ホイール&タイヤ

コンケーブを世界中に広めた代表的なモデル

2017-10-04

車検でお預かりしたコチラの”8K A4″です。タイヤがツルッツルだったので、車検は ×△※?◯ しましたが、“VOSSEN CV3 & MICHELIN パイロットスーパースポーツ”を新調して頂きました。VOSSENの中でも”CV3″は、”VOSSEN = コンケーブホイール”ということを世界中に広めた代表的なモデルです。その後左右非対称デザインの”CVT”も大人気となりましたが、”CV3″シリーズは普遍的なデザインでいつ見ても◎です。

また、チョイスさせて頂いたタイヤですが、FFモデルはリアタイヤの荷重変化でどうしてもウェービング現象を起こしやすく、サイドウォール剛性・ブロック剛性がしっかりとしていないとトレッドが波打って変形してしまいます。特にホイールベースが長いほどのその傾向は強まりますし、今回のように19×10.0Jホイールに245/35-19という規定サイズ外での組み合わせとなると尚更ですので、当店では装着するタイヤも限定させて頂いています。もちろん”MICHELIN パイロットスーパースポーツ”は自信を持ってオススメするタイヤの1つです。

VOSSENらしい深いコンケーブ、A4の組み合わせはやはりSPLな雰囲気があってイイですね。

ちなみに、ホイールには “GYEON RIM”コーティングをしてみました。艶と奥行き感がアップして◎です。新品状態での施工がオススメです。

 

※ 10/5-9 の期間、 Audi Sport customer racing “SuperGT タイ戦”サポートのためフロントスタッフが不在となります。メールも含めたお問い合わせの返答に時間が掛かる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

ジワジワッと

2017-08-19

ジワジワッとご指名頂くことが多くなってきました “HRE FLOWFORM FF04” です。

HREといえば ビレット鍛造ホイールでは右にでるホイールはないッ!! と言っても過言ではないハイクォリティブランドですが、そのHREがリリースする鋳造フローフォーミング製法のホイールでさり気ない”純正プラスα”のデザインがアウディにマッチするため、今もA3/A6用のバックオーダーを頂いていましてジワジワと人気ホイールになりそうな予感です。

STDカラーは ↑フラットブラック↑ と ↓リキッドメタル↓ の2カラーですが、↓↓↓のように特注カラーもオーダー可能です。

サイズラインナップは コチラ です。ただいまアウディ用は全てバックオーダーなっていまして今秋に出荷予定分のご予約を承っていますです。

撮影に使用した ↓ の 20inchリキッドメタルカラーは当店でご覧になることも可能です。ぜひぜひいかがでしょうか???

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

待ちに待った1台ッ!!!

2017-08-13

手前は、100,000kmを目前に “サスペンションO/H + 仕様変更” “ブレーキシステム brembo → STOPTECH トロフィKIT” などなどリフレッシュ作業待ちの”8J TTRS”

奥は、待ちに待って納車となりました”8S TTRS ロードスター”

これまで TTRS/TTS のロードスターは日本国内に未導入でしたが、事前に8S TTRSは国内導入があるッという情報がありましたで、その時点から考えると1年弱も待っての納車です。

今後、当店でよくよく見る光景になるであろう 新旧 “TTRS” ですが、今回は “8S TTRS ロードスター” の方をご紹介です。

まずは、サスペンション換装です。

チョイス頂いたのは、バッチリTTRS対応になっている “KW Ver.3 車高調サスペンション” です。

伸び側・縮み側の減衰力を独立して調整できることから低速〜高速域までフラットライドな乗り心地を実現することができる脚です。

とりあえずはメーカー推奨値でセットしましたが、純正サスペンションよりも突き上げ感が軽減されつつも、確実に路面に掴んでトラクションがしっかりと掛かっている感触です。

オーナーさんからも “しなやかで乗り心地最高です” とインプレを頂きましたが、ショックアブソーバー / スプリング共に慣らしが完了したら、じっくりとセッティングを煮詰めていきたいッと思います。

そして、4pot → 8pot になったフロントキャリパーを外して、カラーチェンジです。

まずは、フェイス面の”RS”ロゴとクリア塗装を研いで落とします。

塗装色の発色がよくなるように、一旦ホワイトに塗装です。

そして、”ライムイエロー”にペイント、ロゴを貼付、クリア塗装・・・という工程です。

ッということで、無骨な印象の純正キャリパーがオシャレに変身です。

明るいカラーなのでホイールの内側でも存在感は◎です。

もろちんリアキャリパーもペイントしましたので、クリーンな状態を維持できるようにブレーキパッドは前後共に低ダストタイプ “AS Sport AS500” に換装しました。

そして、お次はインテリアです。

まずは、“レイヤードサウンド 4ch”を装着させて頂きました。

ロードスターですから室内空間はかなりコンパクトなのに4chとは贅沢ですが、オープンにした時にもフロントピラーとロールバー近くに装着したレイヤードサウンドのドライバーからハッキリとサウンドが聞こえますので、やはりロードスター / カブリオレには”4ch”がオススメですッ!!!

また、今回は “レイヤードサウンド +C ウーファー”も装着させて頂きました。

トランクに装着しても効果が薄いのでちょっと取付する場所に苦労しましたが、コンパクトなユニットなのでドライバーズシートの後ろに装着です。

ドライブレコーダーは “BREX BCC510” を装着です。走行中だけでなく、駐車中もしっかりと監視してくれます。

そして、レーダー探知機は定番 “ユピテル A720” です。

ッとここまでで第1弾の作業が完了です。

8J TTS に装着していた “AS Sport ASF-05″ホイールを仮に装着してみました。

8J系と比べるとサスペンション・ブレーキ・フェンダーの位置関係に余裕ができましたので、若干ですが奥行き感のあるホイールも8S系は履けそうです。

ロードスターだとクーペにはないエレガントな雰囲気もあって◎です。

本チャンのホイールはコチラですかね??? ディスクカラー、アウターリムカラー、インナーリムカラーなどもチョイス可能ですから悩んでいる時間も楽しいもんです!!!

ちなみに、今回”ボディコーティング”のご依頼も頂いておりましたが、来月から新導入するメニューの第1号車としてご予約頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

ちなみに、ちなみに、revo technik からはステージ1、EVENTURI からもカーボンインテークがリリースされる予定です。これから8S TTRSは楽しみがたくさんですッ!!!

 

14日〜17日までは夏季休業とさせて頂きます。18日(金)からは通常営業です。

上記期間のお問い合わせは info@kreis5.jp まで宜しくお願いします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

妥協してはいけないところッ!!!

2017-08-11

“KW Ver.3″を装着して頂き、次はホイール&タイヤですね!! ッという話をしていたらタイヤをガリッと・・・。扁平率の低いタイヤほどサイドウォールにかかる負荷も大きいですから危険です。

さらに “タイヤ空気圧警告灯” も点灯するようになって、ホイールの入荷を待っていられない状況になってしまいましたので、タイヤを先行して交換となりました。

チョイスさせて頂いたのは “ADVAN Sport V105” です。

エア漏れの原因はタイヤのガリ傷ではなく、純正のゴムバルブのひび割れでした。

走行距離が10,000km未満の極上のコンディションのクルマですが、乗らなくてもバルブ・タイヤ共にゴムは紫外線などの劣化してしまいます・・・。ッということで、4本とも新品のゴムバルブに交換させて頂きました。

これまでブリヂストン派で “初”ADVAN ということですが、どうでしょうか??? 私も同じくずーーーとブリヂストン派でしたが、この “V105” はオススメのタイヤです。前モデルの”V103″はアウディ純正採用されていてその進化版ですからアウディとのマッチングも◎のタイヤですし、どんなに良いサスペンションやブレーキを装着しても、パワーをあげても、路面と接しているのはタイヤだけです。やはりココだけは妥協してはいけないところです。

ちなみに、今回から“GYEON TIRE”を使用しました。タイヤへのダメージも最小限に汚れの付着を防ぎます。

そして、“pb製 TVキャンセラー”もコーディングタイプを施工させて頂きました。

また、転ばぬ先の・・・なんとかで “レーダー探知機”も装着です。新型移動オービスを電波で受信する“ユピテル  A720”が定番です。

そして、そして、”次こそホイール”ッということでオーダーを頂きました。ありがとうございます。秋まで首を長ーーーくしてお待ちください。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

選りすぐりアイテムばかりッ!!!

2017-07-26

“AS Sport フロントスポイラー”を皮切りにE/Gオイル交換などでお越し頂いておりますコチラの”4G S6″ですが、今回はたくさんのメニューですッ!!!

まずは、エアサスペンションでローダウンする方法といえば “iid ロアリングKIT”です。

車高を認識しているロッドを調整式に換装することで、設定車高を変えることができます。もちろん、MMI内での”車高を上げる”or”車高を下げる”機能は使えますのでエアサスペンションの機能をスポイルすることもありません。

そした、ローダウンするとフロントのキャンバー角度がついてしまいますので、“調整式アッパーアーム”を装着してアライメント補正をします。特に長距離を乗る方にはタイヤの寿命に違いが大きく出ますのでオススメです。

“cpm ロアフォースメント”も装着です。ブログを読んで頂いている方々にはもう説明の必要もない定番アイテムです。

そして、そして、”カプラーONタイプ ダイナミックウィンカー”です。

テールランプと車体の間のハーネスに割り込ませることで、フェイスリフトモデルのような”流れるウィンカー風”になります。

ちなみに、いまのところAvantのみ対応です。

お次は、“アクラポビッチ フルチタンエキゾースト” です。”Audi Sport Perfomance Parts”にも採用されているハイパフォーマンス&ハイクォリティなエキゾーストとしては敵無しッ!!!

もちろん純正排気バルブ対応です。

その排気バルブの開閉ですが、アクラポビッチ付属のユニットを使ってドライブセレクトである程度はコントロールできますが、完全に”開閉”はコントロールできません・・・。

ッということで、”アクラポビッチ”に付属しているバルブコントロールユニットは使わず、“AWE Tuning リモートスイッチパス”を装着させて頂きました。

これによって、リモコンのON/OFFで完全に排気バルブのコントロールが可能になりました。

また、嬉しい発見が1つッ!!! エンジンを切る前にリモコンを”OFF”にしておくと、次にエンジンスタート時にも排気バルブが”閉”のままになります。純正はエンジンスタート時に一瞬排気バルブが開いてしまうので、”朝イチのエンジンスタートがご近所迷惑なんだよな・・・”ッという方には朗報です。

そして、そして、Audi Motorsport 直系 “OZ 鍛造ホイール ZEUS HLT” 20inchです。

本来 “4G S6” サイズの設定はありませんが、カスタムメイドサービスで製作して頂きました。

組み合わせたタイヤは”ADVAN Sport V105″です。まさにハイパフォーマンスでロングツアラー向きの”4G S6″にはピッタリの性格なタイヤです。

決して派手ではないですが、”アクラポビッチ” “OZ ホイール” “ADVAN” とアウディ純正でも採用されている選りすぐりアイテムばかりを装着して頂きました。ありがとうございました。

 

< 作業予約状況 >

2017年7月

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031