イイところはそのままに、なんとかしたいところを

2017-03-12

前回は”EUROCODE スタビライザー + AS Sport スタビリンク”を装着して頂きました”8T RS5″です。

まずは、“034Motorsport リアサブフレームマウントインサート”を装着です。

ブッシュの隙間部分にアルミ製のインサートを装着することでリアサスペンションフレームの剛性感が上がります。その結果、フレーム自体のブレが少なくなるので、サスペンション自体の動きがリニアになります。また、乗り心地にも貢献します。

そして、既存の “KW Ver.3 車高調サスペンション”に、“調整式アッパーアーム”を装着です。

ローダウンすると自然とキャンバー角がついてしまって、真正面から見ると”ハ”の字になってしまいます。それを矯正するのがこのアイテムです。

それによってステアリングフィーリングが自然な感じになりますし、タイヤの片減りを抑えるには◎です。

また、ブッシュ部分は”RS”モデルに最適な”強化ブッシュ仕様”です。

フロントキャンバーは入庫時の半分位の数値に矯正しました。

リアサブフレームマウントインサートと併せて、”レーンチェンジでの動きがシャープになりました”ッとインプレも頂きました。

エンジン内クリーニングとして“ワコーズRECS + CORE601”を施工させて頂きました。

そして、今回お預かりしたメインメニューです。

以前より”グループM ラムエアシステム”が装着されていましたが、空気流入量が多すぎてどうしてもトルクの谷間ができてしまう傾向がありまして、中〜高回転でのレスポンスはイイだけに・・・なんとかしてあげたいところです。。

ッということで、イイところはそのままに、なんとかしたいところを改善するために、”現車合わせ E/G ECUチューニング”をさせて頂きました。

空燃比を常時チェックしながらシャシダイナモでリマッピングし、あとは実走行で確認という作業を繰り返します。E/G ECUチューニングは数値ばかりに執われないことも重要です。特にピークパワー&トルクだけでなく、その過渡特性の方が重要だったりします。

最終仕様のトルクカーブは↑こんな↑感じになりました。赤がセッティング前、黄がセッティング後です。

1,800rpm付近でのシフトアップ時、2,500rpm付近でのシフトアップに伴って案の定トルクの落ち込みが大きかったのがかなり補正されました。

グラフ以上に加速はスムーズになって、結果としてスピードの伸びも良くなってV8 4.2L NAエンジンをより堪能できるフィーリングになったと思います。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

人気アイテム “RS4”

2017-03-11

V8 4.2L NAエンジンから奏でるエキゾーストサウンドに、ただならぬフェンダー形状を有したボディを後輩を浴びた方は多いのではないでしょうか??? A4/S4ベースながらAudi Sport GmbHがチューニングした”RS4″は日常と非日常が共存したThe “RS”とも言えるSPLなモデルです。

 

No.1 AS Sport ブレーキパッド “AS600”

標準モデルよりもブレーキシステムはグレードアップしているRS4ですが、やはりエンジンパワーを考えるとブレーキパッドのパフォーマンスアップは必須メニューです。”AS600″はRSモデルをワインディングでも楽しめるように開発された材質です。 8E/8K対応 取付工賃込 税別 ¥87,000

 

No.2 プラズマダイレクト

点火チューニング=プラズマダイレクトと言っても過言ではないほどの定番アイテムです。低〜中回転でのトルクアップ、中〜高回転でのパワーアップ、そして滑らかなエンジンフィーリングを手にいれることができます。また、エアクリーナーやマフラーを換装する場合は低回転でのトルク確保のためにもマストアイテムです。 取付工賃込 税別 ¥210,000

 

No.3 cpm ロアフォースメント

Audi Sport GmbH でアップグレードされたシャシを持つRS4ですが、フロアを適度に補強することでサスペンションが本来の動きをすることで乗り心地にも貢献しながらシャープなハンドリングにも繋がり、”百害あって一利なし”の逆で、”百利あって一害なし”のアイテムです。 8E/8K対応 取付工賃込 税別 ¥20,000〜

 

No.4 KW Ver.3 車高調サスペンション

伸び側・縮み側の減衰力を独立して調整できることによって全領域でフラットライドなサスペンションに仕上げることができるのが”Ver.3″の特徴です。8E RS4には標準装備、8K RS4ではOPT装備されるDRCサスペンションでオイル漏れが発生した場合に純正ではなく”KW Ver.3″にコンバージョンというのが定番となっています。 8K /8E 対応 取付アライメント工賃込 税別 ¥460,000〜

 

No.5 アクラポビッチ エボリューションエキゾーストシステム

センサー&リアマフラーまで全てチタン製で構成されるフルエキゾーストシステムです。その高いクォリティと雑音のないチタンエキゾーストサウンドはアクラポビッチでなければ実現できない至高のエキゾーストです。テールエンドはオートクレープ製法のカーボンを採用していて、カーボン&チタンの組み合わせは最高のマテリアルチョイスです。“EVENTURI カーボンインテークシステム”とセットが交換すれば最良の吸排気系チューニングとなります。 8K対応 取付工賃込 税別 ¥914,000

 

No.6 EVENTURI カーボンインテークシステム

V8 4.2L とは言え NAエンジン ですから低回転でのトルクダウンを抑えることは絶対条件です。昨年まではお勧めできるエアインテークがありませんでしたが、”EVENTURI カーボンインテークシステム”の登場でその悩みも解消です。フロントグリルまで伸びたインテークガイドによってエンジンルーム内の熱いエアを全く吸気することなく、走行風のフレッシュエアをエンジンに供給することができます。 8K対応 取付工賃込 税別 ¥914,000

 

No.7 HRE 鍛造ホイール

ハードな走りでは純正ホイールでも役不足感のあるRS4ですからホイール選びはデザインだけでなく、強度などの性能面でもお勧めできるモノは限られてきます。そんなRS4ユーザーから圧倒的な支持があるのがアメリカ発の鍛造ホイール”HRE”です。NCマシンから削り出される美しいディスクデザインワークと高いパフォーマンスはプライスレスです。 価格はお問い合わせください。

 

注目アイテム AS Sport 車高調サスペンション

“しなやか”かつ”剛性感のある” サスペンションを求めて開発された車高調サスペンションです。その走りを追求するために汎用性のある直巻スプリングではなく、RS4のためだけに前後のスプリングまで設計するという拘りようです。それによってコーナングだけでなく、トラクション性能も大幅に向上し、全領域でご満足頂ける脚になります。 8K対応 取付アライメント工賃込 ¥455,000

 

注目アイテム RECARO シート

ハイパフォーマンスなRS4を操るにはドライビングボジションも重要です。もちろんシート換装と言えば、RECAROがお勧めです。サポート性と快適性という相反する要素でどちらも他のシートとは比較にならないほどの性能は一度使ってしまったらもう後戻りできなすアイテムです。腰痛対策としても数々の実績があります。 取付工賃込 税別 ¥137,000〜

 

注目アイテム BBS RI-D 超超ジュラルミンホイール

超超ジュラルミンという素材によって既存のアルミ材とは圧倒的な重量差が・・・。ステアリングを切った瞬間、サスペンションがストロークした瞬間、タイヤが転がり始めた瞬間から別次元の動きです。オーダーメイドの”MY BBS サービス”がスタートしたことによってRS4にも装着可能になりました。 価格はお問い合わせください。

車検をきっかけに

2017-03-10

“A5 Sportback”が日本デビューしたのが2010年1月ですから早7年、2012年1月にフェイスリフトしたモデルでも早いクルマだと5年で2回目の車検を迎えたクルマもチラホラと・・・。

一時はご入庫頂くアウディの半数以上が”A5SB”という時期もあって、ココ1・2年はちょっと落ち着いた感もありましたが、この頃フェイスリフトモデルを中心にまたまた少し盛り上がってきた雰囲気です。やはり初回車検の3年目、延長保証も完了する2回目車検の5年目、それをきっかけにカスタマイズを・・・という方が多いのかもしれません。

コチラの”A5SB”もそんな1台で初回車検を終えたこのタイミングでご入庫頂きました。

まずは、車検対応 “AS Sport ディクリートマフラー” の中からΦ90mm 左右4本出し、“AS Sport リアディフューザー”をセットで装着です。

S-lineですと”AS Sport リアディフューザー”の他に”S5SB純正リアディフューザー”と組みわせて左右4本出しにする場合も多いですが、Non S-lineの標準バンパーは形状が違うのでその方法ができないので 左右4本出しするためには”AS Sportリアディフューザー”がマストアイテムになります。

そして、純正ショックアブソーバーを使用した“KW コイルオーバースプリングKIT”でローダウンです。

スプリングからの異音が発生しにくいように独自の工夫をして取り付けをさせて頂いています。

そして、前後に“H&R ホイールスペーサー + ロングボルト”を装着です。

20mmダウンの控えめなローダウンとさせて頂きましたが、ホイールスペーサーとの併用でドッシリ感がアップしました。

印象が大きく変わったリアです。

・・・ですが、”Non S-line”のフォーマルなスタイリングをスポイルしないようにシンプルなデザインとなっているリアディフューザーにもご満足頂けました。

純正マフラーよりも最低地上高がキープできるマフラーもローダウンしても駐車場の輪留めに干渉することも避けることができて◎です。

そして、↑↑↑に加えて奇しくもシルバーの”A5SB”が同時入庫です。

昔はドイツ車の人気ボディカラーだったシルバーですが、その座が”ホワイト”に替わって今や意外と少数派です。

ボディのラインが綺麗に写るので、美しいフォルムが特徴の”A5SB”の良さを引き出してくれているように気がします。

“S-line”な”A5SB”はライト系チューニングでご入庫です。

FOG には “ベロフ製LED” 、ライセンスランプにも ”ベロフ製LED” です。

↑純正ハロゲン↑ から ↓ベロフLED↓に変更です。

ココ数年でホントにLEDも明るく進化しました。FOGのイエローは悪天候時には対向車にも認識してもらえる効果もあって安心です。

ライセンスLEDも純正からベロフ製LEDに変更したことで、蒼白さが強調されて明るさもアップしました。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

 

作り込み最中・・・。

2017-03-09

ただいま製作中の”Kreis5″リニューアル版ホームページです。TOPページは既に完成して、各ページの作り込み最中です。

コンセプトは “見やすく・わかりやすく”

TOPページでサイトの内容が一目見てわかり、ほとんどのコンテンツが 1クリック で見たい情報にたどり着けるような設計になっています。

2011年2月から製作させて頂いた数々のアウディも車種別に”ギャラリー”ページで順次ご紹介してきます。また、ブログで定期的にご紹介している各モデル別 “人気アイテム”も随時アップすることで少しでもカスタマイズの参考になれば・・・と。

3/31リニューアルを目指していますので、乞うご期待ください。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

 

新たな定番

2017-03-08

“アイバッハスプリング” “H&R スタビライザー + AS Sport スタビリンク” でサスペンションチューニングさせて頂いていた”8T A5 Coupe”です。

今回はエンジンオイル交換です。その前に・・・エンジン内洗浄として“ワコーズ RECS + CORE601”を施工です。

E/Gオイルは 5W-40相当の”Moty’s typeA”を使用しました。

併せて、“034Motorsport リアサブフレームマウントインサート”を装着です。

矢印部分の隙間をマウントインサートで埋めることでブッシュ自体の剛性感をアップすることができます。

先日装着した”8T A5SB”よりも同じ”A5″でもマウント剛性が低い構造をしていますから効果のほどは◎です。

画像を撮り忘れましたが、低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″も換装させて頂きました。

そして、コチラは”KW DDC サスペンション”を装着させて頂きました”8K A4″です。

“S-line純正サスペンションよりも突き上げ感もなく、ロールも減ってかなり良くなった”ッと喜んで頂きましたが、今回は・・・。

“034Motorsport リアサブフレームマウントインサート”を装着です。

以前は、個人的には”DDC”の”Comfort”モードが街中ではベストかな??? と思いましたが、マウントインサートを装着したことでサスペンションがリニアに動くようになって”Sport”モードの乗り心地がよくなってマイベストになりました。

“cpmロアフォースメント”と共に、新たなシャシ系チューニングの定番です。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031