2018年1月の投稿一覧

ついつい速度域があがっていました・・・

2018-01-18

ホントに走りに拘る方が多い”8J TTRS”ですから ↓ ハルデックスパフォーマンス ↓ の装着率も異常に高いのも特徴です。

横置きエンジンのアウディにはハルデックス社の4WDシステムが採用されていますが、そのユニットをリアへのトルク配分をアップさせるプログラミングされたパフォーマンスVer と交換します。搭載位置はフロントトランスファーからプロペラシャフトを介した後のリアデフ部分にあります。

リアへのトルク配分が増えると同時にその反応スピードも早め早めとなります。

ッで、リア配分が増えるメリットとしては、パワーを4輪に分散できることが一番です。

例えば、加速中のコーナーリングでは、フロントタイヤが 曲がるための横グリップ と 加速するための縦グリップ の両方を担うことになります。1本のタイヤの仕事量は決まっていますから横と縦のバランスを相談しながら・・・となります。そこで、加速するための縦グリップを少しリアタイヤに振り分けることでフロントタイヤを曲がるためにより多く使うことができ、旋回能力がアップするという理屈になります。

理屈よりも装着したらどうなるの???ッという方が気になりますよね??? 今回装着して頂いてインプレッションを頂きました。ありがとうございます <(_ _)>

 

リアへのトルク配分が大きくなるといっても、街中では走行スタイルを変更する必要があるほどではなく、鋭角コーナーの脱出時や駐車場からの本線合流時に背中を押される感覚から、リアの駆動が増しているんだなと思えるレベルです。ただ、スタビリティは確実に向上している感があるので、運転がとっても楽になります。 本領を発揮するのは、コーナリング中の荷重移動が頻繁になる首都高などの特に途中でRが変更になる高速コーナーなど、フロントのグリップを確認しながら修正舵を当てるシチュエーションです。ハルデックスの導入でフロントタイヤの横グリップに関して、確実にマージンが増していることが実感できます(=ついつい速度域があがっていました・・・)。個人的には、またワインディングの高速コーナーでも以前だったらオーバーペース?と思う速度域であっても、安心して踏んでいけるのにはびっくりしました。正直ここまで気持ちよく踏めるとは思わなかったので、嬉しい誤算です。さっさと導入しておけば良かった!というのが正直な感想です。

 

ッということで、ハルデックス製quattroシステムを搭載している 8P A3系・8J TT系で走りに拘りたいッという方にはオススメのアイテムです。

 

< 作業予約状況 >

2018年1月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

それぞれ楽しんじゃってくださいッ!!!

2018-01-17

昨年末から人気アイテム急上昇中の “アウディ純正カーテシランプ” です。

人気No.1は “Audi Sport”ロゴ ですが・・・

“フォーリングス” & “quattro” ロゴもあります。

スポーツモデルでないアウディの方は “Audi Sport だとちょっとヤリ過ぎかな〜” ということで、コチラをチョイスする方も多いです。

前後のドアでロゴを変えるなんてッて方もいらっしゃいますので、それぞれ楽しんじゃってくださいッ!!!

もちろん、どれも純正クォリティですからLEDロゴもクッキリとした輪郭で、そうでないモノと比べられないほど綺麗です。

加工無しで装着できるアウディ、配線加工だけで装着できるアウディ、配線を新たに引いて装着するアウディ がありますので、ぜひぜひお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

< 作業予約状況 >

2018年1月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

大人しめのスタイルですが・・・イイ感じに

2018-01-14

ただいまキャンペーン中ということもあって、いつも以上に”KW 車高調サスペンション”が売れていますッ!!! ありがとうございます <(_ _)>

ッということで、コチラの “8T A5SB” には “ちょい下げ・乗り心地重視”がコンセプトの“KW ストリートコンフォート”を装着させて頂きました。

リアは希望の車高との兼ね合いにもなりますが、スプリングからの異音対策もして取付をさせて頂くことが多く、今回もアウディ他車種の純正部品を流用して対策をさせて頂きました。

そして、コチラもただいまキャンペーン実施中の低ダストブレーキパッド “AS Sport AS500”も併せて装着です。効きは純正プラスαですが、ブレーキダスト量は約80%ほど軽減できますし、極低速時のカックンブレーキの対策にもなります。

そして、そして、脚元には “AS Sport ASF-04 20inch 鍛造ホイール”&”ADVAN Sport dB” と組み合わせとさせて頂きました。

大人しめのスタイルで・・・ということでしたので、こんな感じにセッティングさせて頂きました。

タイヤサイズをRS5と同サイズの275/30-20とさせて頂いたので、タイヤとフェンダー間のクリアランスを減らしつつ、最低地上高もしっかりと確保しました。

・・・とは言え、マッドブラックで、コンケーブ度の強いホイールも相まって、かなりイイ感じに仕上がりました。ありがとうございました <(_ _)>

 

< 作業予約状況 >

2018年1月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

最大の敵

2018-01-13

“EVENTURI カーボンインテーク” “AS Sport ループエキゾースト” に、”revo Technik ECUステージ1″インストール済みの “8V RS3” です。

定期メンテナンスとして “Moty’s E/Gオイル typeSP” の交換と併せて、“プラズマダイレクト”を装着です。

やはりエンジンチューニングしたら失火は最大の敵ですから強力な点火を得られるイグニッションコイルは必須アイテムです。低回転のトルクと全領域でのアクセルレスポンスも違ってきます。大幅なパフォマンスアップをするアイテムではありませんが、装着した時よりも純正に戻した時には “えーーーッ!! 純正だとこんなにエンジンッてザラザラしたフィーリングだったんだ・・・ “ッと改めて感じる方が多いのも特徴です。

 

< 作業予約状況 >

2018年1月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

スゲーーーッ!!! こんなにビカビカッになるんですか??? などなど・・・

2018-01-12

昨年末にご紹介できなかった作業から・・・。FL前 → FL後 へ乗り換えられたコチラの”4H A8″です。

まずは “iid ロアリングKIT” を前車から移植です。FL前後でCPU側の基準値も違うために、同じ車高にするにもロッド調整がイチから必要です。もちろん、アライメント調整も必須作業です。

そして、ドライブレコーダーの装着です。チョイスさせて頂いたのは フロントに “BREX BCC510”、リアに “BREX BCC520” という組み合わせで、前後の映像を録画可能です。

そして、そして、DRL点灯に“PLUG DRL”、アイドリングストップ停止に“PLUG ISC”、TVキャンセラーに“pb TVキャンセラー”ッとOBD2ポートから設定変更です。

このところ新車オーダー時にディーラー推奨のボディコーティングではなく、”GYEON ボディコーティング”をご指名頂けることが多くなりました。

やはりコストと時間優先のコーティングとは全く違い、コンパウンド → ポリッシュ → プライマー → ベースコーティング3層 → 撥水コーティング2層 という工程の”GYEON ボディコーティング” は艶のある透明のベールにクルマ全体が包まれているような雰囲気になります。

新車から1ヶ月内の施工なので “新車割引”に加えて、ただいま”GYEON ウィンドコーティング”もサービス中です。

施工後の状態を見た方々はみなさん “コレッてFBで載っていたGYEON ボディコーティングでしょ??? こんなにビカビカッになるんですか??? スゲーーーッ!!!” ッという声を多く聞きました。

ちなみに、後ろにちょっと見える”8V S3SB”も近日より”GYEON ボディコーティング”施工となりまして、次には”8X S1″の施工です。年度末にむけて新車の納車が増えるタイミングですので、ご予約はお早めに宜しくお願いします。

 

< 作業予約状況 >

2018年1月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031