エクステリア

“初” マクストンデザイン

2017-07-10

彗星の如く現れた!? “マクストンデザイン製エアロパーツ”、ヨーロッパではOEM生産も請け負っているほどメーカーさんですから単に存在を知らなかっただけですが・・・汗

純正OPTパーツにも採用されるABS樹脂製で、リーズナブルなプライスでお問い合わせ急増中なんですが、早速国内在庫がありました “8J TTRS 用 リアカップスポイラー” を装着です。

↑ TTRS純正リアウィング ↑ の上面に後端分に両面テープで止めるタイプです。

レーシングカーがコースごとにダウンフォースを調整する時にGTウィング後端に取り付けるガーニーフラップ的な感覚です。

取り付けた時に上面はツヤありブラック、仮面はちょっと半ツヤブラックです。今回はボディカラーもブラックでしたのでノーペイントで装着しましたが、ご希望があれば別途ボディカラーに塗装も承ります。

週末までにご予約を頂いた方の分は本日オーダーさせて頂きましたッ!!! 8V S3 Sportback / Sedan FL前用 フロントスプリッター、8V RS3 Sportback用 リアカップスポイラーなどは余分にオーダーしましたので、ぜひぜひご予約をお待ちしております。ちなみに、8V RS3 Sportback用 フロントスプリッターVer.2 は当店に在庫があります。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

まずはエクステリアから・・・。

2017-07-09

ホワイトに見えて少しブルーが入った希少な”キュミラスブルー”な”8X S1SB”です。

ご入庫時が ↑↑↑ で、現在の状態が ↓↓↓ です。違いは 2点 ッ!!!

まずは “Hitotsuyama GmbH製 リアウィング” を装着させて頂きました。

FRP製とカーボン製の2タイプがリリースされていますが、今回チョイスしたのは後者です。・・・が、センターフラップ部分はカーボンを残したままクリアペイント、サイドステー部分は贅沢にもカーボンの上からボディ同色ペイントをさせて頂きました。

フラップの下面には”Hitotsuyama GmbH”ステッカーも貼付してみました。

ッということで、デモカー”S1″と”S1SB”を比べてみました。どちらも専用設計になりますからデザイン的なバランスも◎です。

そして、2箇所目の入庫時が ↓コチラ↓  です。

そして、カスタマイズ後が ↓コチラ↓ です。

マットガンメタの樹脂素材 未塗装のリアディフューザーをブラックメタリックでペイントさせて頂きました。リアウィングのカーボンと相まってリアセクションが引き締まった印象になりました。

こうなってくるとフロントグリルも”ブラックスタイリングPKG”用のブラックグリルに換装したいところですが、そのあたりは次メニューにするとして・・・。

ッで、今回は “m+製 カーボンフロントスポイラー” を装着させて頂きました。クォリティも◎でお勧めのアイテムです。

フロントセクションで人気の”AS Sport フロントスポイラー”と比べてみました。センター部分にちょこっとしたアクセントなら”AS Sport”でしょうし、ボリュウムアップなら”m+”でキマりではないでしょうか???

どちらも当店に在庫がありますので、即日取付可能です。

ちなみに、”キュミラスブルー”な”8X S1SB”ですが、お預かりしている間に追加メニューを頂きました。ありがとうございます。また、そのあたりは後日ご紹介したいッと思います。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

ん・・・価格破壊です。笑

2017-07-06

ヨーロッパのエアロパーツブランド  “マクストンデザイン” ですが、なんと言っても ラインナップの多さ、割れにくいABS樹脂製、リーズナブルなプライス が魅力のブランドです。

当店では基本的に 表面シボ無し・グロスブラック仕様 の取り扱いをしていますが、グロスブラックのまま装着してもヨシ、ボディカラーに塗装してもヨシ、カーボンシートラッピング加工して装着してもヨシッとなっています。

先日フェイスブックでご紹介したところ早速多くのオーダーを頂きましたので、来週早々に輸入元さんが本国に緊急オーダーして頂けることになりました。ご検討中の方は今週末までメールを頂ければ一緒に本国オーダーしちゃいます。とは言え、ヨーロッパのメーカーさんなので、時間の流れがゆっくりしていますので、少々お時間は掛かりますが、ぜひぜひ宜しくお願いします <(_ _)>

ちなみに、↑ 8V RS  Sportback FL前用 Ver.2 フロントスプリッター シボ無しグロスブラック ↑ は在庫があります。ちなみに、ちなみに、税別定価 ¥46,800 (取付工賃別) です。ん・・・価格破壊です。笑

国内サイトにはまだ未掲載ですが、RS3 Sportback 純正リアスポイラーの上にアドオンする ↓ リアカップスポイラー ↓ もお勧めです。もちろん次回便で若干台数分をオーダーしてありますのでご予約お待ちしております。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

これから一気に・・・。

2017-07-05

ちょっとスロースターターだった 新型 A4 のカスタマイズも A5 が加わったことで、これから一気に 加速しそうな雰囲気がしてきました。ッということで、コチラは A4 2.0TFSI quattro S-line Sedan です。

今回はローダウンのためにご入庫です。8K A4と比べると手持ちのデーターもまだまだ少ないので純正状態を測定してからの作業開始です。

8W A4 になってサスペンションの各部のアルミ化がまたまた進みました。そして、フロントと比べるとリアのサスペンション構造に変更があります。

今回チョイスしたのは “034Motorsport ダイナミック+ ロアリング スプリング” です。

コチラもまだまだ装着台数が少ないので、スプリング本体のスペックも測定しておきます。

フロントショック部分の構造自体は前型と一緒ですが、各部の組み付け精度が上がるような設計になっています。おそらく走行距離が伸びてきた時に違いが大きくでるかなぁッと推測できるような変更です。

リアはロアアームがアルミ製になったことによって、併せてスプリング異音対策とスムーズに動く対策もしっかりとしてきました。4G A6で少し対策はしていましたが、今回の改良で解決できた感があります。前型ではその可能性があるッとメーカーが認識していたという証拠で、今後車高調サスペンションに換装する場合に違いが大きく出る改良です。

そして、先日も”8W A4″に装着させて頂き、”新型なんでボディ剛性が高いだろうから 効果があるか??? という先入観があったんですが、ホントびっくりするくらい道路の凸凹がマイルドに感じます” ッというご意見を多く頂きました “cpm ロアフォースメント” も装着です。

もちろん、サスペンション交換後はアライメント調整は必須です。

そして、デイライトを “PLUG DRL” で点灯です。ちなみに、MY2018からはやっと標準でDRL点灯になるらしいです。

ッということで、S-line純正サスペンションからフロント20mm・リア15mmのローダウンとなりましたが、装着直後なので馴染んでくるともう少し下がって設計値の25mmダウンになってくると思います。

A4 STDサスペンションに装着した場合は前後50mm、A4 allroad quattroに装着した場合も前後50mmになる設計です。

乗り心地はS-line純正スプリングよりも突き上げ感がマイルドになった印象で、純正ショックアブソーバーとの相性も◎です。個人的には前後共に強化スタビライザーと併用することで乗り心地の良さをキープしながら回頭性がシャープになるかなぁッと推測しています。まだ、スタビライザー前後セットが各メーカーからリリースされていないので、今後リリースされたら組み合わせてみたいですね。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

どれも定番アイテムなのでご用意していますッ!!!

2017-07-02

コツコツとデモカーのカスタマイズも進行中ですが、それに伴って”S1/S1SB”のご入庫も増えてきました。

コチラは、国内90台限定販売 “S1 Sportback quattro limited edition” です。S1/S1SBに乗っている方なら”欲しいなぁーーー”ッという装備がたくさん付いた限定車ですが、まずは ヘッドライトのHIDバルブを“BREX ULTRA Blighter 107 6,000K”に換装です。

HIDバルブ交換だけで超ーーー明るくなるッと人気急上昇中のアイテムです。視認性という意味では 6,000K がお勧めですが、もっと蒼白い光が・・・ということでしたら 6,800K もご用意可能です。

もちろん、D1S/D3Sと規格球ですから 8K A4系・8T A5系・8J TT系などなどのHIDヘッドライトにも使用可能です。

そして、先日の体感試乗会でも装着率100%でした “プラズマダイレクト” です。

直噴エンジンの宿命でもあるノッキング対策には効果的な点火系チューニングアイテムです。劇的なパフォーマンスアップはありませんが、むしろ純正イグニションコイルに戻した時には “えーーーッ!!! 純正だとこんなにエンジンがザラザラとしたフィーリングだったの・・・”ッということをみなさん口を揃えておっしゃるほどで、燃焼効率があがることから燃費にも貢献します。

定番アイテムですので、当店に在庫もありますので 即日装着可能 ですし、”revo Technik ソフトウェア” でパフォーマンスアップしたらぜひぜひ装着しておきたいアイテムです。

ッということで、次回は “KW Ver.3 車高調サスペンション”の装着ですね。どうぞ宜しくお願いします。

 

そして、m+製 “S1 / S1SB 用 フロントスポイラー” が入荷しました。Made in Japan のカーボン製となりましてデザイン・クォリティ共に◎なアイテムです。若干数ですが、当店に在庫もありますので 即日取付可能 です。Hitotsuyama GmbH製 “リアウィング”とセットで装着するとレーシーな印象になってお勧めです。ただいま “S1SB” でその組み合わせを1台製作中です。後日ご紹介させて頂きます。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031