予想と常識を覆す “百聞は一座に如かず” 的

2018-02-21

年始の東京オートサロンの”RECARO”ブースは正直異様な風景でした。

巨大なブース内は全て “PRO RACER RMS” と呼ばれるNewコンセプトのフルバケットシートONLYで、そのスタイルがこれまでのフルバケットシートの概念を思っ切り覆すデザインだったから・・・。

だって ↓コレ↓ だけ観たら 宇宙船のコクピット ですよッ!!!

その時点では、見た目のインパクトは超ーーー”大”ですが、座った感じもスパルタンなんだろうなぁ・・・と確信していました。

・・・が、完全にその予測と常識がイイ意味で覆されました。

昨日、RECAROさんから富士スピードウェイでの体感試乗にご招待頂き、当日は Audi/VW 唯一のショップ枠としてデモカー “8J TTS” に装着して初乗りです。

“オートクレーブ・カーボンファイバー” or “グラスファイバー” の骨格剥き出し状態に、身体を支える部分だけに高反発性能を誇る “ISFパッド” が貼付されているだけですが、思った以上に “包まれている感” があるというのが第一印象です。

また、RECAROシートはポジションが若干高めで、背面の角度が起きているというのが定説でしたが、このシートはかなり低く、角度も寝ているのも特徴です。ただ、これまでの起きているポジションが好みという方には、RMS専用サイドアダプターの取付穴位置を変更することでかなり幅広いポジションに対応可能です。

そして、例えて言うならば テンピュール枕 のような “ISFパッド” は、硬くもなく、柔らかくもなく、なんとも不思議かつ絶妙な座り心地なんです。

サーキットを走ってみた印象ですが、これまでのフルバケットシートが腰骨で支えていた印象があるのに対して、“PRO RACER RMS” はそれに加えて肋骨で支えられている印象で、全く上半身がブレないのでステアリング操作の正確さが大幅にアップ!!! ステアリングを軽く握ってもタイヤからのインフォメーションも正確に伝わってくる感覚にはビックリしました。

また、今回は体感試乗ということで80%ほどのペースでの走行でしたので それほど体感することはできませんでしたが、 シート剛性の高さから開発段階のデーターではブレーキ踏力も120〜150%もアップしたとのことですから安定したブレーキングも期待できそうです。

コレは間違いなく、既存のフルバケットシートと交換してもタイムアップに直結するシートと断言できます。

だからと言って窮屈な感覚は皆無なところがRECAROの凄いところですし、逆に長距離を乗っても疲労度もかなり低いのも医学的観点も開発に反映されているRECAROイズムです。

いゃーーー!! シートでこんなに感動したのは初めてです。

普段は “RECARO RS-G / TS-G” を装着しているデモカー”8J TTS”ですが、“PRO RACER RMS” から戻してみると2度目のビックリです。”RS-G / TS-G”も他とは比べものにならないほど良いシートには変わりませんが、“PRO RACER RMS”と比べると ちょこッ と座っている感を感じてしまいます。

初めてのフルバケットシートという方はもちろんですが、定番アイテム “RS-G / TS-G” からの換装も全然アリだと思います。

この感覚は試座して頂かないと伝わらないというか、”百聞は一見に如かず”ならぬ”百聞は一座に如かず” ですから、できるだけ早く試座できるシートをご用意する予定です。

ちなみに、”オートクレーブ・カーボンファイバー”仕様は、月産MAX8脚らしく現在10ヶ月待ちだそうです・・・驚

 

< 作業予約状況 >

2018年2月

3月

※ PITの空き状況とは別に、”revo technik” インストール可能日を “revo”マークで表記しました。事前にご予約が必要ですので、どうぞ宜しくお願いします。

※ 作業は予約制です。 

赤・・・ごめんなさい。ご予約でいっぱいです。

緑・・・ごめんなさい。Audi Sport customer racing サポートのため ご予約頂いている作業 および お預かりのおクルマの “預かり””受け渡し” のみ可能です。

黄・・・作業内容によっては、まだまだ作業可能です。

青・・・ピットに余裕があります。ぜひぜひ宜しくお願いします。

クライスファイブ湘南

車種別 カテゴリー

サイト内検索

カレンダー

2020年8月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031