ブレーキ

秋〜春がシーズンIN

2017-03-16

秋〜春のクルマに負担が掛かりにくい季節にサーキット走行を楽しんでいるコチラの”8J TT”

フロントブレーキは”TTRS純正”にコンバージョンしていますが、そろそろブレーキローターが限界・・・ということでご入庫です。

ドリルドローターの宿命でもあるホール部分を起点とするクラックが入り始めています。

ッということで、再度 “TTRS純正ローター”とサーキット専用ブレーキパッド“AS Sport AS750”を新調して頂きました。ブレーキダクトもしっかりと引き込んでいますし、車重の軽いFFモデルということもあって十分な制動力です。

そして、スパークプラグも熱価の高いタイプで交換です。100,000kmを目前に2・3番シリンダーのオイル上がり傾向になってきました・・・。しばらく経過観測の必要有です。

そして、そして、エンジン内洗浄“ワコーズ RECS + CORE601”施工後に、E/Gオイルは“Moty’s typeSP”に交換です。

これでまた今秋までサーキットは封印です。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

車検 プラスα

2017-02-13

年度末はクルマが一番売れる時期ですから自ずと年度末にむけて車検が多くなってきます。

ッということで、↑コチラ↑の”8P A3 1.4TFSI”も車検でお預かりさせて頂きました。

事前にチェックさせて頂いておりましたので、車検は無事クリアです。

事前点検の際にブレーキローターの磨耗が進行しましたので、この機会に交換させて頂きました。

チョイスさせて頂いたのはリプレイスメントとしてお勧めの“DIXCEL PDローター”です。純正と比べても磨耗性に優れて防錆対策もされています。

また、ブレーキパッドも低ダストタイプの“AS Sport AS500”と換装させて頂き、ブレーキフルードも全量交換させて頂きました。

そして、エンジンオイルも5W-30相当”Moty’s typeD”に交換です。なめらかなエンジンフィーリングになったと思います。

そして、出足の少し良くしたいッということでしたので、“スロットルコントローラー”も装着です。

ありがとうございました。

当店ですと車検時に純正部品ではなく、少しグレードアップしたり、不満に思っていた箇所のカスタマイズということも可能ですので、ぜひぜひお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

< 作業予約状況 >

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

国が違えば・・・

2017-02-11

オイル交換を除けば、当店で一番ご依頼の多いメニューと言えば 低ダストブレーキパッド への換装です。

そもそも欧州車はブレーキダストを軽減させるッと概念が全くありませんから仕方がありませんが、ホイールがアッという間に汚れていくことに閉口する方も多く当店でも人気メニューとなっています。

ッということで、↑コチラ↑の”4G A6″も 低ダストブレーキパッド “AS Sport AS500” に換装です。

これでブレーキダストが純正と比べて8割以上軽減できます。

ダスト自体もホイールに刺さるような砂鉄からパウダー状になるため、洗車の時にホイールも洗う際もグゥーーーンと楽になります。

そして、摩耗性も飛躍的に向上しますから “50,000km走ってもまだまだ残ってるよ” ッという方も多くいらっしゃいます。

ちなみに、ブレーキパッドの相方でもあるブレーキローターの磨耗性も同様に伸びますので、ローターコンディションが良い状態の早めの交換がお勧めです。

また、純正ブレーキパッドで感じる止まる寸前のガックンブレーキも解消できて良かったッというご意見も多いことも◎です。やはり欧州では信号機のある交差点が少なく、ラウンドアバウトと呼ばれる円形交差点の方がメジャーですから信号機の表示に合わせてスゥーーーッとブレーキングすることも少ないですから彼らは気にならないポイントなんでしょうが、ココ日本ではストップアンドゴーの繰り返しですから国が違えば・・・これも大きなポイントです。

もちろん、効きの点ではアウディ専用で材質開発されていることもあって純正と全く遜色無い性能を発揮しますから安心してお使い頂けます。

 

< 作業予約状況 >

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“赤”の使い方が絶妙な1台ッ!!!

2017-01-29

前回は“AS Sport リアディフューザー”に、“スーパースプリント マフラー”をベースにカーボンテールをワンオフ加工して装着させて頂いた↑コチラ↑の”8J TT”です。

最終限定車の”コンペティション”モデルからTTRS譲りの19inchホイールを装着していることもあってブレーキがちょっと小さくに見えちゃいます・・・。

ッということで、“brembo GT KIT “を装着です。

brembo 4potキャリパー + Φ323mm 1ピーススリットローター + ステンメッシュホースというKITに、低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″を組み合わせました。ストリート前提のKITですが、やはり対向ピストンは踏んだ時の剛性感と安心感が◎です。しかも、低ダストでホイールなども汚れにくいので一石二鳥です。

フロントが赤いキャリパーになるとリアも気になります・・・

ッということで、純正リアキャリパーを外して表面の梨地をツルツル加工した後に、bremboレッドにリペイントです。少しお預かりの期間が掛かりますが、仕上げには自信がありますので、ぜひぜひ拘って頂ければ幸いです。

そして、前回はフロントフェイスのカスタマイズとして”TTRS純正グリル”を装着させて頂きましたが・・・

今回は、まずFOGグリルをグロスブラック塗装をさせて頂き、フィン部分をbremboレッドに近い3Mシートでラッピングです。

そして、リアディフューザーに合わせて“AS Sport フロントスポイラー”も装着です。

ブレーキキャリパーとFOGグリルの差し色がオシャレにキマりました。

デイトナグレーのボディに、カーボン製フロントスポイラー&リアディフューザーに、各部のワンポイントとしての”赤”が絶妙なバランスでこのままLTDモデルとしてアウディのラインナップあっても不思議ではない完成度です。ありがとうございました。

次はインテリアに”赤”をワンポイントにいかがでしょうか??? 今春にリリースされる”RECARO SR-7 ハーフレザー”なんていうのもお勧めです。

※ 1/29〜2/5 はドイツにて”Audi Sport customer racing”テクニカルトレーニングのため、ご予約を頂いている作業のみの対応となります。お問い合わせのご返答にもお時間の要する場合があります。また、2/4は臨時休業となります。ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年1月

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

灰・・・お休みとさせて頂きます。

“RS3” が熱い1年

2017-01-15

世界中で人気のボディカラー”ナルドグレー”、やはり日本で少数派になりますがインパクトがあって◎な”8V RS3SB”です。

納車間もないクルマですが、早速 低ダストブレーキパッド”AS Sport AS500″ に換装です。欧州車に乗ったことがある方なら純正ブレーキパッドのダスト量の多さには閉口してしまいますから・・・。

そして、コチラも人気アイテム “AS Sport ドリンクホルダー” も装着です。先日気になって集計したところ”8J & 8N TT系・8P A3系”と”8V A3系”を併せて、ありがたいことに累計販売台数1,200台超でした・・・。

人気の理由はバツグンのフィット感とドリンクホルダー本体はフォーリングスロゴの入った”アウディ純正アクセサリー”を採用していることではないでしょうか??? もちろん装着してもライトスイッチも操作可能ですし、助手席のグローブBOXの開閉も可能です。

ちなみに、お問い合わせの多い”8X A1系”対応品ですが、強度や使い勝手のテストは完了して、ただいま生産準備中です。2月中には発売したいッと思っています。

そして、そして、“pb製 TVキャンセラー”も施行させて頂きました。 ダントツの信頼性の高さから当店では”TVキャンセラー = pb製”となっています。

“8V RS3SB”と言えば、”AS Sport フロントスポイラー、予約しまーーーす”ッというお問い合わせを多く頂いております。ありがとうございます <(_ _)> たたいま生産準備中です。カーボン製となりまして、ハンドレイな製品ですので生産数に限りがあります。ご予約頂きました順にデリバリーしますので、ご興味のある方はぜひぜひご予約をして頂ければ幸いです。

更に2017年は 初夏に”RS3 Sedan”、秋に”RS3 Sportback”が国内導入されますし、ひと足早く3月にはレーシングカーの”RS3 LMS”もいよいよ日本に導入されてレースデビューの予定ですので、”RS3″が熱い1年になりそうです。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930