TT

安定感に違いがッ!!!

2017-09-15

新型がリリースされても乗り換え率の少ない”8J TTRS”です。新型は出来が良すぎて・・・という意見が多いですが、”8J TTRS”でも初年度しか設定がなかったマニュアルミッションなら尚更です。

ッということで、以前 “Rdd マルチスリットビックローター”を装着して頂きましたコチラのマニュアルミッション仕様の”8J TTRS”です。

今回はリアローターを・・・。

フロントと同様に“Rdd マルチスリットビックローター”に換装させて頂きました。

リアも大径にすることでハードブレーキング時の安定感に違いが出ます。

ちなみに、Rddの場合はホイールのマッチングに制約がありますので要注意です。他には”HCC BRAKES製”という選択肢もあります。

ちなみに、ちなみに、”8J TTRS”で更なるブレーキパフォーマンスアップということでしたら、フロントに “STOPTECH 6pot / 380mm スリットローターKIT”、リアに “HCC BRAKES ビックローターKIT” の組み合わせがオススメです。絶対的な効きだけでなく、ペダルフィーリングが自然でコントローラブルで安心感がグゥーーーンとアップします。

そして、E/Gオイル交換、“034Motorsport リアサブフレームマウントインサート”も装着させて頂きました。

“8J系”は新型と比べると少しリアの突き上げ感がある印象ですが、コレを装着することで突き上げ感が軽減できるだけでなく、リアタイヤのトラクションもアップしますので走り志向の”TTRS”にはオススメな定番アイテムです。もちろん常時在庫していますので、ぜひぜひ宜しくお願いします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

マクストンデザイン

2017-09-11

Maxton Design【マクストンデザイン】のエアロパーツが大量入荷しましたので、ご予約を頂いていたアウディに取付させて頂きました。

まずは、8T A5 S-line フェイスリフト後フロントスプリッターV2 を装着です。

製品はマットブラック仕様がSTDで、今回はグロスブラック仕様を装着しましたが、ボディカラーのブラックとも全く違和感がなくて◎です。フィッティングも良くて手軽にフロントマスクの印象を変えるのにちょうどいいアイテムです。

ちなみに、8T S5 フェイスリフト後にも装着可能です。

お次はTTRS顔に換装した”8J TT”に、8J TTRS 用 フロントスプリッターV2 / サイドスカートディフューザー を装着です。

コチラにもグロスブラック仕様とさせて頂きましたが、ルーフ/ドアミラーとのマッチングも◎です。フィッティングにはちょっとコツが必要でしたが、ご満足頂けました。ありがとうございます <(_ _)>

そして、TTRS/TTSサイドスカートに対応した”サイドスカートディフューザー”です。コレが あるッ!! と ないッと!! ではクルマ全体の雰囲気が全然違います。フロントスプリッターとのバランスも◎です。

フロント・サイドを装着しても “AS Sport カーボンフロントスポイラー” よりもまだまだリーズナブルなんですから驚きです・・・汗

ちなみに、“8V S3 Sedan フェイスリフト前用フロントスプリッター” “8V S3 Sportback フェイスリフト前用フロントスプリッター” “8V RS3 Sportback フェイスリフト前用フロントスプリッター” はグロスブラック仕様で在庫があります。ぜひぜひいかがでしょうか???

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

じっくりと勉強してきました!!!

2017-08-31

今秋から新たに “GYEON ボディコーティング” をスタートするために先日 “GYEON JAPAN”さんで講習を受講してきました。”GYEON ボディコーティング”については詳細が決まり次第、また改めてご紹介するとして・・・。

既に人気アイテムの “GYEON セルフカーケア”の製品についてもじっくりと勉強してきました。

基本となるのが、スターターKITとして人気の”BATHE+ & WET COAT & IRON”がセットになった”B-KIT”です。

車検でお預かりしていた”4F A6″を”B-KIT”を使って洗車しました。

パッと見では綺麗なボディでガラスコーティングも施工されていますが、表面はわずかにザラザラです。

ッということで、ブレーキダストクリーナーとしても使用するも多い “GYEON IRON” をボディにスプレーしてきます。

そうすると鉄粉などが紫に変化していきます。通常なら鉄粉取りの粘土を使用するところですが、粘土自体が傷の原因になることもありますから、できる限り “GYEON IRON” で済ませたいところです。

あとはたっぷりと水を含ませたタオルで流していきますが、スプレーしただけなのに手にチクチクッと鉄粉が刺さるほどしっかりと抜けています。

“IRON”を使用する時にボディは “乾いている状態” or “濡れている状態” が迷うところですが、当店の場合 ボディカラーが淡色の場合は乾いている状態・濃色の場合は濡れている状態 ッで作業しています。効果のほどは”乾いている状態”の方が高いですが、やはり濃色は色ムラが気になりますから・・・。

鉄粉がひどい場合はコレを数回繰り返します。

次は “BATHE+” を使って洗車です。乾くことが大敵ですので、ルーフ・ドア・ガラスなどパネルごとに洗って水でたっぷりを流すというのが綺麗に仕上がるコツです。

↑↑↑のように “BATHE+” で洗った後は、濡れている状態で “WET COAT” をスプレーしていきます。コレも”BATHE+”と同様にパネルこどの作業をオススメします。

“BATHE+””WET COAT”共に撥水コーティング効果のあるシリカ系の成分が含まれていますので、水と酸素と結合して効果が高まります。とにかくたっぷりの水で流すのが◎です。

洗車だけとは思えないほど ツヤツヤ & ツルツル ッになりました。

↑ 4F A6 ↑ は元々しっかりとガラスコーティングが施工されていましたが、↓ 8E A4 ↓ はガラスコーティングの効果がだいぶ落ちてきた状態・・・。

まずは、鉄粉取りの”IRON”からスタートです。んーーー結構刺さってますね!!!

ボンネット・ルーフ・フロントバンパーなどは飛来してきた系、ドア下・リアバンパーなどはブレーキパッド&ローターのダストが付着した系の鉄粉が多いです。

“IRON”で2回ほど鉄粉取りをした状態が ↓↓↓ です。

そして、”BATHE+”で洗車して ↓↓↓ ・・・。

“WET COAT”をスプレーしたのが ↓↓↓ です。

コチラもすっかり ツヤツヤ & ツルツル ッになりました。

ただ、洗車では対応できない小傷もちょこちょことありましたので、近いうちに”GYEON コーティング”でガッツリと磨く予定です。

今後、磨き歴25年の”GYEON コーティング”を担当するスタッフも “洗車だけでこんなに撥水する製品、見たことない・・・ある意味衝撃” ッと驚いていたほど効果の高いアイテムです。ぜひぜひいかがでしょうか???

ちなみに、”洗車は自分でしないで洗車屋に任せているから”ッという方には、近日から”GYEON 洗車”メニューもスタートする予定です。価格など詳細が決まりましたら改めてご紹介しますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

ジワジワッと

2017-08-19

ジワジワッとご指名頂くことが多くなってきました “HRE FLOWFORM FF04” です。

HREといえば ビレット鍛造ホイールでは右にでるホイールはないッ!! と言っても過言ではないハイクォリティブランドですが、そのHREがリリースする鋳造フローフォーミング製法のホイールでさり気ない”純正プラスα”のデザインがアウディにマッチするため、今もA3/A6用のバックオーダーを頂いていましてジワジワと人気ホイールになりそうな予感です。

STDカラーは ↑フラットブラック↑ と ↓リキッドメタル↓ の2カラーですが、↓↓↓のように特注カラーもオーダー可能です。

サイズラインナップは コチラ です。ただいまアウディ用は全てバックオーダーなっていまして今秋に出荷予定分のご予約を承っていますです。

撮影に使用した ↓ の 20inchリキッドメタルカラーは当店でご覧になることも可能です。ぜひぜひいかがでしょうか???

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

2017年9月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

待ちに待った1台ッ!!!

2017-08-13

手前は、100,000kmを目前に “サスペンションO/H + 仕様変更” “ブレーキシステム brembo → STOPTECH トロフィKIT” などなどリフレッシュ作業待ちの”8J TTRS”

奥は、待ちに待って納車となりました”8S TTRS ロードスター”

これまで TTRS/TTS のロードスターは日本国内に未導入でしたが、事前に8S TTRSは国内導入があるッという情報がありましたで、その時点から考えると1年弱も待っての納車です。

今後、当店でよくよく見る光景になるであろう 新旧 “TTRS” ですが、今回は “8S TTRS ロードスター” の方をご紹介です。

まずは、サスペンション換装です。

チョイス頂いたのは、バッチリTTRS対応になっている “KW Ver.3 車高調サスペンション” です。

伸び側・縮み側の減衰力を独立して調整できることから低速〜高速域までフラットライドな乗り心地を実現することができる脚です。

とりあえずはメーカー推奨値でセットしましたが、純正サスペンションよりも突き上げ感が軽減されつつも、確実に路面に掴んでトラクションがしっかりと掛かっている感触です。

オーナーさんからも “しなやかで乗り心地最高です” とインプレを頂きましたが、ショックアブソーバー / スプリング共に慣らしが完了したら、じっくりとセッティングを煮詰めていきたいッと思います。

そして、4pot → 8pot になったフロントキャリパーを外して、カラーチェンジです。

まずは、フェイス面の”RS”ロゴとクリア塗装を研いで落とします。

塗装色の発色がよくなるように、一旦ホワイトに塗装です。

そして、”ライムイエロー”にペイント、ロゴを貼付、クリア塗装・・・という工程です。

ッということで、無骨な印象の純正キャリパーがオシャレに変身です。

明るいカラーなのでホイールの内側でも存在感は◎です。

もろちんリアキャリパーもペイントしましたので、クリーンな状態を維持できるようにブレーキパッドは前後共に低ダストタイプ “AS Sport AS500” に換装しました。

そして、お次はインテリアです。

まずは、“レイヤードサウンド 4ch”を装着させて頂きました。

ロードスターですから室内空間はかなりコンパクトなのに4chとは贅沢ですが、オープンにした時にもフロントピラーとロールバー近くに装着したレイヤードサウンドのドライバーからハッキリとサウンドが聞こえますので、やはりロードスター / カブリオレには”4ch”がオススメですッ!!!

また、今回は “レイヤードサウンド +C ウーファー”も装着させて頂きました。

トランクに装着しても効果が薄いのでちょっと取付する場所に苦労しましたが、コンパクトなユニットなのでドライバーズシートの後ろに装着です。

ドライブレコーダーは “BREX BCC510” を装着です。走行中だけでなく、駐車中もしっかりと監視してくれます。

そして、レーダー探知機は定番 “ユピテル A720” です。

ッとここまでで第1弾の作業が完了です。

8J TTS に装着していた “AS Sport ASF-05″ホイールを仮に装着してみました。

8J系と比べるとサスペンション・ブレーキ・フェンダーの位置関係に余裕ができましたので、若干ですが奥行き感のあるホイールも8S系は履けそうです。

ロードスターだとクーペにはないエレガントな雰囲気もあって◎です。

本チャンのホイールはコチラですかね??? ディスクカラー、アウターリムカラー、インナーリムカラーなどもチョイス可能ですから悩んでいる時間も楽しいもんです!!!

ちなみに、今回”ボディコーティング”のご依頼も頂いておりましたが、来月から新導入するメニューの第1号車としてご予約頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

ちなみに、ちなみに、revo technik からはステージ1、EVENTURI からもカーボンインテークがリリースされる予定です。これから8S TTRSは楽しみがたくさんですッ!!!

 

14日〜17日までは夏季休業とさせて頂きます。18日(金)からは通常営業です。

上記期間のお問い合わせは info@kreis5.jp まで宜しくお願いします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年8月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031