パワートレイン

血液のようなモノ

2017-06-08

当店で E/Gオイル交換と言えば、”Moty’s”です。エンジンタイプとチューニング度合いに応じて ↓↓↓ のラインナップをご用意しています。やはりオイルはE/Gにとって血液のようなモノですからメンテナンスの基本です。

 

typeA・・・5W-40相当 / STDオイル

typeC・・・15W-50相当 / オイル消費対策オイル

typeD・・・5W-30相当 / 最新型低粘度対応オイル

typeSP・・・粘度指数 規格外 / RSモデル & チューンドE/G対応オイル

 

ッということで、コチラの”8V RS3″には”typeSP”です。

“typeSP”は”Moty’s”が現状で考えられるもっとも良い素材とブレンドで精製されたオイルです。低回転のトルク感、中〜高回転での油膜保持などなどオイルに求められる性能はダントツです。

ちなみに、夏本番を前にエアコン強化剤  “ワコーズ PAC-R” も同時施工させて頂きました。

コチラは タービン直後からの “MTM フルエキゾーストシステム”、”MTM Mキャントロニック”などで700psオーバーになっている”4G RS6″です。

エンジン自体の発熱量と負荷も高く、E/Gオイルに求められる性能も妥協が許されない1台ですが、”typeSP”を10,000kmごとに定期的に交換です。

交換直後のオイルの状態と10,000km走行後のオイルの状態の性能変化が少ないのも”Moty’s”の特徴です。

コチラは 遠方からお越し頂きました “8K S4”  です。

オイル交換前にエンジン内洗浄として “ワコーズ RECS  / CORE601 / フラッシングオイル” の施工です。

スッキリとした後に、”typeA”とアウディ純正オイルフィルターに交換です。

そして、エアコン強化剤 “ワコーズ PAC-R” も施工させて頂きました。

そして、コチラは同じく3.0TFSIエンジンを搭載した”4M Q7″です。

“typeA”とアウディ純正オイルフィルターを交換させて頂きました。

もちろんデモカー”8X S1″にも”Moty’s E/Gオイル”を使用しています。

最新の2.0TFSI以下のエンジンには低粘度タイプの”typeD”がオススメです。低粘度といっても高回転域でも高い性能を発揮できるのが最近の低粘度タイプです。エンジンのフィーリングがザラ付き感が改善されました。

ちなみに、近日中にワコーズから新発売となるアイテムを施工してみる予定です。既に SuperGTレースでは実戦投入されている技術ですが、市販エンジンでテストして結果次第では “typeA””typeD”オイルに施工がオススメになるかもしれません。

 

< 作業予約状況 >

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“Racingline” 取り扱い開始、そして “夏の商談会”では、ついに・・・ッ!!!

2017-06-05

 

“8J TTRS 用 インテーク” でお馴染みの”VW Racing”ですが、”Racingline”という名称に変更になって これからAudi用アイテムを強化していくッということで、当店でも取り扱いを開始します。イギリスでのVWモータースポーツ活動の拠点でもある会社で、その技術はワークス仕込みですから信頼性の高さは言うまでもありません。

現状では “8V S3用” “8S TT/TTS用” アイテムがもっと充実していて、”R600コールドインテーク””ターボインレットホース””ターボインレットパイプ90″”ターボマフラーデリート”を組み合わせた”パーフェクトインテークシステム”は人気アイテムで、S3本来のパワー&トルクを発揮するのに役立つアイテムばかりです。

そして、”オイルマネージメントシステム”は TCRレーシングマシン “RS3 LMS” にも同様のシステムが搭載されていたりもします。

 

そして、これまで 特殊な現車セッティング以外 は エンジンコンピューターチューニング をしていなかった当店ですが、ついに6/24-25 “夏の商談会”では “Racingline社” oem+ を即日インストールを実施します。現状では”8V S3″”8P S3″がメインで、書き換えタイプとなりますが、絶対的な信頼性がある”Racingline社” ならではのパワー&トルクを手に入れてみてはいかがでしょうか???

もちろん、当日は輸入元さんもいらっしゃいますから “oem+”の拡張性と優位性の理由も含めてジャンジャン質問して頂ければ幸いです。

 

また、当日取付可能なアイテムもご用意しますので、詳しくは”夏の商談会”直前の当店のフェイスブックをチェックして頂ければ幸いです。

 

“Racingline” 本国HP / “Racingline” 本国FB  / Racingline oem+ 動画

“Racingline Japan” HP  / “Racingline Japan” FB

 

 

< 作業予約状況 >

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

オーラを放つエキゾースト

2017-05-19

以前から偶然にもアウディの中でも同一車種が同時入庫することはよくよくありまして・・・。今週は”5″が多い週でした。

ッということで、コチラの”8T S5″ですが、FL前のV8 4.2Lモデルです。

今回は “アクラポビッチ” エキゾーストの取付です。

アウディ用は、フロントパイプから全部セットになっていることが多いアクラポビッチですが、8T S5用はリアマフラーの”スリップオン ライン”と・・・。

センターパイプの”リンクパイプ”が別設定となっています。

そして、材質もステンレス製となりますが、そこはチタン加工技術ではNo.1のアクラポビッチですからステンレスでもかなり軽量に設計されています。もちろん、フィッティングの良さもピカイチです。

そして、テールエンドはアクラポビッチのお家芸”チタン製”です。

この仕様でも V8サウンドがイイ感じで強調され、チタンッか???と思うほど高回転では澄んだエキゾーストサウンドになります。

ですが、左右こ4本出しの内側のテールエンドはよく見るとクローズドになっていまして、ココをOPTパーツのバルブ付”ワイヤレスKIT”に交換するとリモコンのスイッチを押すだけで、まぁーーーかなりの迫力サウンドに豹変します。

さらにこのエンジンはダウンパイプを交換して、それに合わせてE/G CPUをチューニングしてあげるとレッドゾーンまでメチャクチャ気持ちよくなって、低回転からもトルクがモリモリになるんです。もしご興味のある方はぜひぜひいかがでしょうか??? ちなみに、8T RS5/8K RS4も同様の効果があります。

ッということで、装着してしまうのが勿体無いほど美しい仕上がりの”アクラポビッチ”ですが、やはりこうやって見ても他にはないオーラを放つエキゾーストです。ありがとうございました。

 

< 作業予約状況 >

2017年5月

2017年6月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

レーシングカーを参考にしてッ!!!

2017-04-19

来週末は宮城県の”スポーツランドSUGO”でスーパー耐久第2戦をむかえる”RS3 LMS”です。

“RS3″と言ってもTCRクラスのレギュレーションの関係で搭載されるエンジンはタービンなども含めて”8V S3″に搭載されているモノと全く同一のEA888系”2.0TFSI”です。エンジン本体には一切手を加えることなく、補機類とECUチューニングで330〜350psを発揮しつつ、最長24時間レースを戦い抜き、エンジンサイクルは12,000kmッと非常に信頼性の高いエンジンです。

逆の言い方をすれば、補機類で変更されている部分は”8V S3″でチューニングの参考になるッということにもなります。ッということで、まずはエアクリーナーです。

オススメは “EVENTURI インテークシステム”

“RS3 LMS”ではバンパー部のエアダクトからフレッシュエアを導入していますが、”EVENTURI”は純正と同様にグリル上部から多くのフレッシュエアをキャッチする構造になっています。もちろん、カーボン製のエアクリーナーBOXの綺麗さは”EVENTURI”に共通したクォリティです。ちなみに、在庫もあります。

そして、お次はインタークーラーです。

“RS3LMS”は”8J TTRS”純正を専用ラジエターコアサポートでマウントしていますが、エアコン用のコンデンサーを装備している市販車はそうはいきません・・・。

ッということで、オススメは先日特約店となりました”WAGNER TUNING ワグナーチューニング”のインタークーラーです。MTMをはじめとする欧州のチューナーにOEM供給していることからもその実力は折り紙つきです。

インタークーラーの話になると必ず “インタークーラーは吸入エアを冷やすと共に圧力損失が抑えられていることが重要”ッと言っていますが、やはりインタークーラー専門メーカーの “ワーグナー”はそのあたりに抜かりはない設計になっています。ホント、コレで低回転域でのトルク、エンジンレスポンスが大幅に違いが出ますから・・・。ちなみに、コチラも在庫があります。

そして、そして、“Racing Line VWR Catch Tank and Oil Management Kit”もオススメです。

エンジンヘッド側に上がってくるブローバイガスをオイルとガスにセパレートしてくれるシステムで、インータクーラーなどのパイピングにブローバイオイルが戻ってしまうのを抑えます。これによってエンジンコンディションをベストな状態をキープしてくれます。

最新型のエンジンはどれもオイルのコンディションだけはイイ状態をキープすることがマストになっていますからハードに乗る方はぜひぜひいかがでしょうか???

あとは、エンジンCPUとなりますが当店ではカプラーONながら燃料系までしっかりと制御してくれる”MTM Mキャントロニック”がオススメです。もちろん、マフラー、ターボインテークパイプ、プラズマダイレクトなどなどを組み合わせることで、安心かつ安定したパフォーマンスを発揮できるようになります。

ッということで、”8V S3″のチューニングはコレからが旬を迎えますので、ぜひぜひお気軽にご相談ください。

そして、今後 “RS3″用アイテムも続々と揃ってくると思います。ちなみに、↓ ↓ ↓ “EVENTURI インテークシステム”も赤いパイピング部分がカーボンになってリリース予定です。

 

< 作業予約状況 >

2017年4月

2017年5月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

国内初入荷ッ!!! 1台分 限定で・・・

2017-04-15

まだまだ意外と”eマーク対応”マフラーが少ない”8V S3″ですが、ジェクトルなサウンドで純正プラスαがご希望な方にはイタリア発”RAGAZZON”はいかがでしょうか???

Sportback のみの設定ですが、純正のオーバルテールを少しだけ大きくした雰囲気も◎です。

ッということで、”8V S3 Sportback”用 国内初入荷 1台分を

取付工賃込 通常価格 ¥350,000 → 特価 ¥215,000

のSPLプライスでご提供します。

どなたかいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2017年4月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31