この年代にはお似合いッ!!!

2018-12-13

まずは、8E RS4 に “MILLTEK キャタバックエキゾースト” 装着した画は  ↑コチラ↑  です。

ッで、元々MILLTEKがリリースしているのは ↓コチラ↓ となりまして・・・

つまりMILLTEKからデリバリーされている状態ですとテールエンドはオーバル形状になります。本国ホームページの画像から判断してオーバルの中には2本のパイプがいますから “eマーク対応 + 左右4本出し + スリッシュテール” というご要望に比較的楽ーーーに加工できるかなッと思ったところ・・・

テールエンドはかなりゴツい作りをしている上に、中にいる2本のパイプは左右のサイレンサーで微妙に違う角度で溶接されてるし・・・。

試行錯誤の上に想定していた2倍・3倍の加工箇所を経て・・・。

なにせ、テールエンドをワンオフ加工だけに留まらず、実はセンターパイプの取り付け位置も加工・調整した末の取り付けでした・・・汗

そして、吸気系チューニングとして “グループM ラムエアシステム” を装着です。

アクセルワークに応じて グォグォーーーッと吠えるような迫力サウンドになるのが ◎

ただ、吸入効率が上がり、それに対して吸入量を計測するエアフロセンサーが近いこともあって、空燃比はかなり狂っていてエンジンのコンディションとしてはベストとは言えないのが、ラムエアシステムの・・・なところなんです。

ッということで、アウディ用ラムエアシステムの良さをフルに発揮させるためには現車合わせでのECUプログラムが必須です。

左のグラフがトルク、右のグラフがパワー、それぞれ緑色がラムエアシステム装着のみ、黄色がECUプログラミングによる補正後となりまして、NAエンジンですから飛躍的なパワーアップは難しいですが、トルクカーブを見ればその効果のほどは ◎ ッ!!!  マニュアルミッションですから全領域でのトルクアップは乗りやすさに直結します。

改めて見てもこの年代にはパイプを斜めにスパッと切っただけのスラッシュテールはお似合いですし、ラムエアシステムのサウンドも大変喜んで頂きました。ありがとうございました <(_ _)>

次は点火系の強化として “プラズマダイレクト+純正スパークプラグ” 交換、そして定期的にカーボンスラッジ対策として”ワコーズRECS & CORE601″ がこのエンジンのコンディションを維持する定番メニューですね。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 12月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

※ スケジュールは予告なく変更となる場合があります。詳しくは Facebook をご確認ください。

新アイテム”フロントアンダーフリッパー” 第4弾

2018-12-09

毎週のように新作がリリースされる “AS Sport フロントアンダーフリッパー”です。

今回は “8V S3 Sedan フェイスリフトモデル用” です。

5mm厚さのアクリル製ですから最低地上高への影響は皆無で、全長もキープしたままですが、フロントフェイスの印象がガラッと変化します。

現状 フェイスリフトモデルのSedanのみ取付確認ができていますが、Sportbackにも対応できる可能性が高く、フェイスリフトモデル S3 Sportback のモニター募集中です。ご興味のある方は info@kreis5.jp までお問い合わせください。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 12月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

※ スケジュールは予告なく変更となる場合があります。詳しくは Facebook をご確認ください。

8X S1SB 2.0TFSI + revo Technik ECU ステージ1

2018-12-06

特に 8X S1 は “revo Technik ECU プログラム” インストール率 高しッ!!!

今回も “Black Friday Sale”をご利用頂き、“ECU ステージ1”をインストールさせて頂きました。

国内導入最後のマニュアルミッション車ですから走りの楽しさがどう変化するか??? ッということで、インプレを頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★★

高速道路での性能 ★★★★★

乗りやすさ ★★★★★

総合的な満足度 ★★★★★

“revo Technik ECUステージ1″をインストールしましたが、全く違うフィーリングのクルマに変わりました。市街地では信号の出だしなど車がスムーズに進み、乗りやすくなった感じがします。高速道路でも6速のままアクセルワークに反応して加速してくれるので楽になりました。上り坂でもラクラク車が進むのでいついつアクセルを踏んでしまいます。正直ECUチューニングだけでこれだけ変わるの?と驚きました。このコストパフォーマンスでこれだけ変わるのなら真っ先にやった方が良いカスタマイズだと言えます。走るのがより楽しくなりました。どこから弄るか悩んでいる方は、まず revo をインストールした方が良いと感じました。

 

エンジンがパフォーマンスアップすると次はサスペンション・ブレーキを・・・となるのが常ですので、またぜひぜひご相談頂ければ幸いです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 12月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

※ スケジュールは予告なく変更となる場合があります。詳しくは Facebook をご確認ください。

新アイテム”フロントアンダーフリッパー” 第3弾 ッとお待たせしましたの定番アイテム

2018-12-02

師走になっても新作ラッシュのオリジナルブランド “AS Sport” です。

お問い合わせも多く頂いています “フロントアンダーフリッパー”第3弾は “8S TTRS”用 です。

RSモデルですので、前方への張り出し量も多めにしてみましたが、形状がシンプルなので自然な仕上がりです。

最終のフィッティング確認している時に取付部分を5mm下げるとフリッパーと純正アンダーパネルの間に程よい隙間ができ、そこを走行風が流れることがわかったのでダウンフォースという点からもその方法で取り付けることになりました。

次は “8V S3 フェイスリフトモデル”を開発中です。次々は “8K RS4” となりまして、ココまでは年内に開発が完了する予定です。

そして、下記のアウディについては、開発にご協力頂ける車両を募集中です。

・8V S3 Sportback フェイスリフトモデル

・8V RS3 Sedan フェイスリフトモデル

・8V RS3 Sportback フェイスリフトモデル

・8W S4 (または A4 S-line)

・8W RS4

・8W S5 (または A5 S-line)

・8T RS5 フェイスリフトモデル

・8S TTS (または TT S-line)

ご興味のある方は info@kreis5.jp までお問い合わせください。

そして、そして、待っていた方も多かった “プラズマダイレクト” がリリースとなりました。

もちろん、同じエンジンを搭載している 8V RS3 2.5TFSI フェイスリフトモデルにも対応しています。

プラズマダイレクトとは、イグニションコイルの強化版でしてプラグに強力かつ安定的に点火をさせることで、理想的な燃焼効率を得ることでトルク&パワーアップと共にレスポンスアップ、エンジンの保護にも繋がるアイテムです。直噴エンジンはその構造から不完全燃焼してしまう傾向にありますからプラズマタイレクトは救世主です。特に revo Technik ECUをインストールしたクルマにはマストアイテムと言ってもイイでしょう!!!

飛躍的にパフーマンスアップを体感できるアイテムではありますが、2,000prm付近のトルクアップ、全領域でのレスポンスアップは十分に体感ができますし、プラズマダイレクト→純正イグニションコイルに戻した時には “純正のエンジンッてこんなにガザカサとしてフィーリングだった!?”ッとちょっとショックを受けることはあります。

また、純正イグニションコイルも70,000kmほどでは本来の性能を発揮しずらい状態になることが多いので、そんな時にもプラズマダイレクトに換装もオススメです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 12月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

※ スケジュールは予告なく変更となる場合があります。詳しくは Facebook をご確認ください。

ついついニヤニヤするほどの効果ッ!!!

2018-11-29

RSルックグリルを装着して頂いている “8X S1SB” ですが、バンパーを外して・・・

ヨーロッパの有名チューナーのインタークーラーも生産する “ワグナーチューニング製インタークーラー” に換装です。

手前が純正、奥がワグナー製です。Lの字になって容量がアップしています。

限られたスペースを最大限に有効利用する形状によく考えられています。

純正グリルに装着できることはわかっていましたが、RSルックグリルとの組み合わせがどうなるか ??? でしたが、加工することもなく装着です。

バンパーを外したついでにグロスブラックだったグリルをマットブラックに、フォーリングスをマットシルバーにリペイントです。

もちろん、フロントに合わせてリアのファーリングスもマットシルバー化です。

そして、エクステリアが完成形になったので “GYEON” ボディー&ウィンドコーティングを施工させて頂きました。

“revo Technik ECUステージ1″+”MILLTEK キャタバックエキゾースト”+”EVENTURI カーボンインテーク”に加えて、今回のインタークーラー装着で 3,000rpm以上でパワーが盛り上がってくる感覚についついニヤニヤしてしまうほどの効果です。かと言ってそれ以下の回転数での圧力損失によるトルクダウンも感じないので、かなりオススメできるアイテムです。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 11月

2018年 12月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

※ スケジュールは予告なく変更となる場合があります。詳しくは Facebook をご確認ください。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031