どちらにしよーーーかな ♪

2017-01-28

今年乗り換えを検討されている方々でよくよく聞くのが、”S5SBとRS3 Sedan が気になってるんですよね”ッという話・・・。

しかも、どちらにしよーーーか悩んでいる方が 1人、2人じゃないところも面白いですね。

確かに、確かに、どちらも上半期にリリースされるアウディですし、プライスゾーンも近く、悩む理由もわかりますッ!!!

S5は前モデルよりキビキビ感がアップして、RS3は前のモデルよりもドッシリ感がアップしましたし・・・。

それでもロングクルージングならS5、ワインディングならRS3に僅差ながら軍配が上がりそうです。

いずれにしろ当店では人気モデルになりそうな予感ですから、カスタマイズのご相談はお気軽にどうぞッ!!!

ちなみに、RS3 SedanをベースにRS3 LMS ルックなんていうのも製作可能かも・・・。だって、”RS3 LMSは公道走行可能ですか??”ッというお問い合わせが意外と多いのですからね〜

そのあたりの詳しい構造を明日からドイツで確認してきまーーすッ!!!

 

※ 1/29〜2/5 はドイツにて”Audi Sport customer racing”テクニカルトレーニングのため、ご予約を頂いている作業のみの対応となります。お問い合わせのご返答にもお時間の要する場合があります。また、2/4は臨時休業となります。ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年1月

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

灰・・・お休みとさせて頂きます。

やはり何度乗ってもイイ脚

2017-01-27

前回は低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″を装着していただきました ↑コチラ↑ の”4G A7SB” ですが、今回はサスペンション換装をご用命いただきました。

“A7SB”でローダウンとなると”アイバッハ スプリング” “H&R 車高調サスペンション” “KW ストリートコンフォート” “KW Ver.3” の中からご希望に沿ったタイプをチョイスすることがほとんどですが、今回は純正S-lineサスペンションに近い性能で減衰力非調整ながらほど良い剛性感のドイツ発”H&R 車高調サスペンション”に換装です。

フロントにはローダウンによってキャンバー角が付いてしまうのを補正するために“調整式アッパーアーム”も併用してアライメントの適正化、タイヤの偏摩耗を最小限に抑えます。

スプリングメーカーである”H&R”が造ったサスペンションですから伸縮時リアスプリングからの音も出ないような構造になっているのも◎です。

そして、ローダウンと併せて“H&R ホイールスペーサー&ロングボルト”を装着です。ドイツ工業技術安全認証機関”TUV”をクリアしていますから、精度もさることながらセンサーハブ部分の剛性が高いので、高速時のブレも皆無で安心してご使用頂けます。

純正ホイールのデザインが気に入っている方、将来ホイールを換えるまで・・・的な方、いずれにしろ有無では踏ん張った感の違いは歴然です。

ッということで、30mmダウンでセットさせて頂きました。ありがとうございました。

装着後からショックアブソーバーが馴染んでくると絶妙な”いなし感”になるのが特徴の”H&R 車高調サスペンション”ですが、やはり何度乗ってもイイ脚です。

 

※ 1/29〜2/5 はドイツにて”Audi Sport customer racing”テクニカルトレーニングのため、ご予約を頂いている作業のみの対応となります。お問い合わせのご返答にもお時間の要する場合があります。また、2/4は臨時休業となります。ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願いします。

 

< 作業予約状況 >

2017年1月

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

灰・・・お休みとさせて頂きます。

人気アイテム “TTRS”

2017-01-26

コンパクトなボディに340ps/450Nmを発揮する直5 2.5Lエンジンを搭載して、限界領域まで研ぎ澄まされた制御をするquattroシステムの組み合わせで走り好きな方には常に人気が高い”TTRS”です。人気アイテムでより走りが楽しめる1台に仕上げてはいかがでしょうか???

 

No.1 プラズマダイレクト

点火チューニング=プラズマダイレクトと言っても過言ではないほどの定番アイテムです。低〜中回転でのトルクアップ、中〜高回転でのパワーアップ、そして滑らかなエンジンフィーリングを手にいれることができます。エンジンがノーマルであっても十分な効果を実感して頂けますし、エンジンチューニングしているTTRSだとマストアイテムです。 取付工賃込 税別 ¥128,700

 

No.2 AS Sport ブレーキパッド AS600

標準モデルよりもブレーキシステムはグレードアップしているTTRSですが、やはりエンジンパワーを考えるとブレーキパッドのパフォーマンスアップは必須メニューです。”AS600″はRSモデルをワインディングでも楽しめるように開発された材質です。さらにローターもRdd製等に換装すると相乗効果は◎です。  取付工賃込 税別 ¥63,000

 

No.3 034Motorsport リアサブフレームマウントインサート

サスペンションメンバーとボディを支持しているラバーマウントにインサートすることで適度にラバーマウントの遊びがなり、リアタイヤのトラクションが向上すると共に、リアショックアブソーバーもよく動くようになるので結果として乗り心地にも貢献するという目から鱗的なアイテムです。リアが跳ねやすいTTRSには効果大x2です。 取付工賃込 税別 ¥29,000

 

No.4 AS Sport フロントスポイラー

装着した方々から “高速時の安定性が全く変わった” ッという声を多く頂くほど機能パーツとしての要素も大きいスポイラーです。Audi Onlyのブランドだけあってデザインもシンプルながらスポイラー有無ではフロントフェイスの迫力は大きな違いがあります。 取付工賃込 税別 ¥135,000

 

No.5 AS Sport リアディフューザー

同ブランドのフロントスポイラーと併せて装着するのがお勧めです。リアディフューザー&リアバンパー内に走行風が溜まってしまわないようにエアダクトを配したり、フロントと同様に機能パーツとしてディテールにも拘ったアイテムです。 取付工賃込 税別 ¥155,000

 

No.6 SuperPro ウレタンブッシュ

サスペンションの中でもブッシュに依存するところも大きい欧州車ですから車高調サスペンションを装着しているTTRSにはマストアイテムです。フルKITで装着すれば◎ですが、まずは負荷の掛かるフロントロアアーム&リアトレーディングアームからでも大きな効果が得られます。また、リアトレーディングアームブッシュはフルブレーキング時の安定感が大幅にアップします。 取付工賃込 ¥79,300〜

 

No.7 AS Sport 車高調サスペンション

ストリートで安心して踏み込める脚をコンセプトにTTRS専用にセッティングした減衰力調整機能付き車高調サスペンションKITです。全長調整式としたことでストローク量を犠牲にすることなく、車高調整ができるところは欧州メーカーのストリート用にはない機能です。 取付工賃込 税別 ¥425,000〜

 

No.8 Racingline Performance コールドインテークシステム

UK発の”VW Racing”が”Racingline Performance”と名称変更してリリースしているインテークシステムです。エアフロレス制御の2.5TFSIエンジンはより多くのエアを導入することでパワーアップに貢献します。また、グリル裏側からの導入口があることもエンジンルーム内の熱いエアではなく、フレッシュな走行風をエンジンに供給できるところも◎です。 取付工賃込 税別 ¥165,000

 

No.9 AWE Tuning インタークーラーKIT

吸入温度を下げること、可能な限り圧力損出を抑えること、というインタークーラーに求められる性能をフロントバンパーを加工することなく、高い次元で両立したもっともお勧めできるインタークーラーKITです。”Racingline Performance インテークシステム”&”オリジナルセッティングECU”と併用することでTTRSを1ランクも2ランクもパフォーマンスアップすることができます。 取付工賃込 税別 ¥224,000

 

No.10 RECARO RS-G / TS-G シート

ハイパフォーマンスなTTRSを操るにはドライビングボジションも重要です。もちろんシート換装と言えば、RECAROがお勧めですが、よりサポート性が高いフルバケットタイプの”RS-G/TS-G”をチョイスされる方が多いのもTTRSの特徴です。ハードなイメージの強いフルバケットタイプですが、スッポリと包み込むような形状は “想像していたのとは違って全然疲れない” ッというのもRECAROならでは。 取付工賃込 税別 ¥137,000〜

 

注目アイテム AWE Tuning エキゾーストシステム

パワーアップ系のチューニングが多いTTRSですから当然エキゾーストの換装も効果的です。中でもスイッチパスシステムでエキゾーストバルブON/OFFでハッキリとサウンドが変化する”AWE Tuning エキゾーストシステム”はお勧めのアイテムです。OPTのキャタデリートパイプとセットで装着しても低回転でのトルクダウンも最小限で、中〜高回転でのレスポンスとパワーは気持ちイイの一言です。他には”AS Sport ループエキゾースト”もお勧めです。 取付工賃込 税別 ¥631,000〜

 

※ 1/29〜2/5 はドイツにて”Audi Sport customer racing”テクニカルトレーニングのため、ご予約を頂いている作業のみの対応となります。お問い合わせのご返答にもお時間の要する場合があります。また、2/4は臨時休業となります。ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年1月

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

灰・・・お休みとさせて頂きます。

改めて・・・。

2017-01-25

当店でも多くのアウディに装着させて頂いています “KW コイルオーバースプリングKIT” です。

新ブログになったので、改めてご紹介をしてみよーーーかと思います。

サスペンションを構成する部品の中でショックアブソーバーとスプリングはセットになっているモノですが、スプリングのみを換装してローダウンしようッというのがローダウンスプリングです。”KW コイルオーバースプリングKIT” はいわゆるローダウンスプリングの一種です。

他のローダウンスプリングと違うのはローダウン量がある程度の範囲で調整ができることです。

その仕組みは・・・。

↑コレ↑が純正ショックアブソーバーですが、”KW コイルオーバースプリングKIT “の設定があるアウディはスプリングを支えるスプリングロアシートが外れる構造になっています。

その純正スプリングロアシートを外して、KITに付属されているネジでグルグルと上下に調整できる専用スプリングロアシートに交換します。

↑↑の細いスプリングはメインスプリングを上下してもスプリングが遊ばないようにする補助的なスプリングでヘルパースプリングと呼ばれるモノです。

あとはメインスプリングなどを組み付ければ完成です。

まぁーーー純正ショックアブソーバーを使用した簡易的な車高調サスペンションです。手軽に、綺麗なローダウンフォルムを手にいれるには◎です。

ドライブセレクトに可変ショックアブソーバー機能が付いているアウディではその機能をスポイルすることなく、ローダウンできるッということでチョイスされる方も多いですが、やはり純正ショックアブソーバーとの組み合わせには限界があるのも事実・・・。それ以上のパフォーマンスを求めるなら車高調サスペンションにASSY交換するのがお勧めです。

ちなみに、この”KW コイルオーバースプリングKIT”の設定があるアウディは “8K A4/S4/RS4″”8W A4″”8T A5/S5/RS5″”4F A6/RS6″”4G A6/RS6″”4G A7/RS7″”8R Q5/SQ5″”42A R8″”4SA R8” です。

人気アイテムの”KW コイルオーバースプリングKIT”をご紹介しましたが、以前各モデルの人気アイテムをご紹介したところ好評でしたので今後少しずつ各モデル別人気アイテムもランキングにしてご紹介していきたいと思います。

 

※ 1/29〜2/5 はドイツにて”Audi Sport customer racing”テクニカルトレーニングのため、ご予約を頂いている作業のみの対応となります。お問い合わせのご返答にもお時間の要する場合があります。また、2/4は臨時休業となります。ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願いします。

 

< 作業予約状況 >

2017年1月

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

灰・・・お休みとさせて頂きます。

2017年 キテますッ!!

2017-01-23

ホイールデザインの話。

流行りッという訳ではありませんが、傾向ッというものはありまして2017年はメッシュがキテますッ!!!

↑コチラ↑の日本が誇る鍛造ホイール“VOLKRACING G27 PROGRESSIVE MODEL”ですが、元々センターパッケージ付の”G27″の派生モデルでしたが2017年RAYSカタログではメッシュ感の強い”PROGRESSIVE MODEL”推しになっています。

そして、ココ数年海外でも人気急上昇の鋳造ホイール”WORK EMOTION”シリーズに “WORK EMOTION M8R” というメッシュデザインが追加されました。

他にもコンケーブ形状のフローフォーミング製法 “VOSSEN VFS”シリーズにもメッシュデザイン “VOSSEN VFS-6” が追加になっています。

もちろん、メッシュの王様の“BBS”もサイズラインナップ拡大中です。

デザインとしては王道のメッシュですが、各社ディテールに最新技術を取り入れたり、ディスクカラーにも拘ったりッとエッセンスを加えています。

ぜひぜひ春にむけて足元のカスタマイズはいかがでしょうか???

 

※ 1/29〜2/5 はドイツにて”Audi Sport customer racing”テクニカルトレーニングのため、ご予約を頂いている作業のみの対応となります。お問い合わせのご返答にもお時間の要する場合があります。また、2/4は臨時休業となります。ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願いします。

 

< 作業予約状況 >

2017年1月

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

灰・・・お休みとさせて頂きます。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031