メンテナンス

revo technik ステージ1 + 8T A5

2017-09-10

サスペンションは “KW ストリートコンフォート”に、ホイールが内側に入ってしまう分を”ホイールスペーサー”で調整して、ブレーキダスト対策には”AS Sport AS500ブレーキパッド” ッと当店定番のアイテムを装着して頂いていますコチラの”8T A5 Coupe 2.0TFSI”です。

今回は “revo technik ステージ1” をインストールさせて頂きました。

早速、インプレッションを頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

 

・市街地での性能 ★★★★★

・高速道路での性能 ★★★★☆

・乗りやすさ/扱いやすさ ★★★★★

・総合的な満足度 ★★★★★

 

まず、走り始めてすぐにトルクが増したのが感じられました。ごく低速からでもアクセルをそッと踏んでやると十分な加速が得られました。以前乗っていた3.2LのNAエンジンに感じがそっくりです。そのお陰もあって、帰りの高速道路でも十分余裕をもって流れに乗ることができ、気持ちに余裕が増し、運転スタイルもジェントルになった気がします。生憎 帰りの道路が渋滞気味だったため高速道路での加速は検証不十分ですが、元々加速は十分かなぁと思っていたので、インストール不要かと悩んでいたくらいなので、今後の走りに期待です。総じて満足度は非常に高く、インストールして良かったです。

 

インストールして頂いた方のほとんどが 排気量が大きいNAエンジンみたい ッという表現をされます。ドッカンというターボの印象は薄いですが、市街地から高速道路まで乗りやすいセッティングになっていますので、日頃からインストールした満足度を感じて頂けることができると思います。

もちろん、エンジンの潜在能力を発揮するチューニングをした訳ですからメンテナンスの重要性はアップします。

ッということで、まずはエンジン内洗浄として “ワコーズ RECS / CORE601 / フラッシングオイル” 3種の神器を施工させて頂きました。

洗浄後は、エンジンオイル”Moty’s typeSP”、アウディ純正オイルフィルターに交換です。typeSPはハイスペックなエンジンオイルですが、”revo techink”をインストールをして頂いた方はずーーーと20%OFFとさせて頂きますので、定期的に交換することをオススメします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

温故知新、じっくりと勉強します。

2017-09-09

当店のデモカーに “8E A4 1.8T quattro” が加わりました。

当店のオープンは2011年2月ですから A4系だったら”8K”以降、A6系だったら”4G”以降の入庫が多く、”8E”A4系・”4F”A6系 以前のアウディといえば ほぼRSモデル が多くを占めていて、そのRSモデルもこのところ経年変化による不具合が増えてきました。

“8K”・”4G”の初期モデルもボチボチ持病とも言える交換部品が出てきて、その傾向は把握できつつありますが、もう1世代前のモデルについてもじっくりと勉強する必要があるかなぁ〜と思っていたタイミングで “8E  通称B6” を知り合いの業者さんから偶然にも譲って頂きました。

アウディAGも “アウディ トラディション” というネーミングで歴代のアウディのパーツ供給環境を良くしようッというプロジェクトがスタートしていますし、この年代のアウディの雰囲気がやっぱり好きなんだッという方も多いので、これまでのデモカーと違ったスタンスで活躍してくれると思います。

このクルマは初年度登録から13年経っていますから、たまにドアミラーが可倒しなくなったとか、ウィンドスイッチがベトベトしたり、ライセンスLED化したら他の灯火類のエラーが出た・・・なんていう電気系トラブルは定番ですが、メカニカルな部分もいろいろと試していきたいと思います。

ッで、早速オートマケースからオイル漏れ・・・。先日ワコーズさんからリリースされた”クイックフィックス”が早速 出番となりました。オイル漏れの原因は後日治すとして部品が入荷するまでの応急処置として有効なケミカルでした。コレのお陰で無事車検もクリアです。あくまでも応急処置ですから修理する前提ですが・・・。

そして、ステアリングセンターもズレていたのでアライメント調整をしましたが、ステアリングのタイロッドエンドの動きが渋いので “034Motrosport DENSITY LINE CONTROL ARM KIT” と共に後日交換予定です。

“034Motrosport DENSITY LINE CONTROL ARM KIT” は、純正ブッシュの弱点である材質も熟考されていて適度にブッシュも強化されていて、ボールジョイントもセットになっているためにサスペンションが換装されているアウディには最適なアイテムです。もちろん、アッパーマウントも同メーカーからリリースされていますから同時交換がオススメです。このところサスペンションリフレッシュのご依頼が多く、純正よりもリーズナブルなことも相まって当店でも売れ筋アイテムです。

もちろん、メンテナンスだけでなく、カスタマイズものんびりと進めていく予定です。

ちなみに、このクルマの唯一の誤算は、コンディションが極上過ぎて故障する箇所が年式相応じゃないかもしれません・・・汗&笑

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

車検と併せて・・・。

2017-09-02

毎年3月の次に車検が多いのが9月です。ッということで、コチラの “8R Q5” も2回目の車検でお預かりです。

車検と併せて エンジン内洗浄 “ワコーズRECS /CORE601 / フラッシングオイル” を施工させて頂き、“エンジンオイル Moty’s typeA / オイルフィルター / ワコーズ SFV” に交換させて頂きました。ちなみに、車検時の油脂類はちょっとだけお得になっています。

“いつ交換したッけな???” あるあるとしては “バッテリー””ブレーキフルード””クーラント””ワイパーブレード” が代表例です。車検ごとに交換するッというのもオススメです。

コチラの”8E A4″も車検です。

Q5と同様に車検と併せて エンジン内洗浄 “ワコーズRECS /CORE601 / フラッシングオイル” を施工して、E/G CPU チューニングされているので“エンジンオイル Moty’s typeSP” “オイルフィルター” に交換しました。

“クーラント”も交換です。ヨーロッパ車はエンジン内の温度が高い状態で各部のクリアランスが正常になる設計になっていますから、その適正温度に早めに上がって、その状態をできる限りキープするのがベストなクーラントです。

また、当店では圧送タイプのクーラントチェンジャーを使用して交換しますので、エンジン内のほとんどのクーラントを抜き換えることが可能で、エアが混入することもないので交換後のクーラント量も安定しています。

近日中にブレーキパッド・ローターを交換する予定なので その際にブレーキフルード交換、走行距離も約50,000kmですのでオートマ/デフオイルも交換すれば、油脂類の交換は完了です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

じっくりと勉強してきました!!!

2017-08-31

今秋から新たに “GYEON ボディコーティング” をスタートするために先日 “GYEON JAPAN”さんで講習を受講してきました。”GYEON ボディコーティング”については詳細が決まり次第、また改めてご紹介するとして・・・。

既に人気アイテムの “GYEON セルフカーケア”の製品についてもじっくりと勉強してきました。

基本となるのが、スターターKITとして人気の”BATHE+ & WET COAT & IRON”がセットになった”B-KIT”です。

車検でお預かりしていた”4F A6″を”B-KIT”を使って洗車しました。

パッと見では綺麗なボディでガラスコーティングも施工されていますが、表面はわずかにザラザラです。

ッということで、ブレーキダストクリーナーとしても使用するも多い “GYEON IRON” をボディにスプレーしてきます。

そうすると鉄粉などが紫に変化していきます。通常なら鉄粉取りの粘土を使用するところですが、粘土自体が傷の原因になることもありますから、できる限り “GYEON IRON” で済ませたいところです。

あとはたっぷりと水を含ませたタオルで流していきますが、スプレーしただけなのに手にチクチクッと鉄粉が刺さるほどしっかりと抜けています。

“IRON”を使用する時にボディは “乾いている状態” or “濡れている状態” が迷うところですが、当店の場合 ボディカラーが淡色の場合は乾いている状態・濃色の場合は濡れている状態 ッで作業しています。効果のほどは”乾いている状態”の方が高いですが、やはり濃色は色ムラが気になりますから・・・。

鉄粉がひどい場合はコレを数回繰り返します。

次は “BATHE+” を使って洗車です。乾くことが大敵ですので、ルーフ・ドア・ガラスなどパネルごとに洗って水でたっぷりを流すというのが綺麗に仕上がるコツです。

↑↑↑のように “BATHE+” で洗った後は、濡れている状態で “WET COAT” をスプレーしていきます。コレも”BATHE+”と同様にパネルこどの作業をオススメします。

“BATHE+””WET COAT”共に撥水コーティング効果のあるシリカ系の成分が含まれていますので、水と酸素と結合して効果が高まります。とにかくたっぷりの水で流すのが◎です。

洗車だけとは思えないほど ツヤツヤ & ツルツル ッになりました。

↑ 4F A6 ↑ は元々しっかりとガラスコーティングが施工されていましたが、↓ 8E A4 ↓ はガラスコーティングの効果がだいぶ落ちてきた状態・・・。

まずは、鉄粉取りの”IRON”からスタートです。んーーー結構刺さってますね!!!

ボンネット・ルーフ・フロントバンパーなどは飛来してきた系、ドア下・リアバンパーなどはブレーキパッド&ローターのダストが付着した系の鉄粉が多いです。

“IRON”で2回ほど鉄粉取りをした状態が ↓↓↓ です。

そして、”BATHE+”で洗車して ↓↓↓ ・・・。

“WET COAT”をスプレーしたのが ↓↓↓ です。

コチラもすっかり ツヤツヤ & ツルツル ッになりました。

ただ、洗車では対応できない小傷もちょこちょことありましたので、近いうちに”GYEON コーティング”でガッツリと磨く予定です。

今後、磨き歴25年の”GYEON コーティング”を担当するスタッフも “洗車だけでこんなに撥水する製品、見たことない・・・ある意味衝撃” ッと驚いていたほど効果の高いアイテムです。ぜひぜひいかがでしょうか???

ちなみに、”洗車は自分でしないで洗車屋に任せているから”ッという方には、近日から”GYEON 洗車”メニューもスタートする予定です。価格など詳細が決まりましたら改めてご紹介しますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

夏はなにかと・・・。

2017-08-21

先日 “revo technik ステージ1” をインストールして頂きましたコチラの”8K A4″です。

今回は E/Gエアクリーナー交換です。純正はそこそこ汚れてます・・・。

クリーナーBOXには落ち葉が・・・。

ッということで、“aFe ドライタイプ リプレストメントクリーナー”に換装です。

当店ではこのフィルターがイチオシです。なぜかというと このエンジンは吸入空気量を計測するエアフロセンサーがエアクリーナー直後にありまして、湿式タイプのエアクリーナーですとフィルターオイルがセンサーに付着してあまりよくありません・・・。また、大幅に形状の違うエアクリーナーも吸入空気量が正しく計測できない場合もあるので、”純正エアクリーナーBOX + aFe ドライタイプ” を定期的に交換がオススメです。

そして、スパークプラグも“HKS レーシングプラグ”に交換です。

これまでの純正プラグの状態も悪くはありませんが、revo technik ソフトウェアをインストールしたことでチューニングに失火は大敵ですし、50,000km弱ですから交換時期としてはちょうどいいタイミングかと・・・。今後は 20,000〜30,000km ごとの交換がオススメです。

そして、コチラは”8W S4″です。まだ4,000kmですから最初のE/Gオイル交換です。

純正オイルは 15,000km無交換・補充 を推奨していますが、それはあえてロングライフを目的としたオイルを採用しているから・・・。

エンジンにとってベストなのは今も変わらず5,000ですが交換ですが、当店が採用している”Moty’s製オイル”は走行距離に対して成分分解がゆっくりなのであまり回転数をあげない方ならMAX 10,000kmはOKとしています。

ッということで、コチラの”8W S4″には”Moty’s typeA”を使用しました。10,000kmごとに”ワコーズ スーパーフォアビークル”という添加剤を施工すると更にエンジンコンディションをベストなままキープできます。

また、そろそろ 新型A4/A5 FFモデル に搭載されている2.0TFSI “CVK”ミラーサイクルエンジンにベストなオイルもテストしないといけません。実はこのエンジンだけ純正オイルも別設定でより低粘度タイプになっていますから・・・。なお、1.4TFSIエンジンは”typeD”の低粘度タイプで対応OKです。

そして、コチラは50,000kmを迎えて “Sトロニックオイル” “スパークプラグ” “バッテリー” を交換させて頂きました”8T A5SB”です。

長らく欠品していました純正相当の”VARTA製 アイドリングストップ対応バッテリー”も流通するようになってきましたので、かなり財布に優しくなりました。

そして、コチラの”4G A6″は E/Gオイル“Moty’s typeA”に、“アウディ純正オイルフィルター”に、E/Gオイル添加剤“ワコーズ スーパーフォアビークル”を交換させて頂きました。

夏はなにかとクルマには負担のかかる季節です。メンテナンスもぜひぜひお待ちしております。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031