revo technik

revo ステージ1 + 8J TT

2017-11-12

今夏より導入を開始した “revo technik” ですが、すっかり定番チューニングメニューとなりました。

ッというのも無闇にピークパワーだけを上げるセッティングではなく、乗りやすさを常に重視していることもあってココ日本の交通事情にマッチしているのが大きな理由だと思います。

今回は “8J TT 2.0TFSI quattro” に “revo ステージ1” をインストールさせて頂き、早速インプレッションを頂きました。

 

・市街地での性能★★★★☆
・高速道路での性能★★★★☆
・乗りやすさ/扱いやすさ★★★★★
・総合的な満足度★★★★★
 
低速~高速まで全域で速くなった感じなのですが、的確に表現するならば非常に扱いやすくなったの一言に尽きると思います。正にメーカーコンセプト「乗りやすさを重視したセッティング」通りです。特に出足のもたつきが殆どなくなり、アクセルを一定に踏んで行くとその分だけ安定して加速する感じなので、余計に踏んだり離したりがなくなりました。
8J TT/TTS/TTRS は全エンジンのプログラミングをご用意可能です。また、8S TT/TTS もご用意可能で近々にTTRSもラインナップに加わる予定です。

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“羊の皮を被った狼” 日本1号車 にどうでしょうか???

2017-10-30

いょいょ 8V S3 2.0TFSI フェイスリフト前 / 8S TTS 2.0TFSI / 8S TT 2.0TFSI に対応した “revo technik  IS38ETR ターボキット” がリリースです。

いわゆるポン付けハイフロタービンKITとなりまして、ハウジングインナーをNCマシンで加工した上で軽量化・高効率化共に耐久性をアップさせたタービンブレード・シャフト・コンプレッサホイールに変更することで、タービンの風量アップから高出力化を実現できます。

もちろん、コレ単体ではなく、強化フューエルポンプ・インタークーラー・スポーツキャタライザーなども同時装着して専用ECU&TCUマッピングをインストールしてはじめて機能します。

 

8V S3 2.0TFSI フェイスリフト前
純正パワーStock Power 285PS → revo Stage3 Power 510PS
純正トルクStock Torque 380Nm → revo Stage3 Torque 549Nm

8S TTS 2.0TFSI
純正パワーStock Power 286PS → revo Stage3 Power 510PS
純正トルクStock Torque 380Nm → revo Stage3 Torque 549Nm

8S TT 2.0TFSI
純正パワーStock Power 230PS → revo Stage4 Power 470PS
純正トルクStock Torque 370Nm → revo Stage4 Torque 549Nm

 

そのパフォーマンスは “羊の皮を被った狼” と言いましょうか??? 通常の街乗りも気を使うことなく、アクセルを踏み込めば一瞬にして ↑↑↑ のパフォーマンスを発揮します。

どなたか 日本1号車 にどうでしょうか???

 

そして、 4G RS6 の LOBA Motorsport製 ハイフロタービンKIT 作業着々と進行中です。

Vバンクの間にタービンを配しているエンジンですからハウジングのアウターを大きくすることは物理的にも不可能ですからこのハイフロタービンが最強となると思います。

見比べてもタービンブレードの大きさが全然違いますし、フリクションが軽減されてスムーズさの違いは歴然ですし、精度の高さもすぐにわかります。タービン自体は 850ps対応 なので当然全てのクォリティが高くないと実現できないスペックですし、耐久性についても信頼度の高いメーカーです。

< 左 : LOBA Motorsport製 タービン / 右 : 純正タービン >

もちろんハイフロタービンに対応した強化フューエルポンプも必須です。

コチラも”LOBA Motorsport”からリリースされています。

ちなみに、ポンプ・タービン共に各チューニングメーカーにもOEM供給されるほど安定した性能を誇るのが”LOBA Motorsport”製品です。

これまでも当店で 8J TTRS / TTS などで装着実績もあります。

ッということで、各部のコンディションをチェックしながら必要な純正部品も交換して組み込んでいき、ATFもハイパワー&トルク対策をしてから現車合わせでECUセッティングしていきます。

当店では “revo technik” でのECUチューニング、現車合わせのECUチューニング ッとお客様と相談しながらメニューを決めさせて頂きますので、ぜひぜひ宜しくお願いします。

ちなみに、↑↑↑ のIS38タービンですが、8X S1 への加工装着、現車合わせECUも可能です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

revo ステージ1 + 4G RS6 & ステアリングを切った瞬間に・・・

2017-10-27

新車からずーーーとご入庫頂いて初回車検も通して更なるパフォーマンスアップを狙おうッというRS6、USED CARをベースにこれからカスタマイズしようッという RS6、フェイスリフト後の新車でこれからカスタマイズをしていこーーーッという RS6 などなど ただいま 4G RS6 の波が再来しています!!!

コチラのRS6は DRCを活かしたまま “KW ハイトアジャストスプリングKIT” でローダウンされていますが、もっと安心して踏めるように追加装着されるケースが多い “EUROCODE スタビライザー”&”AS Sport スタビリンク” を装着です。

左右のサスペンションを繋いで 左右の動きに制約を与えることで機能するスタビライザーですが、鋼材の材料や構造・径を変更したりすることで強化タイプとなり、乗り心地への影響を最小限に大幅にロールを抑えることができます。

そして、スタビライザーとサスペンションを繋ぐのが スタビライザーリンク です。純正は関節にあたる部分がゴムブッシュ製ですが、ココをピロボールジョイントとすることで、よりリニアにスタビライザーの動きを伝えることができます。ただ、それなりの力が掛かる部分ですからピロボールジョイントは重要なポイントですから各分野で圧倒的なシェアを誇るミネベア製を使用することは必須かなぁーーーと思います。今から5年くらい前にレースエンジニアが設計した “AS Sport 製” はもちろんミネベア製です。

フロントと同様にリアのスタビライザーとスタビリンクも換装です。

これによって、2tの車体とは思えないほどステアリングを切った瞬間にノーズがスッと向きを変えるクルマに変貌しました。また、DRC特有の1テンポ遅れるロール感覚も大幅に改善されました。

今回は “KW ハイトアジャストスプリングKIT” との組み合わせでしたが、他のサスペンションはもちろん、純正サスペンションとの組み合わせでも効果を得ることができます。ローダウンはしたくないけど、コーナーリング中のロール感を改善したいッという方にもオススメです。

ちなみに、4G RS6 / RS7 共通で、”スタビライザー&スタビリンク” 1台分即納可能です。

そして、ブレーキパッドを低ダストタイプの“AS Sport AS500”に交換させて頂きました。

純正相当の効きをキープしながらブレーキダストは大幅に軽減できますので、ホイールも綺麗に保つことができます。

そろそろ 4G RS6 / RS7 も純正ローターが減ってきているクルマが増えてきました。現状ですと純正ローターで交換ッとなりますが、効き・耐久性などを考えるとスリットタイプの2ピースローターが欲しいところです。

そして、そして、ただいま RSモデル / Sモデル限定 で ポイント10倍キャンペーン中 の “revo technik ステージ1” もインストールさせて頂きました。

また、早速インプレッションを頂きました。ありがとうございます。

 

・市街地での性能 ★★★★★

・高速道路での性能 ★★★★★

・乗りやすさ/扱いやすさ ★★★★★

・総合的な満足度 ★★★★★

乗った瞬間からトルクが増していることを感じました。高速道路の合流でいつもと同じ感覚で踏むと一瞬ビックリしてしまいます。直ぐに慣れちゃいそうですが・・・。強化スタビの甲斐あって高速でも更に安心して踏めます。

 

まだまだ補機類のグレードアップで、エンジンのレスポンスやパワー&トルクアップも可能です。

ッということで、次回メニューとして “EVENTURI カーボンインテーク”のご予約を頂きました。

エキゾーストも “MTM” “アクラポビッチ” “ミルテック” “HMS Tuning” などがオススメですし、MTM製 ターボバックエキゾースト(スポーツキャタライザー付ダウンパイプ) + revo technik ステージ2 でMore More Power を狙うというのも◎です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

Sモデル・RSモデル限定 ”revo technik” 初キャンペーン

2017-10-19

出足のモタつきを改善したい、高速道路でもうちょっと余裕が欲しいッということで Aモデルへのインストールが多い”revo technik ステージ1″ ですが、もちろん  Sモデル・RSモデル も潜在能力をグゥグゥーーーッと引き出すことで “トルクフルになって乗りやすいし、いざッという時の加速感は別次元” ッと高い評価を頂いています。

今回はそんなSモデル・RSモデル用 (下記のモデルに限ります)  “revo technik ステージ1” をインストールして頂いた方に、今夏よりスタートしました”Kreis5 Member’s Card”のポイントを通常のなんと10倍を進呈させて頂きます。ポイント=¥ となっていますので、インストール後のオイル交換、更なるカスタマイズにご利用頂けます。

さらにインストール後のインプレッションをレビュー投稿して頂いた方にはプラス5000ポイント進呈も継続中ですので、ぜひぜひこの機会にいかがでしょうか???

 

■ キャンペーン対象車種

8X S1 2.0TFSI ・・・ ¥189,000 + 20,000ポイント

8V RS3 2.5TFSI ・・・ ¥209,000 + 22,000ポイント

8V S3 2.0TFSI ・・・ ¥189,000 + 20,000ポイント

8K RS4 4.2FSI ・・・ ¥169,000 + 18,000ポイント

8K S4 3.0TFSI ・・・ ¥279,000 + 30,000ポイント

8T RS5 4.2FSI ・・・ ¥169,000 + 18,000ポイント

8T S5 3.0TFSI ・・・ ¥279,000 + 30,000ポイント

4G RS6 4.0TFSI ・・・ ¥359,000 + 38,000ポイント

4G S6 4.0TFSI ・・・ ¥319,000 + 34,000ポイント

4G RS7 4.0TFSI ・・・ ¥359,000 + 38,000ポイント

4G S7 4.0TFSI ・・・ ¥319,000 + 34,000ポイント

4H S8 4.0TFSI ・・・ ¥359,000 + 38,000ポイント

8S TTS 2.0TFSI ・・・ ¥189,000 + 20,000ポイント

8R SQ5 3.0TFSI ・・・ ¥334,000 + 36,000ポイント

 

※ 上記価格は消費税別となっています。別途消費税が掛かります。

※ 上記ポイントは現金でお支払いの場合となります。クレジットカード・ローンをご利用の場合は進呈ポイントが半分となります。

※ 原則作業は予約制です。また、付属しているSPSは後日お渡しになる場合があります。

※ 他のキャンペーンとの併用はできません。

※ キャンペーン期間は 〜2017.12.15 までの予定です。

revo technik ステージ1 + 8T A5SB

2017-10-12

ガーネットレッドメタリックの”8T A5SB”ですが、まずはマフラー交換からスタートです。

チョイスして頂いたのは “AS Sport” 車検対応マフラーの中で、テールエンド 100mm 左右2本出しタイプ です。ちなみに、他に 100mm 左右4本出しタイプ、90mm 左右4本出しタイプがありますし、テールエンド交換可能タイプですので将来的に左右2本出し→左右4本出しに変更することもテールエンド交換のみで可能です。

そして、スパークプラグも併せて交換させて頂いてから “revo technik ステージ1” をインストールさせて頂きました。

早速インプレッションを頂きました。ありがとうございます。

・市街地での性能 ★★★★☆

・高速道路での性能 ★★★★★

・乗りやすさ/扱いやすさ ★★★★★

・総合的な満足度 ★★★★★

市街地ではまだ踏めていないですが、高速道路ではあっという間に100キロまで加速しました。特にSレンジでの60-100キロの加速が良かったです。乗りやすさ、扱いやすさは純正の感覚のままでした。同時に入れたAS SPORTマフラーの影響もあるかもしれませんが、総合大満足です

装着しているタイヤが “ブリヂストン レグノ” ですから、運動性能と共に快適性をスポイルしないようにカスタマイズされているのがわかる1台ですからマフラー交換による室内のこもり音も気になるところだと思います。

数々のマフラーを装着してきて場合によってはマフラーアースなどを併用することでこもり音対策も施してきた経験を踏まえて開発されたマフラーですから新基準内での”変えたことによる満足感”と”室内でのこもり音対策”とのバランスはもっとも気を使った部分でもあります。

また、ローダウンされているクルマへの装着も多いことからリアサイレンサーは純正よりも最低地上高を確保できるように設計されています。せっかく装着したのにパーキングなどの輪留めにガッツン・・・はショックですから。

そして、純正バンパーからアフターのリアディフューザーまで対応できるようにテールエンドも前後方向に調整できる機能も持ち合わせています。

ちなみに、適合車種は “8T A5 Sportback 2.0TFSI quattro” “8K A4 Sedan 2.0TFSI quattro” “8K A4 Avant 2.0TFSI quattro” です。

ッということで、ほど良くローダウンしたスタイル、存在感がアップしたマフラー、そしてガーネットレッドメタリックというボディーカラーが A5 Sportbackらしい スタイリッシュな雰囲気をより引き立った1台になったと思います。

※ 10/12-15 の期間、 Audi Sport customer racing “Super耐久 岡山戦”サポートのためフロントスタッフが不在となります。メールも含めたお問い合わせの返答に時間が掛かる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930