パワートレイン

8J TTRS 2.5TFSI + revo Technik ECU ステージ1

2018-08-10

チューニングベースとして依然として人気の高い”8J TTRS”ですし、これまでも多くのクルマをチューニングさせて頂きました。

今回は新たな1台にご入庫頂き、最初の1歩として “revo Technik ECU ステージ1” をインストールです。

そして、オーナーさんにインプレッションを頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★★

高速道路での性能 ★★★★★

乗りやすさ ★★★★★

総合的な満足度 ★★★★★

速さを求めるための第一歩としてインストールしました。インストール前と比較して格段にスピードレンジが速くなり、特に高速では数秒でXXXkmに到達するほどでした。パワーアップ&モアスピードをすぐに感じたいなら”revo ECUステージ1″はお勧めです。今度は”ステージ2″を目指します。

 

ッとのことです。ありがとうございます <(_ _)>

“ステージ2″になりますと “セカンダリーキャタレス エキゾースト””インテークシステム””インタークーラー” がマストアイテムになります。これまでの装着実績でそれぞれオススメのアイテムがありますので、ぜひぜひこれから”8J TTRS”を弄ろうッという方はお気軽にご相談頂ければ幸いです。

もちろん、その走りを支えるサスペンション・タイヤ&ホイール・ブレーキも重要です。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 8月

2018年 9月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

中身も外見もアグレッシブに変身

2018-07-08

当店人気No.1マフラー “MILLTEK ミルテック” ですが、今回は ↑ 8X S1SB ↑ の換装です。センターパイプはサイレンサー有無がチョイスでき、テール形状はオーバルと90mmラウンド、テールカラーはポリッシュとブラックからチョイスすることができます。

もっとも人気のあるサイレンサー有・90mmラウンド・ブラックテール仕様を装着させて頂きました。

吸排気系という言葉があるようにマフラー交換をしたら吸気系にも気を使いたいところです。ッということで、”8X S1″で定番の“EVENTURI カーボンインテーク”を装着です。特に2,500rpm以上での加速感は◎です。また、”revo Technik ターボデリートパイプ” も併せて装着したことで、アクセルレスポンスも良くなりました。

通常だとボンネットを締めてしまうと見えなくなってしまうインテークシステムですが、”EVENTURIカーボンインテーク”はフロントグリル内の導風板がチラッと見えるのも憎い演出です。

そして、チューニングだけでなく、メンテナンスも重要です。エンジンオイルを“Moty’s 5W-30”に交換です。Moty’sのエンジンオイルでも数タイプでデーターを取りましたが、このタイプがこのエンジンにはベストチョイスです。交換の目安は10,000kmですが、ハードに走る方は5,000kmごとの交換がオススメです。

以前装着して頂いた “Reife カーボンフロントスポイラー”に加えて、”RSルックグリル”に換装してイメージチェンジです。

また、フロントスポイラーと同じく “Reife” からリリースされている “ローダウンフェンダートリム”も装着です。

純正ホイールアーチよりもタイヤとのクリアランスが少なくなるのでローダウンしたかのような錯覚になります。もちろん、前30度・後50度ルールにも効果大のデザインになっています。

そして、ルーフアンテナを・・・

“COXヘリカルショートアンテナ”に換装です。ルックスと立体駐車場での利便性もアップです。

中身も外見もアグレッシブに変身して、ボディーカラーも含めてワンリーワンな1台になりました。ありがとうございました。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 7月

2018年 8月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

クルマのコンディションを左右します

2018-06-24

メンテナンスメニューの定番と言えば、まずは E/Gオイル交換です。

コチラの”4G S6″は “Moty’s E/Gオイル 5W-40” にプラスして フリクション低下・極圧性アップ・オイル酸化防止・洗浄効果のある “ワコーズ スーパーフォアビーグル” に、“アウディ純正オイルフィルター” というメニューです。

そして、ブレーキフルードも “ワコーズ SP-4” に交換です。

各キャリパーから古いフルードを抜いていきます。

先日からブレーキフルード交換はフルードタンクから強制的に圧送する交換方法にしました。

エア駆動のポンプで圧送しますので、配管途中にあるエアも抜きやすくなって、全抜き替えも楽チンになりました。ちなみに、ブレーキフルードは車検ごとの交換が目安です。

そして、そして、夏本番を前にただいまバッテリー交換ラッシュです。純正相当のVARTA製がオススメです。カスタマイズだけでなく、メンテナンスがクルマのコンディションを左右しますので、ぜひぜひお気軽にご相談ください。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 6月

2018年 7月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

8S TTRS + revo Technik ECU ステージ1

2018-06-21

新設計の2.5TFSIに対応した “revo Technik ECUステージ1” がリリースになりました。対象車種は “8S TTRS” & フェイスリフトモデル”8V RS3″ です。早速リリース当日に “8S TTRS”にインストールさせて頂きました。

ッということで、いつものようにオーナーさんにインプレッションを頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★☆

高速道路での性能 ★★★★★

乗りやすさ ★★★★★

総合的な満足度 ★★★★★

先日は 8K RS4 4.2FSI にも “revo Technik ECUステージ1” をインストールしましたが、全く違うフィーリングのクルマに変わりました。EVENTURIカーボンインテークをすでに装着していますが、低〜中回転域での吹け上がりはスムーズ、そして高回転域では爆発的な印象です。高速道路ではついついアクセルょ踏んでしまいます。街乗りよりも高速道路でより効果が絶大だと思います。他の方々のインプレッションにある通り、チューニングの第一歩でしょう!!! お勧めです。

 

ありがとうございました。オーナーさんの生の声でからぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです。ちなみに、インストール作業時間は 1.0H ほどですので、お待ち頂いている間に ↑ のような TTRS/RS3 に変貌します。また、別売の “SPS シリアルポートスイッチ” で “チューニングデーター”と”ノーマル相当データー”を切り替えることもできるのも◎です。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 6月

2018年 7月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

期待を裏切りません

2018-06-17

お待たせしました 8X S1用 “EVENTURI カーボンインテーク” が入荷しました。

まずは、デモカーに装着したところで・・・ご予約頂いていた 8X S1 が続々と入庫です (驚)

併せて、“revo Technik ターボデリートパイプ” も装着です。

タービンのコンプレッサー出口にあるパイプですが、純正はレゾネーター効果を狙った形状をしていますが、ストレート構造にすることでブーストレスポンスがアップするッというモノです。

そして、EVENTURI カーボンインテークは他のアウディと同様にフィッティング性は◎で、グリル内に装着する赤いエアガイドから効率良くフレッシュエアをエアクリーナーへと導入します。エンジンルームの熱いエアを吸うということはそれだけ空気密度が低下します。例えば、0度と30度では10%も空気密度が下がりますからできる限りエンジンルームの熱の影響を最小限にするためにはオープンタイプではなく、こういった形状がベストです。特にこれからの季節はパワーに大きな差が出ます。

人気のRSルックグリルとの併用も確認しました。赤いエアガイドがかなり目立ちますッ!!

そして、コチラの8X S1にも装着です。

純正グリルだと赤いエアガイドもチラッとアクセントになります。

デモカーは元々 “revo Technik インテーク”が装着してあったので、エアクリーナー後のパイピングはそのまま”revo Technik製”を併用してみました。Forge DVバルブも併用していることもあって吸気音は他の2台よりも大きめです。

“EVENTURI カーボンインテーク”をオススメする理由の1つは低回転域でのトルクが確保されていることで、マニュアルミッションですから特にココは重要です。もちろん、2,500rpm以上のパワー感とエンジンのレスポンスは流石の”EVENTURI”、期待を裏切りません。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 6月

2018年 7月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30