Q2

夜が楽しくなるッ!!!

2017-11-22

アウディ純正アクセサリーでは”ドアエントリーライト”、一般的には”カーテシランプ”という名称で、ウィキペディアでは”自動車のサイドドアの内側下部に付いており、ドアの開閉と連動して点灯・消灯する。車に乗り降りする人の足元を照らしたり、後続車にドアが開いていることを知らせ、特に夜間の安全性を向上させる役割がある”となっています。

現行型だとカーテシランプ自体は装備しているクルマが多いですが、アウディ純正アクセサリーとして “フォーリングス”と”quattro” ロゴが照らされるタイプがリリースさせています。元々カーテシランプが装備されているアウディでしたらランプユニットを交換するだけですが、カーテシランプが装備されていない一部の8V A3系なども追加配線・ドアトリム加工で装着することも可能です。

“フォーリングス”と”quattro”ロゴ 共にアウディ純正アクセサリーを当店ではご用意しています。夜間のドアの開閉が楽しくなるアイテムですので、ぜひぜひいかがでしょうか???

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“GYEON ボディコーティング” 第1号車

2017-11-13

今夏より準備を進めていました “GYEON ボディコーティング” が当店メニューに加わりました。

ッということで、施工第1号車は、新車オーダー時からご予約頂いていたコチラの”8S TTRS”です。

まずは、隅々まで洗車した上で “GYEON Iron” で表面の鉄粉取りをします。

次に “GYEON COMPOUND +”“GYEON POLISH” の順に鏡面仕上げになるよう磨きます。その後、コーティングの密着効果を高めるために “GYEON PRIMER” を塗り込むところまでが ボディコーティング施工の下準備 です。

今回は新車同然のクルマでしたが、ココまでの作業が最終的なクォリティの80%を決めるッと言ってもイイほどの基本かつ大事な工程です。

その後は、コーティング剤 “GYEON Mohs” を3層、トップコート剤 “GYEON Booster” 2層、施工していきます。

映り込みのシャープさだけでなく、 艶 & 発色 & 奥行き感・・・などなど どれを取っても最高の仕上がりです。

もちろん、ダイヤモンドの硬度10Hに次ぐ9Hの硬度を誇る”GYEON Mohs”ですから傷が付きにくいという効果もあります。

そして、キャンバス地のルーフには “GYEON ファブリックコート” 、ウィンドガラスには “GYEON View” を施工させて頂きました。

もちろん、GYEONの中でも最強の撥水力を発揮する”GYEON Booster”をトップコートとして施工しましたので、水がボディの上で完全に浮いているような不思議な感覚です。

オーナーさまからも早速インプレッションを頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

 

“弾きまくりです!! GYEON Bathe+ & Wetcoat も凄い撥水力でしたが、GYEON コーティングは別次元で弾きます!!! もちろん、これまで施工してきた他のコーティングよりも艶の感じもいいですね。もっとダークなボディカラーでも試してみたいので、他のクルマもお願いします”

 

ッということで、所有されている他のクルマの施工のご依頼も頂きました。

ちなみに、今回施工させて頂いた内容については ↓↓↓ です。

 

8S TTRS ロードスター / ボディカラー : マコウブルークリスタルエフェクト

GYEON Mohs ボディコーティング

GYEON Booster ボディトップコート

GYEON Fabric Coat キャンバスルーフコート 税別 ¥180,000

GYEON View ウィンドコート 無償

GYEON Tire タイヤワックス 無償

新車割引 ▲ ¥18,000

 

1week ほどお預かりしての作業となりまして 完全予約制 となっていますので、ぜひぜひ宜しくお願いします。

GYEON ボディコーティングの仕上がりと撥水力をご紹介するためにも動画撮影にもチャレンジしてみましたすが、まだまだ上手く表現ができませんでしたので、↓↓↓ の動画を参考にして頂ければ幸いです。

ちなみに、前後フォーリングスエンブレムは “ブラッククローム” にてペイントさせて頂きました。クローム感は残しつつ、スモーククリアとなっていますので、グロスブラックとはまた違った雰囲気です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“GYEON ボディコーティング” 始めました!!!

2017-11-01

これまで セルフ洗車用アイテム”Bathe+””Wetcoat””Iron”の販売、それを使った洗車メニューを展開させて頂いた “GYEON” ですが、この度 “GYEON ボディコーティング” をスタートすることになりました。

まだまだ日本国内で認定施工店もホントに少ない“GYEON ボディコーティング” ですが、既に”Bathe+””Wetcoat””Iron”をご使用になって頂いた方が “今までのモノと全く別次元で驚いた” ッとおっしゃって頂けているのと同様に “ボディコーティング” も別次元の性能です。

コーティング・トップコート用剤のラインナップも豊富にある”GYEON”ですが、その中からダイヤモンドの硬度10Hに続く、9Hの硬度となる“Mohs”というコーティングに、水が浮いているかのように撥水する“Booster”というトップコートを組み合わせた “最強の硬度と撥水性と艶” を発揮するメニューをスタートします。

ボディの状態によって異なりますが、磨き・プライマー・コーティング3層・トップコート2層 という工程になりますので、1weekほどお預かりの作業となります。

ちなみに、塗装の凸凹をフラットにする効果の”コーティング”の耐久性は 3年、撥水効果の”トップコート”の耐久性は 1年 ですが、普段の洗車を”Bathe+””Wetcoat”で定期的に行うことで、その耐久性とコンディションはさらに維持することができます。

早速、新車納車時よりずーーーとお待ち頂いておりました コチラの”8S TTRS” から順に作業させて頂きます。幌への”ファブリックコート”、ウィンドへの”Viewコート”と共に詳しい施工の様子はまた後日ご紹介させて頂きたいと思います。

なお、GYEON ボディコーティングについては、アウディ以外への施工もご相談承ります。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年11月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

RECARO “SR-7/SR-7F LASSIC” キャンペーン

2017-10-23

リクライニングタイプのRECAROスポーツシートといえば “Sportsterシリーズ” “SRシリーズ” の2タイプになりますが、これまで “SRシリーズ” はファブリック系表皮しかなく、純正レザーシートから換装だとちょっと・・・という方も多くいらっしゃいました。そこで今年から登場したのが “SR-7/SR-7F LASSIC” です。

座面はブラックグラスメッシュを採用しながらサイドサポートなどにはレザーを採用することで、純正レザーシートからの換装にもピッタリとなりました。レザー部分は “ブラック””ホワイト””レッド””ブルー”そして限定販売の”グリーン”というラインナップです。

もろちん “SR-7/SR-7F” ベースですからリーズナブルなプライス設定は嬉しい限りです。正直 “Sportster” 1脚の予算で2脚装着できちゃいます。ッということで、今回は“SR-7/SR-7F LASSIC” 限定でお得なキャンペーンを実施します。

 

1脚 車種別専用シートレール・取付工賃込 通常価格 ¥191,000 → 特価 ¥160,000

2脚 車種別専用シートレール・取付工賃込 通常価格 ¥382,000 → 特価 ¥300,000

 

なお、”SR-7 LASSIC” 装着のデモカーもご用意していますので、試座も可能です。ぜひぜひ お気軽にご来店頂き、フィット感を体感して頂ければ幸いです。

 

※ 上記価格は消費税別となっています。別途消費税が掛かります。

※ シートは受注生産となりまして納期は 1.0〜2.0ヶ月 です。

※ 着座センサー移植が必要なクルマは別途工賃が掛かります。

※ 他のキャンペーンとの併用はできません。

※ キャンペーン期間は 〜2017.12.15 までの予定です。

“レイヤードサウンド” 試聴可能なデモカー増えました!!!

2017-10-21

デモカー”8E A4″ですが、たぶん当時は最高級のシステムだったオーディオ・ナビも流石に古さを感じるッということで、既存のシステムを外して・・・。

まずは、“レイヤードサウンド 4ch” を装着です。 インテリアだと “RECARO” と “レイヤードサウンド” は乗り換えても移植できてしまうアイテムです。

そして、レイヤードサウンドの中〜高音域を補うためにウーファーも装着です。今回は”8X S1″と同様に “JBL BassProSL” を助手席下にインストールしました。

コントロール部分はいつもの通りグローブBOX内に装着です。

装着したら”常時ON”ですが、試聴の際にはON/OFFで効果のほどをじっくりと確認して頂くにもON/OFFスイッチは操作しやすいところに装着してみました。

“8X S1″ですと純正オーディオに追加装着したレイヤードサウンドですが、今回は”カロッツェリア製ユニット”に装着しました。”8J TT/8P A3系”あたりは純正ナビゲーションのアップデートも終了しているモノもありますので、ナビ&オーディオユニットごと交換もオススメです。もちろんステアリングスイッチ連動も可能です。

ぜひぜひお気軽に試聴して頂ければ幸いです。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30