revo technik

8X S1 + revoTechnik ECU ステージ1

2018-05-31

もしかしたら国内最後のマニュアルミッション搭載のアウディになるかもしれない “8X S1” です。速さだけで言えば Sトロニック に軍配があがると思いますが、やはり操る楽しさはマニュアルミッションをチョイスする1つの理由になります。ッということで、コチラのアップルグリーンの”8X S1″には更に楽しい走りになる “revo Technik ECU ステージ1” をインストールさせて頂きました。

そして、インプレも頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★★

高速道路での性能 ★★★★★

乗りやすさ / 扱いやすさ ★★★★☆

総合的な満足度 ★★★★★

正直 ECUチューニングってそんなに変わるのか?と半信半疑でいましたが、このコスパでこれだけ変わるのなら真っ先にした方がいいカスタマイズと言えます。特に3,200rpmからの加速感の盛り上がりが変わります。マフラーも交換してあるので高回転は7,000rpmまで伸びるようになってかなり気持ちいいです。高速でも6速のままアクセルワークに反応して加速してくれるので楽になりました。ダイナミックモードでの燃費も多少良くなる傾向なので気兼ねなく踏んでいけます。どこから弄るか悩んでいる方は、まず revo をインストールした方がいいと感じました。

 

revo Technik の宣伝マンのようなインプレ、ありがとうございました。マニュアルミッションですから低回転域のトルクがしっかりと確保できていないと乗りにくいクルマになってしまいますが、”revo Technik”ではそういったことが皆無ですし、エキゾーストやインテークシステムと併用することで中〜高回転域でのレスポンスは格段にアップします。オーナーさんがオススメして頂いているぜひぜひいかがでしょうか??? また、A1 1.0TFSI 用 ECU ステージ1 もリリースされました。

 

最新情報は Facebook にて更新中です。ぜひぜひ コチラ もチェックお願いします。

< 作業予約状況 >

2018年 6月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

走りに磨きがかかって長文のインプレを頂きましたが 笑

2018-04-22

昔 “いつかはクラウン” というキャッチコピーがありましたが、”KW” サスペンションだったら”ハイトアジャストスプリング””ストリートコンフォート”に始まり  “いつかはVer.3” という方は意外と多いかもしれません。

コチラの”8T A5SB”もそんな1台です。前車の”8K A4″では”KW ストリートコンフォート”を装着して頂き、今回の乗り換えでいょいょ“KW Ver.3”の装着です。

やはり”Ver.3″の特徴といえば、ショックアブソーバーの減衰力が伸び側と縮み側で独立して調整できることにあります。多くの場合、突き上げ感は縮み側、ピッチングやロール感のコントロールは伸び側を調整することで好みのセッティングに近づけることができます。例えば、コレ以上にゴツゴツした印象にはしたくないけど、スピードを出した時に少しフワフワする感じをなんとかしたい・・・という場合には、縮み側はそのままに伸び側だけを少しハードに調整するとピタッと安定した姿勢になったり・・・ッと。

他のサスペンションだと伸び側と縮み側が同時に堅くなったり、どちらか一方だけしか調整できなかったり・・・と。もちろん装着して頻繁に減衰力調整をしてベストうセッティングを見つける方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は当店推奨のセッティングで乗っていますが全領域での”いなし感”は”ver.3″でないと出せないのもオススメする理由です。

また、”KW Ver.3″と組み合わせて装着することの多い“調整式フロントアッパーアーム”も併せて装着させて頂きました。

ローダウンしたことで発生するフロントの”キャンバー&キャスター”変化を補正することでき、ステアリングフィーリングの改善・直進安定性の向上・タイヤの偏摩耗を抑えることに効果大です。もちろん装着した後のアライメント調整をしっかりとすることで始め機能するアイテムでもあります。

早速 ”足回りすごくいいですね!! 高速道路を軽く流しましたが、ニュートラルステアでスピードがのってきた時の安定感が凄すぎます。ビックリです!!運転がうまくなった錯覚をしてしまいます。ついついスピードが・・・気を付けないと” ッとインプレを頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

そして、純正19inchホイールはそのままに“H&R製ホイールスペーサー”を装着させて頂きました。

“ホイールスペーサーを装着したらステアリングがブレたりしませんか???” という質問をよくよく耳にします。ホイールとの接点でもあるハブ付き(矢印部分)であることが条件になりますが、その部分の強度がしっかりとしていて、全体の精度も高いスペーサーを使用すれば その心配は解消されます。そういった理由で当店では”H&R製””isweep製”に限定して使用しています。

そして、そして、サスペンションの能力がアップしたので、“revo Technik ECUステージ”もインストールさせて頂きました。

ッということで、コチラもインプレを頂きました。

 

市街地での性能 ★★★★★

高速道路での性能 ★★★★☆

乗りやすさ / 扱いやすさ ★★★★★

総合的な満足度 ★★★★★

市街地ではトルクもアップしてこれまでよりも軽くクルージングできるようになりました。平均燃費メーターも上のギアを多用して走ると確実に1km/Lは良くなってます。タイトコーナーが連続するワインディングでも低速トルクがあるので力強く走りますし、これ以上にスピードレンジがあがるとブレーキをよくしないと・・・。高速道路では 5速4,500rpm付近からもっさりとして感覚はありますが、なかなかそこから踏み続けるところもないので・・・。パワーがアップした分、フロントタイヤの接地感が薄くなる印象があるので 次はフロントスポイラーが欲しくなりました。

 

実はもっともっと詳しい長文のインプレを頂きましたが、なかなかオープンにできない内容が多くて・・・割愛させて頂きました。笑

20mmと控えめなローダウンスタイルですが、走りは純正と比べてもかなり走りに磨きがかかった1台になりました。ありがとうございました <(_ _)>

< 作業予約状況 >

2018年 4月

2018年 5月

※ “revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・作業内容によっては、作業可能です。お問い合わせください。

4G S6 4.0TFSI + revo Technik ECU ステージ1

2018-03-05

“4.0TFSIエンジン + エアサスペンション” という組み合わせということもあってアウディの中でもロングツアラー要素の強い “4G S6” ですが、“revo Technik ECUステージ1” をインストールさせて頂きました。

 

・市街地での性能 ★★★★☆

・高速道路での性能 ★★★★★

・乗りやすさ / 扱いやすさ ★★★★★

・総合的な満足度 ★★★★☆

冬の間はなかなか乗る機会も少ないですが、乗り易さは明らかに良くなりました。高速道路でも以前と同じくらいに加速したつもりでも速度の上がり方が違いますね。頑張った雰囲気も感じさせず、知らず知らずのうちにスピードが出ている感じです。

 

既に アクラポビッチ フルチタンエキゾースト も装着して頂いていますので、今後は “AWE Tuning S-FLO カーボンインテーク”など吸気系チューニングを施すことでパワートレインは完成形になります。そうすることで、トータルで低回転〜中高回転まで気持ちいいエンジンフィーリングになってロングドライブも快適になると思います。

 

< 作業予約状況 >

2018年 3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

レッド・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

イエロー・・・ピットに若干の空きがあります。作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

ブルー・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オレンジ・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのためフロントスタッフが不在となりますので、事前にご予約頂いた作業のみとなります。なお、”AS Sport ブレーキーパッド 25%OFF” “Moty’s E/Gオイル 15%OFF” “cpm ロアフォースメント10%OFF” で対応させて頂きます。

“AWE Tuning S-FLO + revo ECU ステージ1” 狙い撃ち キャンペーン

2018-03-02

 

トルクとパワーアップを両立できるインテークとして人気の “AWE Tuning S-FLO カーボンインテーク” と コチラも全回転域でトルク&パワーアップから排気量が大きくなったような感覚で乗りやすいッと人気の “revo ECUステージ1” という定番のチューニングが RS6/RS7/S6/S7/A6/A7オンリー・台数限定のキャンペーンです。

あとは、お好みのエキゾーストをチョイスして頂ければ、吸排気系 + ECU の第1歩として完成です。同時にエキゾースト “アクラポビッチ or MILLTEK or AWE Tuning or スーパースプリント” をオーダー頂いた方は、その取付工賃も無償とさせて頂きます。

 

“AWE Tuning S-FLO カーボンインテーク” + “revo ECUステージ1”

4G RS6 / RS7 4.0TFSI 限定2台

取付工賃込 通常価格 税別 ¥560,000 → 現金特価 税別 ¥482,000

4G S6 / S7 4.0TFSI 限定2台

取付工賃込 通常価格 税別 ¥520,000 → 現金特価 税別 ¥448,000

4G A6 / A7 3.0TFSI 限定2台

取付工賃込 通常価格 税別 ¥480,000 → 現金特価 税別 ¥414,000

 

※ 上記価格は税別表記です。別途消費税がかかります。また、現金特価となっていますので、カードご利用の場合は別途お問い合わせください。

 

遅ればせながら・・・

2018-02-18

昨年の7月から取り扱い開始した “revo Technik” ですが、遅ればせながらデモカー”8J TTS”にインストールしてみました。既に強化フューエルポンプに交換してありますので ECU“ステージ2+”、それに合わせて TCU“ステージ2” をインストールです。

2009モデルで、この頃のモデルはインストール後に ブースト/スロットル開度/点火タイミング/燃料噴射量 を9段階で調整可能な機能がついています。色々と試してみましたが、他の装着しているアイテムとの補正を目的とした調整が正しい使い方のようで、いまのところストック状態が一番マッチングが◎です。

そして、改めて “TCU” いわゆる Sトロニック用CPUチューニングデーター の効果は大です。ECUで得たパワーを余すところなく、途切れることなく、タイヤに伝えてれているのがよーーーく実感することができます。

あとは、後日サーキットでの性能チェックをジックリとしてみたいと思います。

ちなみに、ただいま装着しているタイヤは “ADVAN Neova” です。実はこのタイヤとTTSの組み合わせでサーキットを走るのは初めてッ!!!

コチラも楽しみの1つです。

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30