A4

大事なのは “ブレーキとタイヤ” ッ!!!

2018-02-15

Facebook ではちょっとだけご紹介したのですが、再来週に 富士スピードウェイ サーキットライセンス保有者を対象とした プライベートレッスン をします。今回は普段から定期的にサーキット走行をされている方々ですが、もしこれから初めてサーキットを走ってみよーーーという方には  “ブレーキとタイヤ” が一番大事ッ!!! と伝えています。

サスペンションだってノーマルでOKですし、エンジンのパフォーマンスアップなんてしなくても全然OKです。ただ、最低でも “ブレーキパッド交換”、”タイヤの点検” は必要です。

普段 1.5Kmをずーーーとアクセル全開で、そこからフルブレーキなんてシチュエーションを繰り返すことなんてありますか??? 普通はないですよね???

普段 触れないくらいにタイヤの表面が熱くなった経験はありますか??? 普通はないですよね???

サーキットを数周走るだけで、それが普通のことになります・・・。それくらいに非日常のことなんです。だから ブレーキとタイヤ だけは甘くみてはダメなんです。

特にアウディのウィークポイントはブレーキです。フルコースを定期的に走るならサーキット専用ブレーキパッドへの交換、ブレーキダクトの取付 はマストです。特に後者は すると しないと ではブレーキの性能が大きく変わってきます。

例えば、当店デモカーの”8J TTS”の場合・・・

“AS Sport フロントスポイラー”の下部に 通称 NASAダクト と呼ばれる走行風の導入口を取り付けて、そこからエアダクトを引き込んでいます。

ダクトホースはエンジンルーム内を通ってサスペンションロアアームをガイドにしてフロントホイールの内側に・・・。ブレーキローター・キャリパー・ハブにフレッシュエアが当たってホイールの外側への空気の流れができることで、安定したブレーキングになります。

ただ、フロントスポイラー下面からのフレッシュエアは想像以上に効果大で、冬場の1発目のブレーキは冷えすぎて要注意なほどッ!!!

むしろ一般的なのは ↓コチラ↓

フロントグリル内に丸型のファンネルを取り付けてそこからエアダクトを引き込みます。

42A R8の場合はタイヤハウス内の内側を通して、

8J TTSと同じようにサスペンションロアアームをガイドにしてフロントホイールの内側に・・・。

ローターは純正サイズ・形状のまま、サーキット専用ブレーキパッドに交換しただけの仕様ですが、これまでと違って 富士スピードウェイのストレートエンド で安心してブレーキが踏めるようになったようです。もちろん、履いているタイヤのグリップレベルが上がれば、それに伴って更なるブレーキの強化も必要になりますが・・・。

ッということで、サーキット走行に興味がちょっと出てきたーーーという方はぜひぜひお気軽にご相談ください。

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

日本発 “鍛造””モノブロック””オフセットオーダーメイド”

2018-02-10

春にむけてホイールを新調・・・という方が多いので、ホイールのネタ連投です。

鍛造で、モノブロックで、オフセットがオーダーメイドッというと アメリカ発 “HRE” “VOSSEN” というイメージがありますが、日本発 “WORK”社から “鍛造””モノブロック””オフセットオーダーメイド” 19/20inchホイールが登場です。

左から FMB03・FMB02・FMB01 という順になりますが、どれも定番なデザインの中に拘りのディテールが垣間見れます。詳しいディテールは ↓↓↓ でチェックして頂ければッ!!!

GNOSIS FMB01 右

GNOSIS FMB02 真ん中

GNOSIS FMB03 左

ちなみに、組み合わせるタイヤは “MICHELIN PS4S & PSS” がオススメです。ぜひぜひ 今春は新しいホイール&タイヤ でいかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

ハイブリッドフォージドシリーズ 最新作ッ!!!

2018-02-08

当店でも人気の “VOSSEN” です。

フローフォーミング製法のVFシリーズが “ハイブリッドフォージドシリーズ”に名称を改め、最新作“HF-1”がリリースされました。

サイズも 19/20/21/22inch でオフセットもミリ単位でオーダー可能ですから多くのアウディに装着が可能です。

VOSSENの特徴でもあるコンケーブも FLAT/DEEP/SUPER DEEP という3タイプになります。オフセットによって必然的にどのコンケーブになるかは決まってしまいますが・・・。

ディスクカラーもSTDカラーの他にカスタムカラー設定も豊富に揃っていますので、

また、近日にビレッドセンターキャップが追加発売されます。アルマイト部分のカラー次第でホイール全体の印象もガラッと変わるので ◎ です。

ッということで、早速 4G S6用のオーダーを頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

春にはホイールを新調したいッという方、ぜひぜひ候補の1つとしていかがでしょうか???

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

マニュアルミッションで操る V8 4.2L チューンドエンジンですから・・・

2018-02-07

なぜか時々やってくる “8E RS4” 入庫ラッシュ です。コチラのRS4は納車直後に当店にご入庫頂き、各部の点検と併せてメンテナンスをさせて頂きました。

まずは、エンジン内洗浄として “ワコーズRECS / CORE601”を施工です。ヘッド周辺のカーボンスラッジ除去、フューエルライン・インジェクターの洗浄効果があります。

エンジンオイルは “Moty’s” 5W-40相当 に、アウディ純正オイルフィルターも交換させて頂き、クーラントも“Moty’s”に圧送式チェンジャーで全容量を交換です。

そして、お次は ミッションオイルとデフオイルの交換です。

ミッションには “ワコーズ 75W-90”、デフには “ワコーズ 80W-120” に交換です。

そして、そして、ブレーキフルードも“Moty’s”に交換して油脂類のメンテナンスは完了です。

quattro GmbH社、現 Audi Sport社 が造ったV8 4.2L チューンドエンジンをマニュアルミッションで操るのは現行型にはないフィーリングが楽しい1台ですが、定期的なメンテナンスがマストなクルマですので、今後とも宜しくお願いします <(_ _)>

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

別タンク & 専用設計

2018-01-31

当店に “8E A4” が脚クルマとして来て以来、2〜3世代前のアウディのご入庫が増えた気がします。

一方で、昨年は長く乗られていた方が乗り換えるケースも大きかった”8E RS4″ですが、次のオーナーさんのもとでまたまたご入庫頂くこともッ!!!

ッということで、↓こんな↓光景もしばしば見ることもあります。

コチラの”8E RS4″ですが、サスペンション換装です。

“8E RS4″の定番と言えば、“KW Ver.3 車高調サスペンション” です。純正サスペンションのDRCからオイル漏れが発生した場合に、純正ではなくコレに交換することも多くこれまでも多くの”8E RS4″に装着させて頂きました。

RS4専用設計になっており、特徴としてはショックアブソーバーに別タンクが装備されていることです。

ショックアブソーバーの径は構造上ある程度決まってしまうので、オイル量を増やそうとするとこのように別タンクを取り付けることが一般的です。

・・・で、なんでオイル量を増やしたいかというと・・・

8EまでのA4はフロント車軸よりも前にエンジン全体が搭載されています。当然フロント車軸よりも前 (フロントオーバーハング) に搭載されているモノは “赤べこ” のような動きをしてしまいます。それが V8 4.2L のような大きいエンジンならなおさらです。その動きを抑えようとしたら当然ショックアブソーバーとスプリングはある程度硬めていかないといけません。これが、純正サスペンションがゴツゴツとして印象になってしまう原因です。

一方で、KW Ver.3 は純正よりもしなやかに動くように若干低いレートのスプリングになっています。その動きを抑制するためにショックアブソーバーは伸び側・縮み側が独立した減衰力でうまくコントロールされて積極的に動きます。でも積極的に動けば動くほどショックアブソーバー内のオイルは温度が上がったり、気泡ができたりして本来の減衰力からドンドン外れていき、バタバタした脚になってしまいます。そこで、別タンクを配してオイル全量を増やすことで減衰力の変化を防止しています。

ちなみに、アウディ用Ver.3で別タンクが装備されているのは、8E RS4 / 4F RS6 / 4L Q7用 とフロントヘビーのモデルです。ちなみに、ちなみに、同じV8 4.2Lを搭載した 8K RS4などはエンジン搭載位置が150mm後方になってサスペンションの構造も改善されたので別タンクがなくなりました。

長々とした文章になってしまいましたが・・・。

併せて、フロントアッパーマウントブッシュは “034Motorsport”製 に交換させて頂きました。ロア&アッパーアームのブッシュは緊急性がないので、次のリフレッシュメニューとなりました。

そして、コチラも定番アイテム “cpm ロアフォースメント” も装着です。

そして、前後にホイールスペーサー&ロングボルトを装着です。

サスペンション交換をしたらアライメント調整も必須作業です。

ホイールスペーサー装着によってフェンダーとタイヤの感じも◎です。

今回のサスペンション換装で、ルックス & 走り共に良くなって一石二鳥です。

ッということで、次はマフラーでしょうか??? MILLTEK キャタバックをベースに左右4本出しなんていかがでしょうか???

このV8 4.2Lエンジンですが、フロントパイプを換装してECUチューニングをすると驚くほどのポテンシャルを発揮します。回せば回すほど官能的なサウンドにもなりますので、ますます走りも楽しくなること必至です。

そして、また1台 “8E RS4” のご入庫です。ありがとうございます <(_ _)>

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930