インテリア

今秋 復活ッ!!!

2017-06-09

当店も人気アイテムの“AS Sport ドリンクホルダーSET”ですが、フェイスブックでは告知させて頂いていましたが、構成部品の”アウディ純正アクセサリー ドリンクホルダー”が廃盤となってメーカー在庫も無く、今後代替品を発売する予定も無しとのこと。

“8P A3系・8J TT系” “8V A3系”では定番アイテムですし、”8X A1系”の発売が目前でしたので、メチャクチャ困ってしまった事態です。

・・・ですが、元々製造元さんがどこかも知っていまして、この度  ↑ 改良版 ↑ を”AS Sport”製品として生産して頂ける目処がたちました。今秋にはリリースできると思います。

“8P A3系・8J TT系” “8V A3系” “8X A1系” のような丸型エアコン吹出口にはベースプレートとセットの専用キットで、その他の通常のエアコン吹出口のアウディには汎用ベースブラケットで取付が可能となります。

また、丸型エアコン吹出口でベースプレートが必要な “8S TT系”・”Q2系” についても早々に専用キットを開発予定です。

 

< 作業予約状況 >

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

通常モデルよりもお問い合わせが多い・・・

2017-05-31

通常の “8W A4 Sedan & Avant” よりもお問い合わせが多いのが “8W A4 allroadquattro” です。やはりA4 Avantよりラグジュアリー感があって以前と比べるとプライス差も少なく感じることから人気のグレードです。国内導入の枠が少なくてオーダーストップという噂も・・・。

コチラは”A5 カブリオレ”から始まり、毎年??? Audiを乗り換える度にご入庫頂いている方の”A4 allroadquattro”です。ありがとうございます。

まずは、絶対的な信頼度の高さを誇る“pb製 TVキャンセラー”を装着です。

WiFiが標準装備されて相互リンクができる環境が進んでいまして、想像以上にその進化は一気にくる予定のアウディですからこういったアイテムは今まで以上に信頼性が重要です。

そして、”ユピテル A710″も装着させて頂きました。”8W A4系”はこの位置にしっくりと装着できて◎です。GPSデーターによる新型オービスにも対応しています。

そして、そして、”A4 allroadquattro”のお問い合わせが多いので “034Motorsport ダイナミック+ ロアリングスプリング”も在庫しています。

ほど良い感じのローダウンで、トレッドが広い分 想像以上にコーナーリングも楽しくなります。ぜひぜひいかがでしょうか???

< 作業予約状況 >

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

少しずつ・・・少しずつ進化しています。

2017-05-27

デモカー”8X S1″ですが、空いた時間を使って少しずつですが進化しています。少しずつ・・・。

ッということで、↑↑↑ から ↓↓↓ のルックスになりました。

この角度からだったらわかりますか???

“Hitotsuyama GmbH 製 リアウィング” をボディ同色でペイントして装着してみました。

S1が発売される前に世界限定333台限定でリリースされた”A1 quattro”をイメージさせるデザインです。つい最近、Sportback用もリリースされましたので、ぜひぜひいかがでしょうか???

そして、6/24-25の”夏の商談会”にむけて“レイヤードサウンド”も装着です。

コンバクトなボディサイズのS1ですが “4ch仕様” をチョイスしました。やはり音の広がり感が “2ch”よりも1ランクも2ランクも上です。

そして、ホントは限定販売の”レイヤードサウンド +Cウーファー”を装着予定でしたが、人気アイテムでストックしていた分を全てお客様のアウディに取付してしまったので・・・代替システムとして “JBL サブウーファー” を組み込んでみました。

ラゲッジルームを少々占領しますが、それを差し引いても追加装着して◎なサウンドになりました。

まだサスペンションが純正のままなデモカーですが、“034 Motorsport リアサブフレームマウントインサート”も装着しました。

リアサスペンションがスムーズに動くようになるので、突き上げ感の軽減、トラクションアップなどなどメリットが多いアイテムです。

そして、1つお詫びが・・・。発売を目前となっておりました”AS Sport ドリンクホルダーSET”ですが、構成部品のアウディ純正アクセサリーのドリンクホルダーが廃盤となってしまいました。既にご予約を頂いている分につきまして、在庫を確保していますが新規オーダーについては承っておりません。

ただ、8P A3系・8J TT系・8V A3系共に大変人気のアイテムですので、解決策を検討中です。コチラについては詳細が決まりましたら改めてご案内させて頂きますので、ご迷惑をお掛けしますが少々お待ちください。

そして、”8X S1/S1SB”な方にオススメのアイテムは増えました。

“m+ カーボンフロントスポイラー”です。国産製でデザイン・フィッティングも◎なアイテムです。今後 “AS Sport フロントスポイラー ” と人気を二分しそうな予感です。

そして、そして、ただいま“KW  車高調サスペンション” キャンペーン中ですが、”8X S1/S1SB”用の”ver.3 / Clubsport”に限って更にSPLなプライスをご用意します。詳しくはご来店を頂ければ幸いです。

< 作業予約状況 >

2017年5月

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

2次元 → 3次元

2017-05-21

全ドア・リアゲート全開での作業といえば、“レイヤードサウンド”です。

2ドライバー / 1アンプの”2ch”、4ドライバー / 1アンプの”4ch”  2タイプのラインナップがあります。

今回は “AS Sport 鍛造ホイール ASF-05″を装着して頂いている”8T A5SB”に”4ch”タイプを装着です。

4つのドライバーはサンバイザー付近、リアピラー付近のインテリアトリム内に設置です。

純正スピーカーはコーンの2次元方向の動きで音になってますが、レイヤードサウンドのドライバーは”さざ波”のような3次元的な動きが音になります。これまでのスピーカーでは表現できなかった微細な音が再現できることが最大の特徴です。通常だと設置されていないルーフ付近の音源が追加されたこと自体も効果として大きいですが、再現できる音域が増えたことで、まるで モノラル→ステレオ になった時のような空間になります。

アンプも定番のグローブBOX内に設置です。フロントとリアのドライバー出力も独立して調整できますのでセッティング用CDをベースに聴きやす設定にしていきます。時には数時間クルマにこもってセッティングしていることも・・・。

そして、限定販売の“レイヤードサウンド +Cウーファー”も装着です。

あまりドカドカと大出力で鳴らすことはないですが、やはりコレがあるか、ないか、では違いは大きいと思います。

残念ながら”+Cウーファー”は完売となってしまいましたので、ただいまそれに替わるシステムをテスト中です。

6月には試聴できるようになると思いますので、ご期待ください。

 

< 作業予約状況 >

2017年5月

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“4ch” & “+C”

2017-05-17

22inch装着でバッチリと仕上がった”4G RS6″です。今回は“レイヤードサウンド”の装着でご入庫頂きました。ありがとうございます。

オススメさせて頂いたのは 1アンプ・4ドライバー “4ch”です。2ドライバーの”2ch”でもこれまでに体感したことのない音の広がりですが、”4ch”となると音に包まれている感が大幅にアップします。

MMI搭載車の多くは純正オーディオユニットがリア左フェンダー内にあります。ココを起点にシステムを組んでいきます。どのスピーカーラインから”レイヤードサウンド”を取るか? によって効果のほどが大きく変わります。

ノーマルのスピーカーは、ほぼ着座した時に耳よりも下の位置にありますが、レイヤードサウンドのドライバーは頭よりも上の位置に配します。純正オーティオ or BOSE or バング など搭載しているオーディオによってもドライバーの位置を調整していきます。

今回は、フロントドライバ ーをバイザー付近、リアドライバーをCピラー上部付近に設置しました。

まさに上から音が降り注いでくる感覚、中〜高音の再現力は特質モノで、これまでの純正オーディオがモノラルに聴こえてしまいます。

中〜高音メインのレイヤードサウンドですが、同メーカーから今回限定販売で 低音域強化のために “+C ウーファー” がリリースされました。既にメーカーでも完売となってしまいましたが・・・。

ラゲッジルームの使い勝手を犠牲にしたくないッということから ↓↓↓ に装着させて頂きました。コチラもどのスピーカーラインと接続するか? が重要ですが、今回はパターンで装着してみましたが、効果のほどからハイ/ローコンバーターを別途用意して装着しました。

ご要望に合わせてラゲッジボードを閉めてしまえば、装着していることがわかりません。

そして、”レイヤードサウンド”のアンプ、ウーファーのコントローラーはグローブBOXに設置させて頂きました。

装着が完了しましたらデモ音源で出力などを調整です。もちろん音の好みは千差万別ですから音のチューニングも楽しんで頂ければ幸いです。

そして、併せて “cpm ロアフォースメント” も装着です。

乗り心地やコーナーリング性能に効果が大きいロアフォースメントですが、無駄なボディの微振動も抑えてくれますのでレイヤードサウンドとの併用も◎です。

今回はオーディオのカスタマイズをさせて頂きましたが、次はエキゾーストサウンドのチューニングでいかがでしょうか???

個人的にはV8サウンドが割れることもなく、チタン特有のサウンドを奏でる”アクラポビッチ”、ほど良く大きめのサウンドの”MTM”がオススメです。

< 作業予約状況 >

2017年5月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30