A6

“revo Technik ECUステージ1+” 4G A6 allroad quattro

2017-12-28

ストローク量たっぷりのエアサスペンションに、V6 3.0TFSI エンジンを搭載してロングクルージングが大得意の”4G A6 allroad quattro”です。

これまで “MTM Mキャントロニック” でパフォーマンスアップをして頂いていたコチラのクルマですが、今回はフロントセクションを外して・・・

まずは、スーパーチャージャーのプーリー交換です。

クランクプーリーからベルトを介して駆動している矢印の純正スーパーチャージャーのプーリーですが、ユニットに圧入されていますので ↓専用ツール↓ を使って外します。

純正プーリーを外す傍では、オイルを入れた鍋を電熱器で温め、 “revo Technik製 プーリー” をジワジワと熱膨張させていきます。

十分に温まったところで、プーリーをスーパーチャージャーのセンター軸に装着です。冷えてしまう前に作業する必要があるので時間との戦いです。十分に冷えたらベルトを装着してハードウェアの作業は完了です。

スーパーチャージャーのプーリーが10%ほど小径化されたことによって、コンプレッサーが回転数が上がり 結果として過給圧が上がるという原理です。

そして、次は小径プーリーによる過給圧アップに合わせた “revo Technik ECU ステージ1+” をインストールです。

・・・ですが、”A6 allroad quattro 3.0TFSI”用のデーターがなかったので、本国にコードリクエストしてデーターを製作してもらい、世界初!?のインストールです。

ECUデーターは他のアウディに搭載されてる 3.0TFSIエンジン用データーがベースになりましたが、併せてオーダーを頂いていた TCUデーターは完全に allroad quattro専用 となるようで、年明けに製作して改めてインストールとなりました。

ッということで、早速 “revo プーリーKIT & revo Technik ECUステージ1+” 仕様のインプレッションを頂きました。

 

・市街地での性能 ★★★★★

・高速道路での性能 ★★★★☆

・乗りやすさ / 扱いやすさ ★★★★★

・総合的な満足度 ★★★★★

一般道・高速道路共にトルクが厚くなったので運転が格段にしやすくなって、大変気持ち良くドライブを楽しめました。高速道路ではトップギアでの巡航時でもアクセルワークに反応しトップギアのまま加速していくのには驚きました。今までとは段違いです。ただ、高速道路では調子に乗ると燃費が・・・。まぁーコレは仕方がないかと。自分のアクセルワークに即反応してくれるので、疲れとストレスが少なくなりました。次はTCUソフトウェアをインストールしたらどう変わるか楽しみです。

 

ロングクルージングが更に楽しくなったようで何よりですッ!!!

更に、TCUソフトウェアをインストールしたら市街地での出足も軽快になると思いますので、標準車と比べると大きいタイヤ外径を感じさせないフィーリングになると思いますし、それに伴って ワンオフ製作のSTOPTECHも春には 既存の355mm → 380mm にバージョンアップ予定です。

ッということで、年明けもどうぞ宜しくお願いします <(_ _)>

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年12月

2018年1月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

消耗していくモノッ!!!

2017-12-27

国産車だとブレーキローター交換は馴染みがないかもしれませんが、欧州車はブレーキパッドとローターは消耗していくモノッというのが普通の考えでもちろんアウディもそうです。また、アウディをウィンタースポーツの脚として利用される方も多く、鋳鉄材のローターが冬季に散布される融雪剤の影響を受けることも少なくありません。

コチラの”8K A4″もそんな1台です。ローターの消耗だけでなく、端面には錆びの影響が・・・。

ッということで、リプレイスメントとして定番の“DIXCEL PDローター”に、低ダストブレーキパッド“AS Sport AS500”に換装させて頂きました。DIXCELのローターは防錆処理がされていますので、これまでよりも融雪剤の影響も最小限に抑えることができるのも◎です。

そして、コチラの”4F S6″もブレーキローター&パットの換装です。

“PDローター”をベースにスリット加工を施した“DIXCEL SDローター”に、低ダストブレーキパッド“AS Sport AS500”という組み合わせです。スリット加工をすることで制動力をアップすることができますので、車重のあるクルマには有効的なコンビネーションです。

ちなみに、ステンレスメッシュ製ブレーキホースやブレーキフルード交換もブレーキのパフォーマンスアップにも繋がります。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年12月

2018年1月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“revo Technik ECUステージ1″ 4G RS6 4.0TFSI

2017-12-18

前回 AS Sport 低ダストブレーキパッド”AS500″、”cpm ロアフォースメント”などを装着して頂きましたコチラの”4G RS6″ですが、今回は “revo Technik ECUステージ1” をインストールさせて頂きました。そして、早速インプレッションを頂きました。

 

・市街地での性能 ★★★★★

・高速道路での性能 ★★★★☆

・乗りやすさ / 扱いやすさ ★★★★★

・総合的な満足度 ★★★★☆

元々パワーのある車なので、どこまで実感することができるか少し疑っていましたが、乗ってすぐにトルク感が増していることが体感できて市街地では初速の伸びがあって満足しています。高速道路ではアクセルの踏み込む量が以前と同じでも速度が出ているのを実感しました。全体的にマイルドで乗りやすく排気量が増えたかのような乗り味です。6速/7速 5,000rpm付近で少しもたつき感もありますが、体感度とコストパフォーマンスは満足のいくモノです。

 

日本と同じく島国のイギリス発の”revo Technik”だからなのか日本の道路環境でも乗りやすいッという感想がみなさん共通しています。高回転域でのレスポンスなどは “フロントパイプからのエキゾースト交換 & revo Technik ステージ2 へのアップグレード” で解消できますので、更に上を狙う方はぜひぜひいかがでしょうか???

また、”revo Technik ECUソフトウェアをインストールしたら注意する点はなんですか???”ッという質問を頂きます。

やはりパフォーマンスアップしたことで “E/Gオイル”“プラグ” は定期的に交換することが最低限必要になります。E/Gオイルは 当店で扱っているMoty’s製でしたら 5,000〜10,000kmごと に交換、プラグも20,000〜30,000km ごとに交換をオススメしています。

ッということで、E/Gオイルを Moty’s typeSP に交換させて頂きました。純正オイルですと流石にオイル消費量が多い傾向にありますが、このオイルでしたらその心配もありません。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年12月

2018年1月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

英国発ッ!!!

2017-12-17

“revo Technik ECUステージ1”に、“EVENTURI カーボンインテーク”を装着して頂いていますコチラの”4G RS6″です。

今回は “MILLTEK キャタバックエキゾースト” を装着です。

“MILLTEK ミルテック”と言えば、”revo”のテクニカルパートナーですから”revo Technik ECU”との相性は◎です。”EVENTURI”も含めてモータースポーツが盛んなイギリス発のブランドの組み合わせとなりました。

リア・センターだけでなく、フロントパイプから交換となります。既に装着してあった”cpm ロアフォースメント”とはスペーサーを追加装着することでクリアランスもしっかり確保できました。

“MILLTIK キャタバックエキゾースト”には純正と同様のエキゾーストバルブが装備されていますが、“AWE Tuning スイッチパスリモート”と併用させて頂きました。これによってドライブセレクトのエキゾーストモードはキャンセルされ、リモコンの”ON/OFF”で任意にエキゾーストバルブを開閉することができるようになります。

ちなみに、エキゾーストサウンドの大きさですが、大 “HMS-Tuning” – “MTM” – “MILLTEK” – “Audi 純正” 小 の順かなぁ〜ッと思います。 “アクラポビッチ”はチタン製なので別扱いですが・・・。

そして、純正テールエンドはグロスブラックにペイントさせて頂き・・・

併せて、純正でアルミ調だった ウィンドモール・ルーフレール・ドアミラーカバー もグロスブラックにペイントさせて頂きました。

ブラックエンブレムも相まって引き締まった印象になりました。ありがとうございました <(_ _)>

今回装着させて頂いた”MILLTEK”ですが、フロントパイプよらも前も “プライマリーキャタバイパスパイプ & ハイフロースポーツキャタライザーSET” としてラインナップしています。”revo Technik ECU ステージ 2″との併用で更に中〜高回転でのパワーアップを狙うことが可能です。

もちろん、ただいま実施中の “MILLTEK キャンペーン” 対象です。ぜひぜひ”MILLTEKエキゾースト”をご検討中の方はぜひぜひ コチラ をご確認頂ければ幸いです。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年12月

2018年1月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

保険のようなアイテム

2017-12-16

全国で欠品状態が続いているドライブレコーダーです。当店ではリアカメラの追加装着もでき、駐車中の監視もバッチリな “BREX BCC510/520” をオススメしています。

今回は “8T A5 Coupe” に装着しましたが、リアカメラ”BCC520″ はハイマウントブレーキランプの右横に取付してみました。

タッチパネル式でわかりやすい表示なのも◎です。

リアがクリアガラスだと ↓こんな↓ 感じの映像です。

そして、濃いめのスモークフィルムを貼付した”8T A5 Coupe” にも装着してみました。

クリアガラスより少し暗いですが、昼間の工場内で ↓こんな↓ 感じの映像です。

走行中もそうですが、駐車中録画機能も標準搭載しているのが “BREX BCC510” の特徴ですので、駐車中の悪戯・当て逃げ対策に◎です。

レーダー探知機と一緒で保険のようなアイテムですが、あの時につけておけばよかった・・・ということに遭遇しないのが一番ですが、やはりつけていた方が安心です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年12月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2021年10月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31