

2017-04-13

みなさん、洗車は “セルフ派” or “プロに任せちゃう派” どららでしょうか???

“セルフ派”の方にBIG NEWSです。ごく一部の輸入車ショップで話題になって入手が難しかった”GYEON ジーオン”の各アイテムが初入荷しました。

メーカーさんにデモンストレーションして頂いた瞬間に、その効果の凄さから “取り扱いさせてください” とお願いしていました。

ッということで、まずはその効果から・・・

新車から4年弱、おそらく1度もコーティングも掛けたことがない ↑コチラ↑ の”8K A4″です。

うちのレース部隊のスタッフのクルマですが、他ではあまり見ないほどノーメンテナンスの酷いボディーコンディションかもしれません。

まずは、撥水シャンプー”Q2M Bathe+ バスプラス” (青いボトル)  50倍に希釈して洗車します。

そして、シャンプーを水で流すと・・・ホントにびっくりするほどの撥水加工です。

唯一のポイントは、念入りに水でシャンプーを流すことだけッ!!!

シャンプー成分が残ってしまうとウォータースポットの原因になると共に、水と化学反応して撥水加工が高まる性質のため とにかく念入りに水で流すことです。

 

そして、そして、これだけでも十分なんですが、↑↑↑のボディーが濡れた状態で、撥水コート”Q2M Wetcoat” (オレンジのボトル) を原液のままスプレーして、またまた 念入りに水でコート剤を流すことッ!!!

そうすると更に、更に撥水加工がアップすると共に効果の持続性が倍増します。

今回のようにガラスコーティングを施工していないクルマはもちろん、各種のガラスコーティングを施工しているクルマにも対応していてコーティング効果ガグゥーーーンと長持ちします。

今日からお預かり作業のおクルマはコチラのシャンプーと撥水コート剤を使って洗車させて頂きますので、効果のほどを体感して頂ければ幸いです。

 

そして、お次は ホイール専用鉄粉除去クリーナー”Q2M Iron アイロン” (クリアのボトル) です。

同じような鉄粉除去クリーナーと比べてツゥーーーンした匂いもないですし、アルマイト処理したホイールにも対応しています。

スプレーしてから5〜10分ほど放置した後に水で流せばOKですが、もし固着したブレーキダストがあるようでしたらスポンジでこすって頂ければ◎です。

ダストがしっかりと除去できていれば、仕上げとしてボディーと同様に撥水コート”Q2M Wetcoat” をスプレーすることもOKです。

 

スターターKIT “B-Kit” は、撥水シャンプー”Bathe+ 400ml” + 撥水コート”Wet Coat 500ml” + 鉄粉クリーナー”Iron 500ml” + 吸水拭取クロス がセットになっています。

スターターKIT “D-Kit” は、撥水シャンプー”Bathe+ 400ml” + 撥水コート”Wet Coat 500ml” + 吸水拭取クロス がセットになっています。

どちらも在庫がありますので、セルフ洗車派の方はぜひぜひいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2017年4月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

秋〜春がシーズンIN

2017-03-16

秋〜春のクルマに負担が掛かりにくい季節にサーキット走行を楽しんでいるコチラの”8J TT”

フロントブレーキは”TTRS純正”にコンバージョンしていますが、そろそろブレーキローターが限界・・・ということでご入庫です。

ドリルドローターの宿命でもあるホール部分を起点とするクラックが入り始めています。

ッということで、再度 “TTRS純正ローター”とサーキット専用ブレーキパッド“AS Sport AS750”を新調して頂きました。ブレーキダクトもしっかりと引き込んでいますし、車重の軽いFFモデルということもあって十分な制動力です。

そして、スパークプラグも熱価の高いタイプで交換です。100,000kmを目前に2・3番シリンダーのオイル上がり傾向になってきました・・・。しばらく経過観測の必要有です。

そして、そして、エンジン内洗浄“ワコーズ RECS + CORE601”施工後に、E/Gオイルは“Moty’s typeSP”に交換です。

これでまた今秋までサーキットは封印です。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

有無では・・・。

2017-03-13

“AS Sport フロントスポイラー”をご予約頂いておりました”4G S6″ですが、併せてE/Gオイル交換のご用命頂きましたので 5W-40相当の”Moty’s typeA” に交換させて頂きました。

そして、メインメニューの”フロントスポイラー”です。

最低地上高にほとんど影響しないのも特徴でして、コチラの”S6″のように冬場の積雪が多いエリアの方でも不便を感じることはないデザインになっています。もちろん、有無ではフロントフェイスの印象はガラッと変わります。

ウィンター用としてMade in GermanyのBBSホイールを装着されていますが、ただいまサマー用のホイールを模索中です。”4G S6″はキャリパーが大きいため、20inchホイールだと選択肢がかなり限られているんです・・・。イイご提案ができるといいんですが。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

イイところはそのままに、なんとかしたいところを

2017-03-12

前回は”EUROCODE スタビライザー + AS Sport スタビリンク”を装着して頂きました”8T RS5″です。

まずは、“034Motorsport リアサブフレームマウントインサート”を装着です。

ブッシュの隙間部分にアルミ製のインサートを装着することでリアサスペンションフレームの剛性感が上がります。その結果、フレーム自体のブレが少なくなるので、サスペンション自体の動きがリニアになります。また、乗り心地にも貢献します。

そして、既存の “KW Ver.3 車高調サスペンション”に、“調整式アッパーアーム”を装着です。

ローダウンすると自然とキャンバー角がついてしまって、真正面から見ると”ハ”の字になってしまいます。それを矯正するのがこのアイテムです。

それによってステアリングフィーリングが自然な感じになりますし、タイヤの片減りを抑えるには◎です。

また、ブッシュ部分は”RS”モデルに最適な”強化ブッシュ仕様”です。

フロントキャンバーは入庫時の半分位の数値に矯正しました。

リアサブフレームマウントインサートと併せて、”レーンチェンジでの動きがシャープになりました”ッとインプレも頂きました。

エンジン内クリーニングとして“ワコーズRECS + CORE601”を施工させて頂きました。

そして、今回お預かりしたメインメニューです。

以前より”グループM ラムエアシステム”が装着されていましたが、空気流入量が多すぎてどうしてもトルクの谷間ができてしまう傾向がありまして、中〜高回転でのレスポンスはイイだけに・・・なんとかしてあげたいところです。。

ッということで、イイところはそのままに、なんとかしたいところを改善するために、”現車合わせ E/G ECUチューニング”をさせて頂きました。

空燃比を常時チェックしながらシャシダイナモでリマッピングし、あとは実走行で確認という作業を繰り返します。E/G ECUチューニングは数値ばかりに執われないことも重要です。特にピークパワー&トルクだけでなく、その過渡特性の方が重要だったりします。

最終仕様のトルクカーブは↑こんな↑感じになりました。赤がセッティング前、黄がセッティング後です。

1,800rpm付近でのシフトアップ時、2,500rpm付近でのシフトアップに伴って案の定トルクの落ち込みが大きかったのがかなり補正されました。

グラフ以上に加速はスムーズになって、結果としてスピードの伸びも良くなってV8 4.2L NAエンジンをより堪能できるフィーリングになったと思います。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ