パワートレイン

定番チューニングメニューですが、M/Tなので・・・。

2017-03-06

車検でお預かりした”8J TTRS”です。MY2010ですから3回目の車検ですが、問題なくクリアです。

そして、そこからチューニング開始ッ!!!

まずは ↑ 純正インタークーラー ↑ から ↓ AWE Tuning インタークーラー ↓ に換装です。

縦横の大きさこそ同じですが、厚さが倍以上の大容量です。ただ、大容量になればイイというものではないのがインタークーラーで、エンジンに送り込む空気が冷えて、圧力損失が少ないことが大事なんです。そういった意味で TTRS用インタークーラー = AWE Tuning というのが定番です。

そして、2.5TFSIエンジンを搭載したアウディで圧倒的な装着率の“プラズマダイレクト”です。

安定して強力な点火を約束します。トルク&パワーアップに貢献することはもちろんですが、装着後に外してみると “こんなに純正エンジンでザラザラしたフィーリングだったんだ・・・” ッと驚く方がほとんどです。

走行距離も50,000km弱だったのでプラグも新品に交換させて頂きました。

そして、そして、TTRS 吸気系チューニングの定番、いやいや決定版と言っても過言ではない“Racingline Performance コールドインテーク”も装着です。

あとは“ワコーズ RECS + CORE601”で燃焼室とインジェクターを洗浄、TTRS持病のチャコールキャニスター&ホースも新品に、E/Gオイルも“Moty’s typeSP”に交換です。

そして、50,000km弱 未交換のクーラントも圧送式の専用チェンジャーで交換です。

エンジン系の次は、駆動系のチューニングです。用意したの“バルデックスパフォーマンス”です。

純正でもリアデフの前に前後駆動バランスをコントロールする”ハルデックス”が装備されていますが、”パフォーマンス”仕様に変更するとリモコンで “FF/純正/リア寄り駆動” をチョイスできるようになります。

特にリアの駆動率を上げることが明らかに後ろから押されている感覚になります。これによってフロントタイヤの仕事量の中で 駆動に使われていた縦グリップ が コーナーリング時に使う横グリップ により多く使えるようになるので、より一層コーナーリングが楽しくなります。

パフォーマンスアップした”8J TTRS”には装着率の高いアイテムです。

それに合わせて現車セッティングのエンジンCPUチューニングも施工させて頂きました。

↑↑↑のエンジン系アイテムも含めてこれまでも多くの”TTRS”に施工させて頂きました定番チューニングメニューです。

ですが、コチラ”8J TTRS”、国内導入初年度だけにあった”M/T”仕様で、排気系が純正のままということもありますのでピークパワー狙いではなく、いつも以上に低〜中回転域でのトルク&パワーアップを狙ってセッティングです。

結果として一度も純正のトルクよりもダウンすることなく、全領域でトルクとパワーが上がって十分なパフォーマンスアップができました。ちなみに、数値的には 333ps・49.9kg/m →388ps/56.8kg/m になりました。

こうなると次はまだストック状態のブレーキ系のチューニングですね。

 

< 作業予約状況 >

2017年3月

※ 作業は予約制です。

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

アメリカンサウンド

2017-02-25

車検でお預かりした”8K A4 2.0TFSI quatrro”です。車検と併せて “ワコーズ RECS + CORE601” でエンジン内洗浄した上で、エンジンオイルも交換させて頂きました。

そして、マフラーも換装させて頂きました。

チョイスさせて頂いたのはアメリカ発の”AWE Tuning”製です。当店では”S-FLO インテークシステム”でお馴染みのブランドです。

2.0TFSI quattro用としては 左φ90mm W出し、左右φ90mm2本出し、左右φ90mm4本出しとラインナップがあり、テールもシルバーとブラックからチョイスできるのも特徴です。今回は左φ90mm W出しです。

スラッシュテールでルックスもスポーティーな印象ですが、エキゾーストサウンドもヨーロッパ製ブランドとは違って少しスポーティーなサウンドです。個人的にはマフラー交換をするんだったらコレくらいのサウンドが◎と思いますが、次からはちょっとジェントルな音に仕様変更するらしいです・・・。

ちなみに、ブラックテールだとこんな感じになります。

ラインナップとしては 8K A4 allroadquattro用 もありますし、S6/S7用などもアメリカンサウンドでイイ音しています。

 

< 作業予約状況 >

2017年2月

2017年3月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

どれも効果 ◎

2017-02-19

来年導入予定の次期型は” V6 3.0L ツインターボ”を搭載してくると思いますので、進化してきた名機 “V8 4.2L NAエンジン”が搭載されている”8K RS4″は希少価値が上がりそうです。

ッということで、↑コチラ↑の”RS4″には“cpm ロアフォースメント”を前後装着です。

欧州車は元々ボディ剛性が高く、その中でもシャシチューニングされている”RSモデル”ですら効果のほどは確実に実感できるアイテムです。

そして、カプラーオンタイプの“ダイナミックウィンカー”を装着です。

ゲート側→フェンダー側の順に点滅することで流れているように見えるんですから不思議です。

そして、スロットルコントローラー”スプリントブースター3″も装着させて頂きました。

これまでエアインテークなどで若干低速トルクが細くなっている”RS4/RS5″に装着することがほとんどでしたが、全くのノーマルに装着しても十分過ぎるほどの鋭い加速に変化です。もちろん、モード変更などで乗り方に合わせてベストな変化度に調整が可能です。

“スプリントブースター3”もいつの間にか在庫がなくなってしまいました・・・。大急ぎで本国にオーダーしますので、ご興味のある方はぜひぜひ次便のご予約をお待ちしております。

 

< 作業予約状況 >

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

車検 プラスα

2017-02-13

年度末はクルマが一番売れる時期ですから自ずと年度末にむけて車検が多くなってきます。

ッということで、↑コチラ↑の”8P A3 1.4TFSI”も車検でお預かりさせて頂きました。

事前にチェックさせて頂いておりましたので、車検は無事クリアです。

事前点検の際にブレーキローターの磨耗が進行しましたので、この機会に交換させて頂きました。

チョイスさせて頂いたのはリプレイスメントとしてお勧めの“DIXCEL PDローター”です。純正と比べても磨耗性に優れて防錆対策もされています。

また、ブレーキパッドも低ダストタイプの“AS Sport AS500”と換装させて頂き、ブレーキフルードも全量交換させて頂きました。

そして、エンジンオイルも5W-30相当”Moty’s typeD”に交換です。なめらかなエンジンフィーリングになったと思います。

そして、出足の少し良くしたいッということでしたので、“スロットルコントローラー”も装着です。

ありがとうございました。

当店ですと車検時に純正部品ではなく、少しグレードアップしたり、不満に思っていた箇所のカスタマイズということも可能ですので、ぜひぜひお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

< 作業予約状況 >

2017年2月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

ラインナップに”5W-30″が加わりました

2017-01-20

デモカーの”8X S1″も初めてのエンジンオイル交換です。

当店では”Moty’s”製を採用させて頂いておりまして、オールマイティな5W-40相当の”typeA”、オイル消費対策に効果大の”typeC”、チューニングされたクルマ用の”typeSP”をご用意しています。

ですが、最新のモデルに搭載されているエンジンはより低粘度化が進み、オイルチョイスを間違えるとエンジンへの負荷が予想以上に高いというデーターもあります。ちなみに、レーシングカー RS3 LMSも5W-30だったりします。粘度指数だけで判断するのが難しい昨今のオイルですが、デモカー”8X S1″を始め、”8V A3系”・”8S TT系”・”8W A4系”では”5W-30″相当の動粘度が必須になってきました。

ッということで、最新エンジン用として5W-30相当の”typeD”もラインナップに加えることになりました。

更に最新エンジンはノッキング対策も以前にも増して重要になっていますので、点火系アイテム”プラズマダイレクト”もオイルチョイスと併せてエンジンフィーリングを大きく変化させるファクターですので、ぜひぜひいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2017年1月

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため 作業ができません。
お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

灰・・・お休みとさせて頂きます。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031