パワートレイン

revo technik ステージ1 + 4G RS6

2017-07-29

納車直後の”4G RS6 Performance”ですッ!!! ノーマルでも 605ps/750Nm にチューンナップされたモデルです。

ッということで、これだけのパワーを活かして走ると標準DRCサスペンションもショックアブソーバーオイルが制御されてロールを抑えるには僅かながらタイムラグが気になってきますので、“EUROCODE スタビライザー” & “AS Sport リジットスタビリンク” で物理的にロールを抑制します。

もちろん、シャシ補強として“cpm ロアフォースメント”はマストアイテムです。

そして、早速 “アクラポビッチ フルチタンエキゾースト”を装着させて頂きました。”4G RS6″用エキゾーストとして性能・ルックス・サウンドどれをとっても最高の1本です。

リアディフューザーはOPTのカーボンPKGとなっていますが、そこにアクラポビッチのカーボン&チタンのテールエンドッ!!! それ以上言葉はいりません。

実は前車もアクラポビッチを装着されていましたので、 “やっぱりこの音はイイですね〜” ッと早速オーナーさん自ら動画を撮られていました。

そして、今回は “AWE Tuning リモートスイッチパス” を併用させて頂きました。ドライブセレクトのモードとは完全に切り離して排気バルブをリモコンのON/OFFで開閉することができます。

そして、純正の制御だとエンジンスタート時にはどうしても一瞬バルブが開いてしまうんですが、このリモートスイッチパスを使ってエンジンオフ時にリモコンを”OFF”にしておくと・・・次のエンジンスタート時にはバルブは閉じたままになります。

駐車場で朝早くエンジンスタートする時にちょっと気が引けていた・・・なんて方にはメチャクチャ便利な機能です。

そして、そして、”revo technik ソフトウェア ステージ1″も適合確認がとれましたので、インストールさせて頂きました。

前車もECUチューニングされていたので、例え Performance モデルであっても”なんだかエンジンが、もさぁーーーーとしている感があって・・・”ッという印象だったようですが、”reco technik ステージ1″をインストール後は “クルマがメチャクチャ軽くなって乗りやすい”ッというインプレッションを頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

一応メーカー公表値は 684ps/902Nm ・・・ “RS6 Super Performance” です。次はホイールでしょうか??? あッ!! もうすぐ “EVENTURI カーボンインテーク”も入荷予定です。

↑↑↑ が “RS6 Super Performance” ならば、近日中に “RS6 ULTRA Super Performance” を製作します。既にタービン直後からは MTM フルエキゾースト を組み込んでありますが、今回は・・・

“LOBA LO800 4.0 TFSI Turbocharger” & “LOBA High-Pressure Fuel Pump P40” を使用して 800ps近くのポテンシャルを狙います。ホントはそれ以上も可能なのですが、ミッションがそれ以上ちょっと厳しいんです・・・。ピークパワーだけを求めても乗りにくくなってしまうのでトルク重視の踏み抜ける仕様にするつもりです。ちなみに、コチラの仕様のECUチューニングは現車セッティングです。最終の実走行が楽しみでもあり、恐怖でもある1台になりそうな予感です。

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

revo technik ステージ1 + 8X S1SB

2017-07-27

“m+ カーボンフロントスポイラー” “Hitotsuyama GmbH リアウィング” などを装着したところまでご紹介したコチラの”8X S1SB”です。

先日の”夏の商談会”で “レイヤードサウンド” を試聴して頂き、デモカーと同様に “4ch仕様” を装着させて頂きました。

そして、”8X S1/S1SB”で装着の高い“プラズマダイレクト”です。

装着後、”特にアイドリンクストップからの再始動時に良さを実感できました” ッとインプレッションを頂きました。

そして、“revo technik ソフトウェア ステージ1” をインストールさせて頂きました。

そして、↓↓↓ のようなインプレッションを頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★☆

高速道路での性能 ★★★★★

乗りやすさ / 扱いやすさ ★★★★★

総合的な満足度 ★★★★★

市街地でのトルクアップに最初は戸惑いがあるほどでしたが、ココは慣れで解決する部分だと思います。ついつい 1〜3速では回転数を上げて走ることが多くなりました。市街地でのトルクアップが一番良くなっている気もしますが、それ以上に第一印象として高速での気持ち良さを感じました。その差が★1つの差です。高速道路での6速でクルージング走行からも明らかに反応良く加速してくれるようになったので、感覚的には5速にシフトダウンの必要するがなくなったかなぁ〜と思います。このプライスでこのパフォーマンスは、絶対やったほうがいいですね。

 

こういったオーナーさんの声は大変参考になります。ありがとうございます <(_ _)>

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

 

選りすぐりアイテムばかりッ!!!

2017-07-26

“AS Sport フロントスポイラー”を皮切りにE/Gオイル交換などでお越し頂いておりますコチラの”4G S6″ですが、今回はたくさんのメニューですッ!!!

まずは、エアサスペンションでローダウンする方法といえば “iid ロアリングKIT”です。

車高を認識しているロッドを調整式に換装することで、設定車高を変えることができます。もちろん、MMI内での”車高を上げる”or”車高を下げる”機能は使えますのでエアサスペンションの機能をスポイルすることもありません。

そした、ローダウンするとフロントのキャンバー角度がついてしまいますので、“調整式アッパーアーム”を装着してアライメント補正をします。特に長距離を乗る方にはタイヤの寿命に違いが大きく出ますのでオススメです。

“cpm ロアフォースメント”も装着です。ブログを読んで頂いている方々にはもう説明の必要もない定番アイテムです。

そして、そして、”カプラーONタイプ ダイナミックウィンカー”です。

テールランプと車体の間のハーネスに割り込ませることで、フェイスリフトモデルのような”流れるウィンカー風”になります。

ちなみに、いまのところAvantのみ対応です。

お次は、“アクラポビッチ フルチタンエキゾースト” です。”Audi Sport Perfomance Parts”にも採用されているハイパフォーマンス&ハイクォリティなエキゾーストとしては敵無しッ!!!

もちろん純正排気バルブ対応です。

その排気バルブの開閉ですが、アクラポビッチ付属のユニットを使ってドライブセレクトである程度はコントロールできますが、完全に”開閉”はコントロールできません・・・。

ッということで、”アクラポビッチ”に付属しているバルブコントロールユニットは使わず、“AWE Tuning リモートスイッチパス”を装着させて頂きました。

これによって、リモコンのON/OFFで完全に排気バルブのコントロールが可能になりました。

また、嬉しい発見が1つッ!!! エンジンを切る前にリモコンを”OFF”にしておくと、次にエンジンスタート時にも排気バルブが”閉”のままになります。純正はエンジンスタート時に一瞬排気バルブが開いてしまうので、”朝イチのエンジンスタートがご近所迷惑なんだよな・・・”ッという方には朗報です。

そして、そして、Audi Motorsport 直系 “OZ 鍛造ホイール ZEUS HLT” 20inchです。

本来 “4G S6” サイズの設定はありませんが、カスタムメイドサービスで製作して頂きました。

組み合わせたタイヤは”ADVAN Sport V105″です。まさにハイパフォーマンスでロングツアラー向きの”4G S6″にはピッタリの性格なタイヤです。

決して派手ではないですが、”アクラポビッチ” “OZ ホイール” “ADVAN” とアウディ純正でも採用されている選りすぐりアイテムばかりを装着して頂きました。ありがとうございました。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

revo technik ステージ1 + 8S TTS

2017-07-24

多くの方からご予約を頂いています “revo technik” ECUソフトウェア です。

記念すべき第1号はコチラの”8V TTS”です。

歴代のアウディでECUチューニングされていた方だけに、”revo technik”の印象はいかに・・・。

既に点火系は”プラズマダイレクト”を装着して頂いていますが、今回は“Racingline Perfect Intake System”を装着です。

構成部品としては、タービン周辺の “ターボインレットホース” “ターボインレットパイプ” “ターボマフラーデリート” です。

タービンの入口と出口の両方を純正部品よりも抵抗の少ない設計のアイテムに交換することでタービンの性能をより引き出す効果があります。

そして、もう1つのアイテムは “R600 コールドインテーク” です。一見 純正然としたエアクリーナーBOXですが、その名の通り600psまで対応する実力派です。

フロントグリル上部を有効利用して可能な限りフレッシュエアを取り入れています。

“Racingline”は徹底的なテストを繰り返して納得のいくものだけをリリースしてきますので、当店では”8J TTRS用 コールドインテーク”が定番ですがその性能には絶対的な信頼を置いているアイテムです。

ッということで、”クルマが軽くなったのが第一印象で、スムーズに加速していくのにいつの間にかスピードは・・・。純正は気になっていた中間加速が特に良くなりました” ッとレビューを頂きました。ありがとうございました <(_ _)>

クルマが軽くなったと感じるのはキチンとトルクが確保されて、スムーズに加速していくのは燃料系・点火系・過給圧などなど全てがバランスよく制御されている何よりもの証です。もちろん、SPS “シリアルポートパス”も付属させて頂きましたので安心です。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

アイテムも揃ってきました

2017-07-23

数タイプの試作品を比べてプロトタイプが完成しました 8V RS3SB専用 “AS Sport ループエキゾーストシステム” です。

低〜中回転域でのトルク特性、中〜高回転域でのパワー特性、全領域でのエンジンレスポンス、そしてエキゾーストサウンドの全てを両立するために、パイプ径をむやみに太くしないことでトルクを稼ぎ、できる限りサイレンサーの小型化とパイプレイアウトで消音することでパワー感とエンジンレスポンスを追求したのがこのシリーズの特徴です。

最終的に ↑↑↑ のレイアウトになりましたが、右側2本のテールエンドはストレート構造、左側2本のテールエンドがサイレンサーを介した構造になっています。ドライブセレクトのモードに応じて可変となります。

また、室内の”こもり音”がないのも特徴です。ちなみに、室内でのサウンドはコチラで試聴できます。前半がコンフォート、後半がダイナミックです。

テールエンドはカーボンタイプ左右4本出しとすることで純正との差別化を計りました。発売は今秋の予定です。

そして、”EVENTURI”から待望の 8V RS3 2.5TFSI専用 “カーボンインテークシステム” が発売となりました。これまでのアウディ用と同様に性能・ルックス共に申し分ない出来栄えです。

8V RS3 Sedan のデリバリーを目前にまずはフェイスリフト前モデル用のアイテムも揃ってきました。

もちろん、”revo Technik” ECUチューニングもご用意していますので、ぜひぜひいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031