安心がかなり高まりました

2017-09-28

サーキット走行でもうちょっと安心して走りたいッということでご相談頂きました “42A R8” です。

R8と言えどもブレーキがちょっと物足りないのがアウディのウィークポイントです。ドリルドローターも熱の入り方にムラがあるのでどうしてもクラックとレコード盤のような減り方をしてしまいます。

ブレーキをグレードアップする方法は何パターンかありますが、まずは純正のシステムを最大限使った仕様で交換です。

ッということで、ご用意させて頂いたのは ↓↓↓ になります。

ローターは“DIXCEL PDローター”ですが、R8用は通常のPDローター材質とは違ってハイカーボンスチール (高炭素鋼)になっています。

パッドはストリート用として“AS Sport AS600”、サーキット用として“AS Sport AS750”の2タイプを使い分けです。サーキットを楽しまれている方の多くがこの2タイプを使い分けいます。

フルードは“ワコーズ SP-R”で全交換させて頂きました。

ブレーキがウィークポイントの理由としてタイヤハウス内に走行風があまりいかないのが大きな原因です。ッということで、走行風を積極的に取り入れるためにブレーキダクトを装着です。

シングルフレームグリルの内側にカーボン製ファンネルを装着して、そこからダクトホースを通していきます。直径50mmのホースを通すのも一苦労です・・・。

バンパー裏まできてしまえば、案外と効率の良さそうな取り回しができます。

ステアリングを切ったり、サスペンションがストロークしたりしても干渉せずに、的確な位置にダクトホースの先端がくるように調整です。グリル側から強制的にエアを送ってみましたが、バッチリとフレッシュエアがホイールディスクの外側に吹き出すことも確認して完了です。

併せて、エンジンオイルを”Moty’s typeSP”に、クーラントも”Moty’s”で交換させて頂きました。どちらもストリートからサーキットまで対応していますので安心して走行ができるようになります。

新調して頂いたローター・パッドの慣らし走行をしましたが、明らかに通常のPDローターの材質とは違ったタッチで安心がかなり高まりました。

次のステップとして2ピースローター、その次のステップとしてキャリパーも含めたアップグレードというご用意も可能ですので、ぜひサーキット走行を楽しんで頂ければと思います。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

とりあえず・・・。

2017-09-27

デモカー”8X S1″にプロトタイプの”AS Sport 車高調サスペンション”を装着したので、とりあえず撮影してみました。ストローク量を確保するために採用した全長調整式ショックアブソーバーと特注生産した”WORK EMOTION CR Kai 極 8.0×17 ET35″のクリアランスがギリギリだったのでショック側を仕様変更中だったり、リアスプリングの仕様が想定とちょっと違ったのでスペックを再考中ですが、やはりローダウンした”8X S1″に”WORK EMOTION CR Kai 極 8.0×17 ET35″は似合いますね〜

走りを追求するために 235/40-17 が装着できるようにッと製作した”WORK EMOTION CR Kai 極 8.0×17 ET35″です。この頃  “まだ在庫がありますか???” というお問い合わせを頂きますが、まだまだストックありますッ!!! 絶賛 キャンペーン 継続中です。ぜひぜひ宜しくお願いします。

もちろん、”revo technik ステージ1″、”revo technik ステージ2 + ワーグナー インタークーラー + HJS キャタライザー” などパフォーマンスアップするメニューでホットハッチに変貌させてみるのも ◎ です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

在庫一掃セール 第2弾 各2台限定

2017-09-25

今年もあと3ヶ月とちょっとになります。。10月は “Audi Sport customer racing サポート” で不在の日も多いので、そろそろ決算にむけて在庫一掃セールでも・・・。

第2弾は EUROCODE スタビライザー ですが、せっかくですから “AS Sport リジットスタビリンク” との組み合わせでグゥーーーンとお買い得にッ!!! グゥーーーンとパフォーマンスアップ!!! なんと通常価格の30%OFFです。

“ローダウンはしないけどコーナーリングでもうちょっと踏ん張って欲しい” とか “車高調サスペンションは装着しているけど乗り心地を損なわずに更に走りを楽しくしたい”  ッという方にはオススメです。

適合車種は ↓↓↓ となりまして、各2台限定です。ぜひぜひいかがでしょうか???

 

EUROCODE スタビライザー + AS Sport リジットスタビリンク

■ 8K A4 / S4 / RS4・8T A5 / S5 / RS5用

限定2台 通常価格 ¥233,000 → 取付工賃込 特価 ¥163,100 30%OFF

 

EUROCODE スタビライザー + AS Sport リジットスタビリンク

■  4G A6 / S6 / RS6・4G A7 / S7 / RS7用

限定2台 1台 通常価格 ¥233,000 → 取付工賃込 特価 ¥163,100 30%OFF

 

※注 上記価格は現金特価となります。クレジットカード・ローンもご利用可能ですが、価格についてはお問い合わせください。

 

ちなみに、第1弾 は 8V S3SB用 1台限定 がまだ対応可能です。コチラも宜しくお願いします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

本来の性能から緩やかに変化・・・ということでリフレッシュ!!

2017-09-24

“KW Ver.3” “brembo 6pot” などを装着して頂いていますコチラの”4G A7SB”です。

走行距離も伸びてサスペンションの動きも落ち着きがなくなってきたッということでリフレッシュのご依頼も頂きました。

70,000kmオーバーですので、サスペンションのブッシュもヘタってきていますので、強化ブッシュ・ボールジョイントがインサートされた“034Motorsport ロアコントロールアームKIT”に換装です。

使用感のある方が既存の純正部品ですが、もちろんパッと見の形状は同じですが、ブッシュの硬度が強化されています。ショックアブソーバーやスプリング以外にこういった部分の剛性の違いが走りのしっかり感にも直結しますので重要な部分です。

また、ブッシュと同様に稼働部分でもあるボールジョイントも消耗品です。純正部品と比べてもハイグリップタイヤにも適したスペックになっていますし、プライスもリーズナブルになっていますから◎です。

もちろんアームを取り付けるボルト・ナットも新品に交換させて頂きました。

そして、ショックアブソーバー・スプリングとボディの接点でもあるアッパーマウントブッシュです。

左が既存の純正品、右は “034Motorsport アッパーマウント” です。コチラも適度に硬度がアップしていますので、耐久性・剛性感共にアップします。

そして、アッパーアームはキャンバー調整式の”アムテックス製”に換装です。キャンバー調整機能は必要ないッという方には ↑↑ と同様に”034Motorsport”から強化品がリリースされていますので、そちらのオススメしています。

そして、そして、KW Ver.3 はショックアブソーバーのオーバーホールも国内で可能ですが、スプリングはオーバーホールができないので今回は新たに再度 “KW Ver.3” をご用意させて頂きまして前後共に換装です。

前後共に同じセット長で組み込んだところ フロント10mm・リア15mm で車高が上がりました・・・。ショックアブソーバー・スプリング・ブッシュなどそれぞれが少しずつ走行距離 70,000km でヘタッた分 と推測できます。もちろん減衰力・バネレートなども本来の性能から緩やかに変化していたと思いますからこれで走りも復活です。

ブッシュもゴツゴツした印象は皆無で、しっかり感があってむしろ脚がしなやかに動くようになった印象です。

ただいま同じようなメニューで数台のリフレッシュでお話しを頂いています。ありがとうございます。ついついロングドライブが多くて走行距離が伸びちゃうッという方はぜひぜひいかがでしょうか???

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

2枚目

2017-09-23

“STOPTECH” “brembo” “ENDLESS” などなど 純正ブレーキを大幅にパフォーマンスアップするために装着するキャリパーKITですが、その多くはローターが2ピース構造となっていまして補修用ローターが単体で用意されていますので磨耗したらその部分の交換となります。

これまでも多くのアウディにキャリパーKITを取付させて頂いていることもあり、2枚目としてのローター交換も増えてきました。

コチラは “ENDLESS レーシングモノ6pot キャリパーKIT” を装着した “8J TTRS” です。

“Eスリット”という名のスリットが刻まれていますが、完全にスリットが消えています。コレが消えたら交換時期という目安になっています。ブレーキパッドは既存品を使用しましたので、ただいまローターとパッドの慣らし中です。

そして、コチラは “STOPTECH 6pot トロフィKIT” を装着した “8K S4” です。

ブレーキングにジャダーと呼ばれる振れをペダルなどに感じるようになったので交換です。併せて、ブレーキパッドはこれまでと同様にストリートスポーツタイプ “AS Sport AS600” を新調させて頂きました。

そして、そして、コチラは “brembo 6pot GT KIT” を装着した “4G A7SB”  です。

サスペンションのリフレッシュと共にご依頼を頂きました。

本来のパフォーマンスを発揮するためにはこういったメンテナンスも重要です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031