A5

早くも”RS7 Sportback”ッ!!!

2017-11-04

本国で “A7 Sportback” が発表されたばかりですが、”S7 Sportback”を飛び越して 早くも”RS7 Sportback”ですッ!!!

ッというのは冗談で、CG予想イラストです。

・・・ですが、これまで車種ごとにバンパーのデザインが異なっていたRSモデルですが、RS3 Sedan & Sportbackフェイスリフトモデル → RS5 Coupe→ RS4 Avant という流れを見るとバンパーの基本デザイン同じですし、コレが今後のRSモデルのベースデザインになることから推測すると ↑↑↑ のようになる可能性は極めて高いと思いませんか???

< ↑ RS5 Coupe / RS4 Avant ↓ >

< ↑  RS3 Sedan / RS3 Sportback ↓ >

TTRS・R8のフォーリングエンブレムがボンネットに装着されているモデルは、また独自のデザインのようです。

RS7 Sportback → RS6 → RSQ3 と来年以降もRSモデルの話題は続きそうです。あとは各モデルが早く納車されるのを待つばかりです・・・。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

定番になりそうなリフレッシュメニュー

2017-11-03

純正であっても車高調サスペンションなどに換装してあっても走行距離が伸びてくると本来の減衰力を発揮しなくなってきて最初の頃のビシッとした動きからフワフワ感だったり、ドタバタ感が強くなってくるものです。

純正だとショックアブソーバー交換となりますが、”KW 車高調サスペンション”などはショックアブソーバーのオーバーホールが可能だったりします。

“ショックアブソーバー オーバーホール”の目安としては 50,000km ですが、突然性能が劣化する訳ではなく、ジワジワと劣化してくるので意外と実感がないものです。

また、スプリングもヘタッてきますが、コチラはメーカーやスペックによって判断が異なってきますが、100,000kmも乗ったら確実にスプリングもかなりヘタッています。流石にスプリングはオーバーホールできないので、その場合は交換ですが・・・。

“KW Ver.3″を装着して頂いているコチラの”8K RS4″は、走行距離が 50,000km 目前ということでショックアブソーバーをオーバーホールを含めたサスペンションのリフレッシュをさせて頂きました。

ご用意させて頂いたのは

“034Motorsport DENSITY LINE コントロールアーム KIT”

“034Motorsport DENSITY LINE アッパーマウントブッシュ”

“オーバーホール済 KW Ver.3 ショックアブソーバー”

まずは “034Motorsport コントロールアームKIT”ですが、フロントサスペンションのロア側を支えているアームに強化ブッシュとボールジョイントを組み込まれています。ブッシュ自体は純正部品でも単体供給されていますが、ボールジョイントは純正で単体供給されていない箇所もあるのでアームごとの交換になりますが、それだったらこのKITを使った方が強化にもなって◎という訳です。

ロアアームと同様にアッパーアームも交換です。もちろん、ボルト・ナットも全てKITに含まれていますので安心です。

そして、オーバーホール済みのショックアブソーバーに、強化ラバー材質の”034Motorsport アッパーマウントブッシュ”を組み込んで、フロントのリフレッシュ完了です。

リアはショックアブソーバーのオーバーホールのみでしたが、取付各部のボルトナットは融雪剤の影響もありましたので、タップ&ダイスでネジ部のメンテナンスしてから組み込みました。

もちろんサスペンションの主要部分を交換したので、ジックリとアライメント調整も必要です。

各部のブッシュが強化された効果でしょうか? ”ステアリング剛性が確実にアップした” ッというのが 第一印象 です。RSモデルですから走りの安定感につながりますからイイ方向への変化だと思います。

また、“cpm ロアフォースメント”も併せて装着させて頂きました。適度にボディ剛性があがることでサスペンションが初期段階から本来の仕事をしてくれるので、脚の動きがしなやかになりました。

今回のリフレッシュメニューですが、8K A4/8T A5系・4G A6/4G A7系で走行距離も伸びてきているクルマも増えてきましたので今後定番メニューとなりそうです。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

日本 初走行ッ!!!

2017-11-02

Audi Sport GmbH が参戦する最高峰のツーリングカーレースと言えば、DTM 【ドイツツーリングカー選手権Deutsche Tourenwagen Masters】です。

RS5  DTM が6台シリーズエントリーしています。ライバルは AMG C63 DTM と BMW M4 DTM の2車種です。

そして、以前より話が進められていた日本のSuperGT GT500クラスと車両統一規定にむけての交流戦として 11/10-12 に栃木県ツインリンクもてぎサーキットで開催される SuperGT最終戦 でデモンストレーションランが実施されることになりました。

そうですッ!!! 日本のサーキットを “Audi RS5 DTM” が初走行しますッ!!!

走行するのは ↓ “Audi Sport Team Phoenix” 77号車 ↓ ですが、どんなエキゾーストサウンドで走るか!? SuperGT GT500のマシンと走りの違いはどんな感じか!? 今から楽しみで仕方がありません。

ちなみに、DTMのデモンストレーションランの走行予定時間は 11日(土) 10:30-10:45、12日(日) 11:05-11:35 の予定です。

もちろん、泣いても笑っても SuperGT 2107シーズン最終戦 です。

昨シーズンは GT300クラス ランキング3位、FIA-GT3勢 ランキング1位 でしたが、今シーズンは20位と25位というポジションで最終戦を迎えますが、前戦タイではポールポジションを獲得するなどチーム&ドライバーの調子も上向きだけに期待大です。

< Car No.21 Audi Team Hitotsuyama / Car No.26 Team TAISAN SARD >

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“GYEON ボディコーティング” 始めました!!!

2017-11-01

これまで セルフ洗車用アイテム”Bathe+””Wetcoat””Iron”の販売、それを使った洗車メニューを展開させて頂いた “GYEON” ですが、この度 “GYEON ボディコーティング” をスタートすることになりました。

まだまだ日本国内で認定施工店もホントに少ない“GYEON ボディコーティング” ですが、既に”Bathe+””Wetcoat””Iron”をご使用になって頂いた方が “今までのモノと全く別次元で驚いた” ッとおっしゃって頂けているのと同様に “ボディコーティング” も別次元の性能です。

コーティング・トップコート用剤のラインナップも豊富にある”GYEON”ですが、その中からダイヤモンドの硬度10Hに続く、9Hの硬度となる“Mohs”というコーティングに、水が浮いているかのように撥水する“Booster”というトップコートを組み合わせた “最強の硬度と撥水性と艶” を発揮するメニューをスタートします。

ボディの状態によって異なりますが、磨き・プライマー・コーティング3層・トップコート2層 という工程になりますので、1weekほどお預かりの作業となります。

ちなみに、塗装の凸凹をフラットにする効果の”コーティング”の耐久性は 3年、撥水効果の”トップコート”の耐久性は 1年 ですが、普段の洗車を”Bathe+””Wetcoat”で定期的に行うことで、その耐久性とコンディションはさらに維持することができます。

早速、新車納車時よりずーーーとお待ち頂いておりました コチラの”8S TTRS” から順に作業させて頂きます。幌への”ファブリックコート”、ウィンドへの”Viewコート”と共に詳しい施工の様子はまた後日ご紹介させて頂きたいと思います。

なお、GYEON ボディコーティングについては、アウディ以外への施工もご相談承ります。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

当店のクルマに装着していなかったので・・・汗

2017-10-26

メンテナンスも含めて定期的にご入庫頂いている方にはアウディの中で車種問わず かなりの確率 で装着して頂いている “cpm ロアフォースメント” です。

改めてもう説明は必要がないほどの定番アイテムですが、↑ 当店のクルマ ↑ に装着していなかったので・・・汗

↑ 装着前 ↑  と ↓ 装着後 ↓ です。センタートンネルに1本筋交いが追加されました。この年式でローダウンもガッツリとしているのでインテリアからビビリ音が常時していましたが、それがピタッと止みました。

また、BILSTEIN 車高調サスペンションの高圧ショックアブソーバー特有の硬さがありましたが、段差を越える時が ダンダン!! → タンタン!! という感じに変化しました。あとは減衰力を調整して更に乗り心地を改善したいと思います。

ッということで、夏に開催した “cpm ロアフォースメント 体感試乗会” を年内にもう1度開催しよーーーと思っています。詳細が決まり次第、またご紹介しますので どうぞ宜しくお願いします。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31