2代目

2017-10-20

デビューから7年で2代目にバトンタッチした”A7 Sportback” です。

全長4969×全幅1908×全高1422mmですからほぼ先代とボディサイズは変更無しですが、このところの新型車に共通しているシャープなキャラクターラインによって、より立体的なボディデザインに見えるようになりました。

また、↑ S-Line ↑ バンパーはフロント開口部も大きく、スポーティーなイメージがアップしました。のちにリリースされる”S7 Sportback”もおそらくこのバンパー形状でしょう。ちなみに、ついにリアディフューザーからマフラーエンドが見えなくなりました。

そして、↓コチラ↓ が標準バンパーです。スッキリとした印象ですが、シルバーのボディだとボンネット・ドア下部のキャラクターラインがより強調されてデザインワークがよくわかります。

先代ではRS7も同じボディでしたが、2代目はいかにもブリスターフェンダーにしてくれッという言っているような位置にフェンダーの峰がありますから期待大です。

インテリアは、メーター部分には12.3インチディスプレー、センター上部には10.1インチMMIモニター、センター下部には8.6インチタッチパネルが配されてスイッチなどが大幅に少なくなました。これまで以上に WiFi通信 と Audi Connect を使用してオンラインでいろんなことができるようになってきます。

ところで、みなさんは MY Audi に登録してますか??? これから MY Audi に登録することで Audi Connect がアフターサービスの入口になってきますので、スマホとの連動がマストになる時代がすぐそこに来ました。

そして、パワーユニットは 8W S4 にも搭載されている 3.0TFSI ターボ に、48V マイルドハイブリッドが追加された仕様です。もうエンジンパワー単体ではパフォーマンスを表せなくなるので、”55 TFSI”というパワーレンジ表記になってます。おそらく将来的には S/RSモデル以外は、A8がそうなったように 全てハイブリッド または EV になる時代も来るかもしれません。意外と早く・・・。そうなったらモーターをカスタマイズという時代になるんでしょうか???

また、8W S4 は 8速AT なのに、A7 は 7速Sトロニック なのは興味深いところです。

そして、サスペンションは、STDスプリング、エアサスペンションが設定されています。

そして、そして、60km/h以下では逆位相、60km/h以上では同位相になる4WSも新採用されました。それにしても4WSとは懐かしい響きです。HONDA プレリュード、MAZDA カペラ、センティアなどに採用されていましたが、1周まわって復活してきた感があります。制御技術も当時と比べたら月とスッポンでしょうから早く乗ってみたいですし、カスタマイズするのにどんなハードルが待っているのか・・・。

ヘッドライトもドンドン構造が複雑になってきました。また、STD LED、マトリックスLED、マトリックスLED + レーザースポットの3タイプのヘッドライトがあるみたいです。

テールライトはオープンニングで面白い点灯をしますが、フェイスリフト前→後のコンバージョンは難しくなってくる予感です。

数ヶ月後には A6 も同じようなスペックを搭載してデビューする予定ですし、S7/S6もバシバシ最終テスト走行中なので期待したいです。もろちん700psオーバーとの噂もあるRS7は更に期待大です。

 

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

< 作業予約状況 >

2017年10月

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2020年8月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031