記念すべき 第1号 ッ!!!

2017-07-24

多くの方からご予約を頂いています “revo technik” ECUソフトウェア です。

記念すべき第1号はコチラの”8V TTS”です。

歴代のアウディでECUチューニングされていた方だけに、”revo technik”の印象はいかに・・・。

既に点火系は”プラズマダイレクト”を装着して頂いていますが、今回は“Racingline Perfect Intake System”を装着です。

構成部品としては、タービン周辺の “ターボインレットホース” “ターボインレットパイプ” “ターボマフラーデリート” です。

タービンの入口と出口の両方を純正部品よりも抵抗の少ない設計のアイテムに交換することでタービンの性能をより引き出す効果があります。

そして、もう1つのアイテムは “R600 コールドインテーク” です。一見 純正然としたエアクリーナーBOXですが、その名の通り600psまで対応する実力派です。

フロントグリル上部を有効利用して可能な限りフレッシュエアを取り入れています。

“Racingline”は徹底的なテストを繰り返して納得のいくものだけをリリースしてきますので、当店では”8J TTRS用 コールドインテーク”が定番ですがその性能には絶対的な信頼を置いているアイテムです。

ッということで、”クルマが軽くなったのが第一印象で、スムーズに加速していくのにいつの間にかスピードは・・・。純正は気になっていた中間加速が特に良くなりました” ッとレビューを頂きました。ありがとうございました <(_ _)>

クルマが軽くなったと感じるのはキチンとトルクが確保されて、スムーズに加速していくのは燃料系・点火系・過給圧などなど全てがバランスよく制御されている何よりもの証です。もちろん、SPS “シリアルポートパス”も付属させて頂きましたので安心です。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

アイテムも揃ってきました

2017-07-23

数タイプの試作品を比べてプロトタイプが完成しました 8V RS3SB専用 “AS Sport ループエキゾーストシステム” です。

低〜中回転域でのトルク特性、中〜高回転域でのパワー特性、全領域でのエンジンレスポンス、そしてエキゾーストサウンドの全てを両立するために、パイプ径をむやみに太くしないことでトルクを稼ぎ、できる限りサイレンサーの小型化とパイプレイアウトで消音することでパワー感とエンジンレスポンスを追求したのがこのシリーズの特徴です。

最終的に ↑↑↑ のレイアウトになりましたが、右側2本のテールエンドはストレート構造、左側2本のテールエンドがサイレンサーを介した構造になっています。ドライブセレクトのモードに応じて可変となります。

また、室内の”こもり音”がないのも特徴です。ちなみに、室内でのサウンドはコチラで試聴できます。前半がコンフォート、後半がダイナミックです。

テールエンドはカーボンタイプ左右4本出しとすることで純正との差別化を計りました。発売は今秋の予定です。

そして、”EVENTURI”から待望の 8V RS3 2.5TFSI専用 “カーボンインテークシステム” が発売となりました。これまでのアウディ用と同様に性能・ルックス共に申し分ない出来栄えです。

8V RS3 Sedan のデリバリーを目前にまずはフェイスリフト前モデル用のアイテムも揃ってきました。

もちろん、”revo Technik” ECUチューニングもご用意していますので、ぜひぜひいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

タイヤにも優しく、ルックスも◎

2017-07-22

“KW ストリートコンフォート”を装着して頂いていますコチラの”4G A6″ですが、フロントタイヤの偏摩耗を抑えるために“調整式アッパーアーム”に換装です。

サスペンションの構造上ローダウンするとキャンバー角がついてしまい、真正面から見るとタイヤが”八の字”になります。そうするとタイヤの内側がより多く接地することになってタイヤの偏摩耗につながります。

リアについては、純正サスペンションの構成部品で調整機能がありますが、フロントにはその調整機能がないためにこのアイテムを追加装着する方が多くいらっしゃいます。

もろちん、換装後はアライメント調整も必須です。ちなみに、車高調サスペンション交換と同時でしたら作業内容が重複しますのでちょっとだけお得だったりもします。

そして、”乗り心地重視・ちょい下げ”がコンセプトの”KW ストリートコンフォート”ですが、それでも後席に乗るから方か”もうちょっと乗り心地がイイ方が・・・”ッという声があったようで、シャシ補強パーツの定番“cpm ロアフォースメント”を装着させて頂きました。

“補強”というと乗り心地が硬くなる印象があると思いますが、ボディがよじれるのを適度に抑えることでサスペンションが初期からしっかりと動いてくれるので結果として突き上げ感などの軽減につながります。”乗り心地”=”突き上げ感”と感じる方も多いので対策としては有効だと思います。

キャンバー角を起こしてくることでホイールもフェンダーいっぱいになりました。タイヤに優しく、ルックス的にも迫力がアップして◎です。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“revo Technik” 施工スタートしましたッ!!!

2017-07-20

お待たせしましたッ!!! ”revo Technik ECUソフトウェア” をインストール機材が到着しました。

ッということで、まずはデモカー”8X S1″に施工してみました。

インストールの手順は

1. 車両のバッテリー電圧点検

2. 車両のフォルトチェック

3. 適合する “revo Technik”データー 有無の確認

4. ”revo Technik” インストール

5. 車両のフォルトチェック

6. 試乗

という感じです。S1ですとザッと1時間の作業で、あくまでも数値は参考ですが、231ps/370Nm → 324ps/488Nm に変貌します。

試乗した第一印象は、過給が掛かった3,000rpmあたりからグァーーーという純正では味わったことのない加速感が発揮されて6,500rpmまで続きます。3,000rpm以下もトルクフルになっているのでメチャクチャ乗りやすくなっていますし、トルク&パワーの谷間なども一切なく 正直コレをフルで発揮するには早めにブレーキを強化したいッと思ったほどです。

このタイミングまで E/G プログラミングチューニング を待って頂いていた方に絶対にご満足頂けるッと120%自信を持ってオススメしたい”revo Technik”です。

また、ご説明をしてご予約頂いた方のほとんどが “SPS / シリアルポートパス” が決め手となっています。OBDポート経由で “チューニングデーター”or”ノーマル相当データー” を変更できるところが◎です。詳しいメリットはぜひぜひご来店して頂き、ご説明をさせて頂ければッと思っています。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

未だに絶好調ッ!!!

2017-07-19

コチラの”8E RS4″ですが、当店が週末限定・御殿場で営業をスタートした2011年当時から前オーナーさん、現オーナーさんとずっとメンテナンスさせて頂いている1台です。

走行距離はもう少しで140,000kmッと当店入庫頂いている”8E RS4″の中でも2番目に元気より走っています。エキゾーストはキャタライザーも含めてフルスーパースプリント製で、それにあったECUチューニングを施してありますので、エンジンの吹け上がりは未だに絶好調ッ!!!

とは言え、以前と比べるとオイル消費量が増加傾向にありますから今回も“Moty’s typeC”でE/Gオイル交換をさせて頂きました。

メンテナンスが中心の1台ですが、今回はフロントスポイラーも装着です。

チョイスしたのは当店でも多く装着している “SEAT Cupra-R 純正フロントスポイラー” を流用装着です。

“SEAT”と言えばスペインにあるVWグループの自動車メーカーで”Cupra-R”は”8L S3″と兄弟車です。純正スポイラーですのでPP樹脂製ですから取付いには多少柔軟性がありますので、ちょっと加工するだけでご覧の通り自然に装着可能です。

純正 → クァンタム製車高調サスペンション → オーバーホール ッとサスペンションも何度か手を加えていますし、サスペンションブッシュも1度交換していますが、そろそろサスペンションもリフレッシュのタイミングですね。

“8E RS4″でしたら 強化ブッシュがインサートされた ”034Motorsport製 Density Line コントロールアーム KIT”、強化ラバー製 ”034Motorsport製 Density Line ストラットマウントブッシュ” も在庫していますので、“KW Ver.3”あたりとの組み合わせがオススメです。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031