サスペンション

走りに磨きがかかって長文のインプレを頂きましたが 笑

2018-04-22

昔 “いつかはクラウン” というキャッチコピーがありましたが、”KW” サスペンションだったら”ハイトアジャストスプリング””ストリートコンフォート”に始まり  “いつかはVer.3” という方は意外と多いかもしれません。

コチラの”8T A5SB”もそんな1台です。前車の”8K A4″では”KW ストリートコンフォート”を装着して頂き、今回の乗り換えでいょいょ“KW Ver.3”の装着です。

やはり”Ver.3″の特徴といえば、ショックアブソーバーの減衰力が伸び側と縮み側で独立して調整できることにあります。多くの場合、突き上げ感は縮み側、ピッチングやロール感のコントロールは伸び側を調整することで好みのセッティングに近づけることができます。例えば、コレ以上にゴツゴツした印象にはしたくないけど、スピードを出した時に少しフワフワする感じをなんとかしたい・・・という場合には、縮み側はそのままに伸び側だけを少しハードに調整するとピタッと安定した姿勢になったり・・・ッと。

他のサスペンションだと伸び側と縮み側が同時に堅くなったり、どちらか一方だけしか調整できなかったり・・・と。もちろん装着して頻繁に減衰力調整をしてベストうセッティングを見つける方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は当店推奨のセッティングで乗っていますが全領域での”いなし感”は”ver.3″でないと出せないのもオススメする理由です。

また、”KW Ver.3″と組み合わせて装着することの多い“調整式フロントアッパーアーム”も併せて装着させて頂きました。

ローダウンしたことで発生するフロントの”キャンバー&キャスター”変化を補正することでき、ステアリングフィーリングの改善・直進安定性の向上・タイヤの偏摩耗を抑えることに効果大です。もちろん装着した後のアライメント調整をしっかりとすることで始め機能するアイテムでもあります。

早速 ”足回りすごくいいですね!! 高速道路を軽く流しましたが、ニュートラルステアでスピードがのってきた時の安定感が凄すぎます。ビックリです!!運転がうまくなった錯覚をしてしまいます。ついついスピードが・・・気を付けないと” ッとインプレを頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

そして、純正19inchホイールはそのままに“H&R製ホイールスペーサー”を装着させて頂きました。

“ホイールスペーサーを装着したらステアリングがブレたりしませんか???” という質問をよくよく耳にします。ホイールとの接点でもあるハブ付き(矢印部分)であることが条件になりますが、その部分の強度がしっかりとしていて、全体の精度も高いスペーサーを使用すれば その心配は解消されます。そういった理由で当店では”H&R製””isweep製”に限定して使用しています。

そして、そして、サスペンションの能力がアップしたので、“revo Technik ECUステージ”もインストールさせて頂きました。

ッということで、コチラもインプレを頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★★

高速道路での性能 ★★★★☆

乗りやすさ / 扱いやすさ ★★★★★

総合的な満足度 ★★★★★

市街地ではトルクもアップしてこれまでよりも軽くクルージングできるようになりました。平均燃費メーターも上のギアを多用して走ると確実に1km/Lは良くなってます。タイトコーナーが連続するワインディングでも低速トルクがあるので力強く走りますし、これ以上にスピードレンジがあがるとブレーキをよくしないと・・・。高速道路では 5速4,500rpm付近からもっさりとして感覚はありますが、なかなかそこから踏み続けるところもないので・・・。パワーがアップした分、フロントタイヤの接地感が薄くなる印象があるので 次はフロントスポイラーが欲しくなりました。

 

実はもっともっと詳しい長文のインプレを頂きましたが、なかなかオープンにできない内容が多くて・・・割愛させて頂きました。笑

20mmと控えめなローダウンスタイルですが、走りは純正と比べてもかなり走りに磨きがかかった1台になりました。ありがとうございました <(_ _)>

< 作業予約状況 >

2018年 4月

2018年 5月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

やはり 17inch がベスト!?

2018-03-18

前回 “m+フロントスポイラー ” “Hitotsuyama GmbH リアウィング” “revo Technik   ECUステージ1” “レイヤードサウンド” などを装着させて頂きましたコチラの”8X S1SB”です。

今回はサスペンション換装でお預かりです。

“8X S1/S1SB”でサスペンションと言えば定番は “KW Ver.3 車高調サスペンション”となりまして、純正サスペンションよりもしなやかに動くので非常に乗りやすくなるのが特徴です。フロントとリアサスペンションの設計に3世代の差があるクルマですからしっかりとセッティングされた脚でないと楽しく走ることができません。そういった意味ではKW社では7ポストリグテスターだけでなくデモカーで走り込んで開発したクルマだけに絶妙な仕上がりになっています。

そして、“WORK x AS Sport EMOTION CR kai 極 8.0×17” ホイールに、“POTENZA RE71R 235/40-17” というタイヤの組み合わせです。

純正18inchタイヤと外径がほぼ同じですが、17inch化によるタイヤの いなし感  がアップした恩恵は大きく、路面のギャップに対するサスペンションの余裕が生まれました。また、235/40-17を装着しても適正なリム幅になるように8.0Jという少し太めのホイールサイズも専用設計ですからバシッと綺麗に収まっています。やはりS1らしい走りを求めるには 17inch がベストだと改めて感じました。

もちろん専用設計ということで、アウディ純正センターキャップとホイールボルトが装着できるようになっています。

ちなみに、”WORK”と当店オリジナルブランド”AS Sport”のコラボで作ったこのホイールですが、まだ若干数の在庫があります。”S1/S1SB”でしたら235/40-17、”A1/A1SB”でしたら215/40-17のタイヤと組み合わせて装着が可能です。ぜひぜひいかがでしょうか???

そして、組み込み時には タイヤプレッシャーモニターも装着させて頂きました。

ホイールに付属しているエアバルブをエア圧と温度を計測できるセンサー付きのバルブに換装することで各輪を個別にチェックすることができます。

エア圧と温度は室内に設置したモニターで確認することもできますし、あらかじめセットしたエア圧の範囲を超えた場合にアラームで知らせてくれるので安心です。

ッということで、今回でフットワーク系が決まりました。次回は車検でお預かりです。S1ももう車検を迎えるタイミングなんですね・・・。また併せて気になるところも手を加えさせて頂く予定です。

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

2018年 4月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。“AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

“VOSSEN HF-1 21inch”ッ!!!

2018-03-15

コチラの”4G S6″ですが、既に ロアリングKITにてエアサスペンションはローダウン済です。今回はタイヤ&ホイールを新調して頂くことになり、ツライチにしてッというオーダーでしたので、まずは“アムテックス 調整式フロントアッパーアーム”を装着させて頂きました。

リアサスペンションは車両側にある程度の範囲でキャンバー角を調整する機能がついていますが、フロントはその機能がないのでコレを使って矯正です。多くの場合は、キャンバー角を抑えることでタイヤの偏摩耗・アライメント値の正常化のために装着します。

そして、新調して頂きましたホイールは発売ホヤホヤの “VOSSEN HF-1 21inch”ッ!!!

まだ日本国内にも数台分しか入ってきていません。近々のオフ会に履いていきたいッということからのご依頼でしたが、コレほど旬なホイールはありません。ありがとうございました <(_ _)>

“HF-1″から”コンケーブが FLAT → DEEP → SUPER DEEP となりました。今回、フロントは S6純正ブレーキキャリパー を逃げるために FLAT、リアは 同じリム幅ながら装着可能な DEEP をチョイスさせて頂きました。

また、ディスクカラーはSTDカラーのカーボングラファイトだと少しスポーティーな印象が強いかなぁ・・・と思ったので、カスタムカラーで マットグラファイト をチョイスしました。

そして、組み合わせるタイヤは “MICHELIN パイロットスーパースポーツ 通称 PSS” です。

前後ともにキャンバー角を起こした効果もあって、”直進の安定性が別格で、行きより帰りの方が疲れませんでした” ッとインプレを頂きました。

新しいホイールが登場すると正直 ビビッとくるホイール と あまりビビッとこないホイール がありますが、”HF-1″はもちろん後者でした。

ディスクカラーによっても見える印象が異なってくると思いますし、ちょっとひと手間を加えたらさらに・・・というアイデアもあります。また、ビレッドセンターキャップも追加になって個性を発揮することも可能です。

そして、“revo Technik ECU ステージ1”もインストールさせて頂きました。

“乗りやすくて、いつものように踏んでいくと10km/h以上スピードが乗っている”ッとインプレも頂きました。乗りやすい とか 排気量が大きくなったという感覚が “revo Technik” の共通した印象です。

また、追加で “GRD カーボンドアミラー”も装着させて頂きました。いろいろとありがとうございました <(_ _)> 次メニューはロングドライブがもっと疲れにくくなる”RECAROシート”でいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

2018年 4月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。“AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

リフレッシュとしてのストリートコンフォート

2018-03-10

アウディの中でも思い入れの強い傾向にあるのが “TT” かもしれません。8Nに乗っている方は”8N”が、8Jに乗っている方は”8J”が、8Sに乗っている方は”8S”が・・・好きでッという方が多く、特に8J系は 2006-2015 とロングセールスだったこともあって当店でもご入庫が多いTTです。

ッということで、コチラの”8J TT”もそんな1台です。走行距離も120,000kmオーバーとなりまして、今回はサスペンション リフレッシュのご依頼を頂きました。120,000kmとなるとショックアブソーバーは、ほぼその役割を終えていますので路面の凸凹などに対してクルマの挙動は不安になってしまいます・・・。

車高も現状から大幅に変更なしッということでしたので、“KW ストリートコンフォート”をチョイスさせて頂きました。

また、フロントロアアーム前後ブッシュ“SuperPro製”に交換、フロントアッパーマウントブッシュ“034Motorsport製”に交換です。ショックアブソーバー&スプリングだけでなく、ブッシュもサスペンションを構成する重要なパーツで人間でいうところの関節的な役割をしていますので重要なファクターです。

また、リアは一番ストレスの掛かるトレーディングアームブッシュを“SuperPro製”に交換です。

そして、純正ホイールですがホイールスペーサーを装着しているので、サスペンションが深くストロークした時にタイヤとインナーフェンダーが干渉しないように加工もさせて頂きました。

ご入庫時から10mmローダウンでセッティングさせて頂きましたが、サスペンションの剛性感はしっかりとした状態に復活です。まだまだ楽しめる1台です。

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。なお、”AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

 

スッキリ、RSらしいフィーリングにッ!!!

2018-03-04

コチラの”4B RS6″ですが、購入されて3年あまり “ずーーーと真っ直ぐに走らないし、ステアリングがブルブル震える。新車があった当時に試乗した時にはこんなクルマじゃなかったような・・・” ということで ロアアーム・アッパーアームにドライブシャフトなどなどパーツを交換したらしいのですが、一向に治る気配無し・・・ ということで乗ることも嫌になりかけていたところで、”何とか治せませんか???”ッとご来店頂きました。

点検してみると上下の伸びるアップライトにタイヤが常時当たってるじゃないですか・・・。純正ホイールに、純正サイズのタイヤですし、本来ココとタイヤ&ホイール距離関係は変わることは無く、当たっていること自体がおかしいのでとりあえずホイールスペーサーを仮装着して走行したところ、症状に若干の変化はあったものの完治はせず、4B RS6 は純正ホイールも含めて路面の大きな凸凹でダメージを負いやすいことからアップライト自体が変形してるッという推測のもと新品と交換させて頂きました。

左右のアップライトとハブを交換したところ、これまで干渉していた丸印部分で15mmほどの適正なクリアランスになり、アライメントもキチンと適正値に調整したところ、RSモデルらしいどっしり感のある走りとステアリングフィーリングが復活です。

また、エンジンオイル・パワステオイル・クーラントもホントに若干ですが、にじみと漏れがありましたが、今回はワコーズ製ケミカルを投入して経過観測することにしました。

オーナーさんからは “ちゃんと真っ直ぐ走り、振動もなくなりました。三年近く悩みましたが、治ってほんとにスッキリしてます。ハンドリングも本当に調子よく生き返りました。古いですが、まだまだ大事にしていきたいクルマです” ッと喜んで頂けて何よりです。ありがとうございました <(_ _)>

現行車にはない年代ごとの味がありますから、ぜひぜひ今後もお付き合い頂ければ幸いです。

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。なお、”AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031