インテリア

“4ch” & “+C”

2017-05-17

22inch装着でバッチリと仕上がった”4G RS6″です。今回は“レイヤードサウンド”の装着でご入庫頂きました。ありがとうございます。

オススメさせて頂いたのは 1アンプ・4ドライバー “4ch”です。2ドライバーの”2ch”でもこれまでに体感したことのない音の広がりですが、”4ch”となると音に包まれている感が大幅にアップします。

MMI搭載車の多くは純正オーディオユニットがリア左フェンダー内にあります。ココを起点にシステムを組んでいきます。どのスピーカーラインから”レイヤードサウンド”を取るか? によって効果のほどが大きく変わります。

ノーマルのスピーカーは、ほぼ着座した時に耳よりも下の位置にありますが、レイヤードサウンドのドライバーは頭よりも上の位置に配します。純正オーティオ or BOSE or バング など搭載しているオーディオによってもドライバーの位置を調整していきます。

今回は、フロントドライバ ーをバイザー付近、リアドライバーをCピラー上部付近に設置しました。

まさに上から音が降り注いでくる感覚、中〜高音の再現力は特質モノで、これまでの純正オーディオがモノラルに聴こえてしまいます。

中〜高音メインのレイヤードサウンドですが、同メーカーから今回限定販売で 低音域強化のために “+C ウーファー” がリリースされました。既にメーカーでも完売となってしまいましたが・・・。

ラゲッジルームの使い勝手を犠牲にしたくないッということから ↓↓↓ に装着させて頂きました。コチラもどのスピーカーラインと接続するか? が重要ですが、今回はパターンで装着してみましたが、効果のほどからハイ/ローコンバーターを別途用意して装着しました。

ご要望に合わせてラゲッジボードを閉めてしまえば、装着していることがわかりません。

そして、”レイヤードサウンド”のアンプ、ウーファーのコントローラーはグローブBOXに設置させて頂きました。

装着が完了しましたらデモ音源で出力などを調整です。もちろん音の好みは千差万別ですから音のチューニングも楽しんで頂ければ幸いです。

そして、併せて “cpm ロアフォースメント” も装着です。

乗り心地やコーナーリング性能に効果が大きいロアフォースメントですが、無駄なボディの微振動も抑えてくれますのでレイヤードサウンドとの併用も◎です。

今回はオーディオのカスタマイズをさせて頂きましたが、次はエキゾーストサウンドのチューニングでいかがでしょうか???

個人的にはV8サウンドが割れることもなく、チタン特有のサウンドを奏でる”アクラポビッチ”、ほど良く大きめのサウンドの”MTM”がオススメです。

< 作業予約状況 >

2017年5月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

低・中・高 ッ♪

2017-05-01

限定販売の“レイヤードサウンド +C ウーファー”の取付ラッシュです。ありがとうございます。

コチラの”8S TTS”は、前に乗っていらっしゃった”8K S4″からレイヤードサウンドを装着して頂いていまして、乗り換えの際にレイヤードサウンドも移植させて頂いておりました。乗り換えても専用ボードなどを製作しなくても移植できるところがレイヤードサウンドのイイところでもあります。

ッで、今回はリアラゲッジルームボードの下に”+C ウーファー”を装着です。簡易的なボリュウムはグローブBOX内のレイヤードサウンドのアンプの下に”+C ウーファー”で調整が可能となっています。

中〜高音が得意とする”レイヤードサウンド”に、低音が加わったことでシステムが完成した感じです。

今月はまだまだ多くのアウディにレイヤードサウンド取付を装着させて頂きます。

そして、お待たせしておりました 8S TTS用 低ダストブレーキパッド “AS Sport AS500” がリリースされましたので、早速装着させて頂きました。

“8J TTS”は片側ピストンでしたが、”8S TTS”は対向4potピストンに進化しました。これまで”Sモデルはパワーに対してちょっとブレーキが・・・”という傾向にありましたが、少しずつではありますが “Sモデル”もブレーキがグレードアップしているのは◎です。

そして、お預かりでの作業でしたので、”GYEON”でボディ洗車と併わせて先日装着して頂いた”BBS RI-D”もシャンプー洗車 + コーティングしてみました。

ッということで、インナー側もしっかりと撥水しています。

ありがとうございました。次は、サスペンション??? RECAROシート??? でしょうか???

そして、そして、ただいまデモカー8X S1で “レイヤードサウンド”試聴車を製作中です。あいにく”+C ウーファー”は完売してしまったので、それに替わるシステムを組み込む予定です。

 

※ 5/2〜5 まではお休みとさせて頂きます。お問い合わせは info@kreis5.jp まで宜しくお願いします。尚、5/6からは通常営業となりますので宜しくお願いします。

 

< 作業予約状況 >

2017年5月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

430psを発揮するワゴン

2017-04-30

8K S4/8T S5 のローダウンでは定番の”KW ハイトアジャストスプリング”に、TWS鍛造ホイールを装着して頂いていますコチラの”8K S4″ですが、車検でお預かりと同時にカスタマイズです。

ッということで、やはり”8K S4/8T S5″だとエンジンパフォーマンスに対して、ブレーキのストッピングパワーが不足している・・・ということを感じる方が多く、これまでも多くの”8K S4/8T S5″に装着させて頂いているのが “STOTECH 6potキャリパー” です。組み合わせるローターは”355mm / 380mm”をチョイスできますので、ホイールのスペックに応じてどちらをチョイスするか分かれるところです。今回は既に装着しているTWSホイールの形状から 355mm では干渉してしまうので 380mm とさせて頂きました。

大幅にシステムとして制動力がアップしますので、ブレーキパッドは低ダストタイプ”AS Sport AS500″でも余裕が生まれますし、無償でアップグレードキャンペーン中ですから迷わずコチラを装着して頂きました。

そして、“034Motorsport リアサブフレームマウントインサート”も装着です。

ブレーキがパフォーマンスアップしたところで、“MTM Mキャントロニック”も装着です。カプラーON装着ながら他のアウディではダウンパイプ・タービン交換までプログラミング変更で制御が対応できるほどの精度が高いサブCPUです。ちなみに、燃料系までも補正できる唯一のサブCPUとなります。

もちろんパフォーマンスアップした分、エンジンオイルなどはキチン管理することがマストになりますので、エンジン内部洗浄をした後に”Moty’s typeSP”に交換させて頂きました。

ルックスとしてもTWS鍛造ホイールにギッシリとブレーキが詰まっていてSPLな雰囲気です。

そして、グリルも”RSルック”に換装させて頂き、”GARBINO カーボンフロントスポイラー”を追加装着してイメージチェンジです。

今回からアルミのバンパーサポートを純正風にアクリルボードを製作して覆うようにしてみました。

インテリアには“純正4G S6/S7用 アクセル/ブレーキペダル&フットレスト”を装着です。

ッということで、完成です。ありがとうございました。

リアゲートには誇らしげに”MTM エンブレム”です。これが430psを発揮するワゴンの証です。笑

 

< 作業予約状況 >

2017年5月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

だからこそ信頼性の高いモノを・・・。

2017-03-26

モデルチェンジから約1年、ちょっとスロースターター感のあった”8W A4″のご入庫も増えてきました。

まずは定番の “PLUG DRL! “ で DRL常時点灯です。診断機ポートから仕様変更の指示をインストールすることで点灯が可能となります。ちなみに、同じクルマであれば、消灯・点灯を繰り返すことが可能です。

法規も変更になって今年後半からは標準でDRL点灯になるんでしょうか??? やっぱりココが光ってアウディらしさがアップします。

同じように”TV”もキャンセルさせて頂きました。

“8W A4″から車両側のECUもより進化しましたし、今後ドンドン搭載ECUが複雑化していきます。だからこそ信頼性の高いメーカーのモノをお勧めします。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

2017年4月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

第二世代に進化 ♪

2017-03-02

アクラポビッチ フルエキゾーストを装着して最高のエキゾーストサウンドを手にいれたコチラの”4G S6″ですが、今回はオーディオのチューニングです。

当店で オーディオチューニング = “レイヤードサウンド” です。

その”レイヤードサウンド”ですが、今回から第二世代に進化したバージョンになりました。

大きな違いはスピーカーの役割をするサウンドドライバーがアナログな円状ダンパータイプからデシタルな基盤振動タイプに変更となりました。仕様変更で表現できる音域が幅広くなった印象です。

装備されているBOSEサウンドシステムがフロントから高出力がありますから通常のアウディよりも少しだけ後ろ気味に”サウンドドライバー”を配置です。今回は4chですので丸印あたりのルーフライニング内側に左右装着しました。

純正スピーカーのほとんどは耳の位置よりも下に配されているのに対して、レイヤードサウンドは上から音が降り注いでいる感覚ですし、ボーカル域よりも高い音域を得意としています。

グローブBOXに設置したアンプでサウンドチューニングができますので、同乗してよく聴く音楽に合わせてチューニングさせて頂きました。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930