A1

大事なのは “ブレーキとタイヤ” ッ!!!

2018-02-15

Facebook ではちょっとだけご紹介したのですが、再来週に 富士スピードウェイ サーキットライセンス保有者を対象とした プライベートレッスン をします。今回は普段から定期的にサーキット走行をされている方々ですが、もしこれから初めてサーキットを走ってみよーーーという方には  “ブレーキとタイヤ” が一番大事ッ!!! と伝えています。

サスペンションだってノーマルでOKですし、エンジンのパフォーマンスアップなんてしなくても全然OKです。ただ、最低でも “ブレーキパッド交換”、”タイヤの点検” は必要です。

普段 1.5Kmをずーーーとアクセル全開で、そこからフルブレーキなんてシチュエーションを繰り返すことなんてありますか??? 普通はないですよね???

普段 触れないくらいにタイヤの表面が熱くなった経験はありますか??? 普通はないですよね???

サーキットを数周走るだけで、それが普通のことになります・・・。それくらいに非日常のことなんです。だから ブレーキとタイヤ だけは甘くみてはダメなんです。

特にアウディのウィークポイントはブレーキです。フルコースを定期的に走るならサーキット専用ブレーキパッドへの交換、ブレーキダクトの取付 はマストです。特に後者は すると しないと ではブレーキの性能が大きく変わってきます。

例えば、当店デモカーの”8J TTS”の場合・・・

“AS Sport フロントスポイラー”の下部に 通称 NASAダクト と呼ばれる走行風の導入口を取り付けて、そこからエアダクトを引き込んでいます。

ダクトホースはエンジンルーム内を通ってサスペンションロアアームをガイドにしてフロントホイールの内側に・・・。ブレーキローター・キャリパー・ハブにフレッシュエアが当たってホイールの外側への空気の流れができることで、安定したブレーキングになります。

ただ、フロントスポイラー下面からのフレッシュエアは想像以上に効果大で、冬場の1発目のブレーキは冷えすぎて要注意なほどッ!!!

むしろ一般的なのは ↓コチラ↓

フロントグリル内に丸型のファンネルを取り付けてそこからエアダクトを引き込みます。

42A R8の場合はタイヤハウス内の内側を通して、

8J TTSと同じようにサスペンションロアアームをガイドにしてフロントホイールの内側に・・・。

ローターは純正サイズ・形状のまま、サーキット専用ブレーキパッドに交換しただけの仕様ですが、これまでと違って 富士スピードウェイのストレートエンド で安心してブレーキが踏めるようになったようです。もちろん、履いているタイヤのグリップレベルが上がれば、それに伴って更なるブレーキの強化も必要になりますが・・・。

ッということで、サーキット走行に興味がちょっと出てきたーーーという方はぜひぜひお気軽にご相談ください。

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

1/90 に移植ッ!!!

2018-02-11

前車の ↑S1SB↑ で装着して頂いていた “KW Ver.3” & “VOLKRACING ZE40 17inch” を乗り換えた 90台限定 “S1 Sportback quattro limited edition” に移植です。

8X S1のサスペンションは、フロントが 8L A3系 (VWでいうとGOLF4)、リアが 8V A3系 (VWでいうところのGOLF7) の設計がベースとなっています。流石に前後で3世代の差があると開発段階からテスト走行を繰り返して煮詰めないと落ち着かない脚になってしまいます。KW社は7ポストリグというレーシングコンストラクターが使用している実車を載せて仮想走行をするシュミレーターを駆使して開発した後に、実走行を繰り返して煮詰めていますので、多くの方にご満足頂ける脚に仕上がっています。

ちなみに、RS3 の7ポストリグの風景は コチラ の動画で観られます。ちなみに、ちなみに、SuperGT GT300クラスでも速いチームは定期的に7ポストリグでデーター収集をして、マシンのセッティングを煮詰めているんです。

ブラックなコントラストルーフ、フロントグリルも相まって前車よりもアグレッシッブな雰囲気になりました。次のメニューとしてマットブラック仕様の前後フォーリングスエンブレムのオーダーも頂きましたので、今回はエクステリアをモノトーンで仕上がる予定です。

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

“A1 / A1SB 定番アイテム 逆指名キャンペーン”

2018-02-04

 

当店初の “A1 / A1SB”限定 “定番アイテム 逆指名キャンペーン”です。どれもA1の走りが楽しくなるアイテムばかりです。ぜひぜひこの機会にいかがでしょうか???

 

SACHS パフォーマンスプラス サスペンションKIT 取付アライメント工賃込 現金特価 ¥80,000

KW ストリートコンフォート 車高調サスペンションKIT 取付アライメント工賃込 現金特価 ¥203,400

KW Ver.2 車高調サスペンションKIT 取付アライメント工賃込 現金特価 ¥239,400

 

iSweep ブレースシリーズ / スタビライザー 取付工賃サービス

cpm ロアフォースメント 取付工賃込 現金特価 ¥28,500

 

WORK & AS Sport コラボ17inchホイール “CR Kai 極” 8.0×17 ET35

+ 有名メーカー 215/40-17 タイヤ 組込バランス工賃込  現金特価 ¥165,000

※ ホイールボルトは純正使用です。アウディセンターキャップは別売となります。

 

スーパースプリント リアマフラー

1.4TFSI 122ps / 150ps リアのみ 取付工賃込 現金特価 ¥150,000

1.4TFSI 185ps リア+センター 取付工賃込 現金特価 ¥200,000

 

MILLTEK マフラー

1.4TFSI 122ps / 150ps リア+センター 取付工賃込 現金特価 ¥190,000

1.4TFSI 185ps リア+センター 取付工賃込 現金特価 ¥190,000

 

revo Technik ECU 現金特価 ¥110,000 ( ※ 1.4TFSI 122ps用 / 150ps用 / 185ps用 設定有 )

 

ラッピング

・ルーフ & リアウィング 現金特価 ¥112,500

・ピラー L/R 現金特価 ¥67,500

・リアゲート 現金特価 ¥35,000

・ボディ 3カラー ストライプ 現金特価 ¥112,500

※ 上記価格は税別表記です。別途消費税が掛かります。

※ クレジットカード・ローンもご利用可能ですが、その場合の価格についてはお問い合わせください。

※ 製品の入荷にお時間が掛かる場合もあります。ご了承ください。

プチ・イメージチェンジ

2018-02-02

デモカー “8X S1” をラッピングでプチ・イメージチェンジしてみました。

モチーフは “Audi Sport quattro S1 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム 1987仕様”

このクラスには  MINI がいて ルーフ・ドアミラーをはじめサイドデカールなどなどポップなカラーリングが用意されていますから S1/A1 もラッピングで楽しんじゃうのもアリじゃないですかね〜

3色ラインは一直線だと芸がないかなぁ・・・と思ったので、フロント部分は右側にオフセット、リア部分は左側にオフセット、ルーフトップで切り替えッとしてみました。実は今シーズンから Audi Sport GmbH からデリバリーされる RS3 LMS / R8 LMS GT4 出荷時のカラーリングがルーフで反転したいのをみてヒントにしてみました。

今回は “レッド / シルバー / ガンメタ” という3色にしてみましたが、ボディカラー次第でいろんな組み合わせもアリですからぜひぜひいかがでしょうか??? もちろん、ラッピングで コントラストルーフ や “A1 quattro”のようにリアゲートの部分をブラック化することも可能です。

ちなみに、見慣れてくるとサイドにワンポイント欲しくなってきました・・・。レーシングカーでないのでゼッケンはオシャレじゃないし、ブランドロゴを並べるともチューニングカーぽくッて 無しかなぁ〜 ッということで、次のアイデアを熟考中です。

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

リアのフォルムもスポーティに

2018-01-24

“m+ カーボンフロントスポイラー & RSルックフロントグリル”に、”WORK x AS Sport コラボ 17inchホイール”を装着して頂いているコチラの”8X S1SB”です。

フロントと比べてリアのフォルムは手付かずでしたので、Hitotsuyama GmbH  “FAREAST Rear Wing” を装着です。

FRP製でボディカラーにペイントして装着するパターン、カーボン製のまま装着するパターンがありますが、当店人気No.1は “カーボン製”をベースに左右&センターのステー部分をボディカラーにペイントして装着するパターンです。

表面の凸凹もスムージングして、開閉部の取付ステーも一度バラして微調整しながらの装着となりますので、板金工場での作業となりますのでお預かりとなりますが、それ以上にバッチリと綺麗に装着できるのが ◎ です。

ッということで、リアのフォルムもスポーティになりました。あとはマフラーですかね???

 

< 作業予約状況 >

2018年1月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930